※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジ「芝崎家の家系図を作ってみたんだ」
蒼「家系図?」


◎柴崎家系図

                 妻┐┌翠星石
                  ├┤
元治┐  ┌翠蒼の父(紫色)┘└蒼星石
   ├─┤
マツ┘  └カズキ


蒼「僕のお父様は紫色じゃないよ」
ジ「…………」

蒼「紫色じゃないよぅ……」






『蒼の願い』
蒼「(あぁ…このスカート可愛いなぁ…でも、ボクなんかが着たらきっと似合わないんだろうな…グチグチ)」
ジ「その願い、僕が叶えよう」
蒼「ジ、ジュン君!聞こえてたの?」
ジ「いや、聞こえずともわかるのだ。三日あれば作ってみせよう」
蒼「あぅ…ボクには似合わないと思うけど。でも普段着ないし…ジュン君が作ってくれるなら(////)」
ジ「お前なら似合うだろう」
蒼「えっ!そ、そんな事ないよ…(////)」


三日後なのだわ
ジ「待たせたな。ほら。渾身の一作だ」
蒼「うん!ありがとうジュン…く、ん……うぅ、グスッ、うぅぅぅぅー!」
ジ「走り去るほど嬉しいとは。それこそ冥利に尽きるというものだ」
翠「おめー脳が溶けちまってんじゃねーですか!?どこをどう勘違いしたらふんどしなんて贈れるんです!!」
ジ「普段着ないと言うし、似合うと思って」
翠「この糞チビ人間!今日という今日は許さんですぅ!」
ジ「お前も見たくないのか?蒼星石のふんどし姿」
翠「あ………ですぅ(///)」






蒼「はぁ…ジュン君…なんで…」
蒼星石は一人部屋で呟く…
蒼「…君が春にはこの街から出ていくなんて…」
今日行われた進路調査…そこで蒼星石は春からジュンが遠い街の専門学校に進学したいことを知ってしまった…
蒼「…伝えなきゃ…彼が遠くへ行ってしまう前に…」
蒼星石は起き上がり机に向かい筆を取った…
最初からこうなることが決まってたみたいに
違うテンポで刻む鼓動を互いが聞いてる
蒼「『僕は貴方のことが…』…あ~、違う!!こんなことじゃなくて…」
どんな言葉を選んでもどこか嘘っぽいんだ
左脳に書いた手紙ぐちゃぐちゃに丸めて捨てる
蒼「あ~、やめた!!ちょっと休憩…」
蒼星石は再び布団に倒れ込み天井を仰いだ…
蒼(…いつからだろう?ジュン君のことが好きになったのは…)
蒼星石は自分の記憶をたぐる…そこは仲間と過ごした大切な時間…その中で一際輝く男性の姿…気付けば好きになっていた人…その表情全てが愛しくて…思い出して苦しくなる
蒼「…ジュン君…やっぱり僕…君が好きだ…」
心の声は君に届くのかな?
沈黙の歌に乗って…

そして月日は流れ…
ジ「じゃ、行ってくるよ、姉ちゃん。」
の「ううぅ~…ジュンくうぅ~ん…ぐすっ…」
ジ「…泣くなって、暇ができたら帰ってくるから…んじゃな。」
住み慣れた街を離れ遠い街へ行くための駅へ向かうジュン…その前に
ジ「…蒼星石?」
蒼「やぁ…ジュン君。少し時間いいかな?話したいことがあるんだ。」
ジ「お…おぅ。何だよ?」
蒼「僕は…」
…伝えるんだ…僕の言葉で…
蒼「僕は…君が好きだ…これまでも、きっとこれからも…」
Darling Darling
色んな角度から君を見てきた
そのどれもが素晴らしくて 僕は愛を思い知るんだ
ジ「!!…本気なのか?…でも僕は…」
蒼「ジュン君…」ギュッ
ジ「そ…蒼星石!?」
蒼「…君にこんな嘘いうわけないでしょ?…僕の心臓感じない?…ジュン君だけだよ…僕がこんなドキドキする人…」
泣いたり 笑ったり不安定な想いだけど…
それが君と僕のしるし…
蒼「それに…ジュン君がどこに行ったって…どうせ好きでい続けてちゃうよ…」
ジ「…ありがと…蒼星石の気持ち、確かに受け取ったから…」
ジュンはその細い体を抱きしめ返した…
続く


