※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ローゼン家の人々

episode-01水銀燈~suiginto~


僕は桜田ジュン、15歳で高校1年生。
由緒ある桜田家の跡取りらしいのだがいまいち実感がわかない。
そしてここはローゼン邸。桜田家と友好の深いローゼン家が日本に建てた屋敷らしいが詳しいことは知らない。
今は三月某日、日曜日だ。ゆっくりと羽を伸ばしたい。しかしそれを破る黒い天使の声がした
「ジュン~、起きてるぅ?」
そういいながらずかずか入ってくる。僕は眠たいのに邪魔されるだなんてやってられないよ。僕は銀姉ちゃんにありったけのいやみを言う。
「今寝てるのを邪魔されたよ。さすがはドミニオンだ…」
「何よぅそれぇ?」
「いや…何でも」
「変なのぉ…」
ちなみにドミニオンはガンダムSEEDに登場する黒い戦艦で「主天使」という意味だ。…黒い天使、シャレがきいてるでしょ。
さてここで彼女…水銀燈を説明しよう。
17歳でスタイルが恐ろしくいい。とてもイタズラ、と言うよりセクハラばかりするじつに大人気ない人だ。

さて本編に戻ろう。
「で、今日は何?」
「別にぃ、ただイタズラに来ただけよぅ」
そんなんで起こさないでくれよ…心の中でそう思いつつ再び寝ようとする。
と姉ちゃんはベッドに入ってくる。ちなみに世界に名高いローゼン家の屋敷のベッドであるのでダブルベッドのサイズである。
「わわ、何?何で入ってくるの姉ちゃん!?」
「だってまだ肌寒いでしょう」
いやそんなベッドにさっきまで寝てたのですが?
まったく…困ったものだ。

そんな姉ちゃんも明日は誕生日、この日のためにプレゼントを用意してある。
そして当日、プレゼントの指輪を姉ちゃんに渡す。
そのとき姉ちゃんがにやりと笑った気がした。このセリフを聞いた瞬間実際に笑っていたことを悟った。
「あらぁ、ジュン婚約指輪ねぇ」
反射的に姉妹が僕をにらむ。
「いや…そん…」
「恥ずかしがっちゃってぇ」
刺さる目線が貫く目線へと変わった。
「さぁ、私の部屋に行きましょぉ、ほかの姉妹はほっといてぇ」
引きずられる僕、とっさに口パクで(助けて誤解だ…)と言う。
ここで翠姉ちゃんと蒼姉ちゃんが気づいてくれる。
「水銀燈、それはただの誕生日プレゼントだろうがですぅ!」
「そうだよジュン君も困ってるよ!」
しかし姉ちゃんはこう切り返す。
「あらぁ負け惜しみぃ?」
もうお終いだ…さよなら僕の貞操…姉妹の辛そうな目線が…と思ったら姉ちゃんが意外なことを言った。
「まぁ今日はぁこのくらいにしとこうかなぁ。」
「えっ…」
一同は姉ちゃんに目を向ける。
「せっかくの誕生日だしねぇ。あんまりいざこざは嫌だわぁって思ってねぇ。あっでもジュン、婚約指輪はいつでもいいわよぅ」
いや、きっとこないとは思うけど、まあ助かってよかった。
そう思う今日であった。
      fin.

|