ジ「まいったな…こんなことされちゃ、蒼星石以外の娘は目に入らなくなりそうだ…」
蒼「…本当?」
ジ「僕がこんな嘘、お前に言うわけないだろ?」
蒼「…くす、それさっきの僕みたい…」
ジ「もしかして僕らは似てるのかもな?それとも…似てきたのかな?」
蒼「多分…両方。…ねぇ、ジュン君?」
ジ「何だ…ん…」
ふいにジュンの唇に柔らかい感触が触れる…それが蒼星石の唇だということはすぐわかった
蒼「ふふ…僕の初めてだよ?///」
ジ「な…あ…///」
蒼「また…会えるよね?」
ジ「あ…ああ、当然だ。こんな彼女…心配でひとりにできるかよ…」
2人の本当の春は近い…

Darling Darling
色んな角度から君を見てきた
共に生きれない日が来たってどうせ愛してしまうと思うんだ
Darling Darling…Oh My darling
狂おしく鮮明に僕の記憶を埋め尽くす
Darling Darling…
BGM:Mr.Children しるし





翠星石「それであのヤローは保守しやがったんですよ?」
蒼星石「それでも姉さん嬉しかったんでしょう?」
翠星石「っう……そ、それは嬉しく無いと言えばアイツが可哀想だから。
こ、ここは嬉しかったといいか……うう~」
蒼星石「…ふふふ」
姉さんはいつもジュン君の話をしている時は幸せな顔をしている。
そりゃよく思い出して怒ったりしているけど、それでも幸せ怒りだ。
そんな姉さんを見ていれと僕もとても嬉しくなる。
やっぱり姉さんは幸せそうな時が一番輝いて見える。
だから姉さんにはずっとこんな顔をしていて欲しいと僕は思う。
ただね姉さん。
ジュン君は僕と付き合っているんだ。


 

蒼「大変な事に気づいた!」
J「なんだ?」
蒼「もしローゼンメイデンが普通の女の子だったら

生まれる→入園→卒園→入学→卒業→入学→卒業→入学→破瓜→卒業→入学→卒業→就職→結婚→埋葬

だよね?」
J「禁則事項です♪」
蒼「あ、だよね」

J「禁則事項ですってやって欲しいな」
蒼「ごめん、JUM君。出来ない・・・」
J「どうして?」
蒼「禁則事項です♪」
J「可愛いなぁ。大好きだぁ(ぎゅう~っ)」
蒼「僕も~(ぎゅう~っ)」


真「あの暑苦しい奴らぶっ殺してやるのだわ」
雛「貧乳脳天気紅茶馬鹿は家に帰ってくんくんにでも話しかけてろバーカなの~♪」









蒼星石「アンタは僕の糧となれ…アンタは僕の贄となれ…僕に食われろォ!翠星石!!」
翠星石「死人は永遠に寝ているべきだったんです。オマエは私の悪夢です、夢は覚めなくてはいけない…。」










ジュン「なあ蒼星石とガタックて似てなくないか?武器とか色とか」
蒼星石「ふふふ面白い事を言うんだねジュンでもそうかもね」
ジュン「だろ?じゃあきゃストオフしないか?」
蒼星石「「また」かい?
ふふふふ、良いよだけどたまにはジュンが僕をキャストオフさせて」







―風の空を目指して。

「ねえ。ジュン君。」
時計は丑三つを指す。この時間まで起きていた理由は。
「ん?。なんだよ。」
「もし…ifの話だけどさ。ボクが死んだら、泣いてくれる?」
蒼星石は入院を控えその準備を終わらせている。
病院で会えるとはいえ、暫く離れることになるのは間違いなく一秒でも長く居たいというそれぞれの想いがあった。
「血も涙もないつもりはないぞ。」
ジュンは苦笑し、返す。蒼星石の顔には微笑があった。

―そしてそれから数時間、夜が明ける。







教室
ジュン「痛てて…」
蒼星石「ジュン君その右手はどうしたんだい?」
隣に座る蒼星石は表情を変えずに聞いてくる。
ジュン「さっきの昼休みに、肘をぶつけたんだよ」
蒼星石「そう……ならもう片方も痛めてみては?その方が美しいよ?」
真顔で言ってくるから、ちょっと怖い。
ジュン「いや遠慮する」
「うっはwwww怖えぇwwww」(ヒソヒソ)
「しかしあれと付き合ってんだからジュンはマジ真性のMだなwwww」(ヒソヒソ)
本人達は小声で喋っているつもりなのだろうが普通に聞こえている、不快だ。


蒼星石宅
ジュン「おじゃしまーす」ベットに鞄を放り投げる。
直ぐに蒼星石が痛めた肘の部分を撫でてきた。

蒼星石「さっきはごめんねジュンくん……ボク、皆の前になると恥ずかしくって……ごめんね」
ジュン「わかってるよ」
そう言って蒼星石を抱き締めてやる。
蒼星石「うん」
自分から抱き締めておいてなんだが、上目づかいで顔を赤らめるしぐさは反則だと思った。

ずーと抱き締めていようかなと思っていると、肘に鈍い痛みが走った。
「…やっぱりまだ痛むな」
「え!?大丈夫!病院行こうか?!」
慌てて僕の肘と顔を見比べる蒼星石。
「大袈裟だな蒼星石は」
「だってジュンくんに何かがあったらボク、ぼく……」
まるで核で人類が亡び、皮ジャン着たモヒカンの悪党がのさばる的な世界の終りが来たような表情だ。
「大丈夫だって三日も経てば元通りななるさ」
一途に頑固なコイツの事だ。
口で言っても引き下がらないだろうと考慮し、さら強攻手段を使う。
蒼星石の頭に、痛めた方の手の平をそっとのせる、そして
ナデナデ

「うーずるいよジュンくんそこ弱いのにー」

目を細めてその行為を受ける様は猫を連想させる。
「大丈夫だって、こうして蒼星石の頭撫でるのだって支障が無いんだから。な?」
表情を見る限り、心此処にあらず。
「わかった」
コクンと頷く蒼星石、作戦大成功問題解決。


この体勢で撫で続けるのは、ちょっとつらいのでベットに腰かけた。
蒼星石は膝の上に座った。
「ジュンくん分補給~」
すっかりとろけモードになってきた。
もちろん今だ現在撫でまくり。

しばらく撫で続けて、流石に暇になってきた。
「なんかする?」
とりあえず聞いてみる。
「じゃあダッコして、もっとナデナデして~」




終れ

I'm so happy

「蒼星石…僕さ、今日夢を見たんだ。」
「ふーん…どんな夢だったの?」
「君と僕が手を繋いでとても幸せそうに公園を歩いてるんだ。ベンチに座った二人はどちらからとでもなくキスを…」
「……//(ドキドキ)」
「しようとしたら目が覚めちゃった…」
「あらら…それは残念だったね…でも…嬉しいな//」
「ん?どうして?」
「だって…夢の中でも大好きなジュン君に会えたんだもん…//」
そう言って恥ずかしそうにうつむく君。
あぁっ、そんなに顔を真っ赤にして…可愛いなぁ…

ぎゅっ

「ふぇっ!?ジュ、ジュン君っ!?//」
「蒼星石…大好きだよ…ちゅっ」
「んっ…もうっ//うん…僕も…大好き//」

君を抱き寄せて夢の続きを見よう。つないだ手がやけに嬉しくて思わず笑みがこぼれる。
照れて笑う君のふとした仕草がただ綺麗に見えて、僕たちは何度もキスをした…

 


 

蒼星石「みんな殺そう、姉さま」
翠星石「そうね、みんな殺しましょう兄さま」
蒼星石「・・・ねえ姉さま」
翠星石「何、兄さま?」
蒼星石「ちょっと言いたいことがあるんだ」
翠星石「言ってみて」
蒼星石「うん、あのね姉さま・・・・・・・・・・・・・・・・





     僕は兄でもなけりゃあ男でもねぇんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!」ブンブン(鋏振り回し)

翠星石「ひぃぃぃぃ!お、落ち着くです蒼星石ぃ!これはあくまでネタですぅ!そこんとこわかってないんですかぁぁぁ!!!」
蒼星石「どうせ皆ネタの双子の片割れも刃物(斧)持ってるし似てるっていいたいんだろぉぉぉぉぉぉ!!!!!」
翠星石「そそそそそそんなこと誰もいってないですぅ!!いいからちょっと落ち着いt

ザックリ

|