※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とある雨降りの午後の日より。
「紅茶でも飲まない?」
真紅がその部屋にいたジュン・蒼星石・翠星石へと尋ねる。
「いいね。」
最初に返事をした蒼の子にのっかるように残りの二人も返事をした。

「そういえば。」
真紅が紅茶を入れている間、蒼星石が何かを思い出したかのように鞄から何かを取り出す。
「食べる?」
そういって取り出したのはキャンディの袋。
「食べるですぅ。」「もらうよ。」
それから少し、真紅が戻ってくるまで会話も無く、外から聞こえる雨の音が静かに部屋へと響く

「お待ちどうさま。」
紅茶を5つ乗せ部屋の奥から出てくる真紅。
はて?とジュンは尋ねた。
「なんで5つなんだ?」

「あの子、帰ってきたでしょう?」
あの子、というのは
「あら皆そろってるじゃない。二人ほど欠けてるようだけどぉ。」
「やあ水銀燈」
まぁ水銀燈なわけだが…。
「貴女も紅茶、どう?」
「もらうわよ。」
即刻うなずくと、蒼星石の隣へと腰かけた。
「ところで何食べてるの?」
先ほどからキャンディを舐めている蒼星石へ向かって尋ねた。
袋を軽く揺らしながら答える。
「これ。」
「ふーん。…ねえ、私にも頂戴。」
その時まではその言葉の意味を誰も気にしなかった。
蒼星石は水銀燈の意味をちゃんと把握している上
残りの3人は普通に袋から飴を取り出すものだと思っていたからだった。


チュ。

…口付けに飴玉を口移し。一瞬部屋の空気が凍った。
「ふふ。ありがとう。」
「気にしないで。」
最も二人のところは普通なわけだが、翠星石は顔を真っ赤にし、ジュンはそれを見て見ぬふりをした。
真紅にいたっては
「な、何をしてるのよ!」
とかなりご乱心。
「あーら?貴女もしてほしいのぉ?」
茶目っ気たっぷりの発言にも
「そんなわけないでしょう!」
と返す。
「私にとっては普通だしぃ…蒼星石もこうすることをわかってたんでしょう?」
「え?・・・うん。まぁね。」
「ならいいじゃない。」
そこから真紅が落ち着くまではかなりの時間を要したという。

・・・その様子を見ながらジュンがぽつりとつぶやいた。
「この二人は似合うなぁ。」
その声を聞き取ったものは誰もいない。

雨降りの午後には多少似合わない光景。
たまにはこんなことがあってもいいだろう。たまには・・ね。

 

 


 


「……はぁ………」

これで何度目の溜め息だろうか。
ここのところ、溜め息が多くなった様な気がする。
――恐らく、彼女の事だろう。
理由は分かっている。
だが決して、彼女が悪い訳ではない。
自分が彼女の事を、一方的に思っているだけで。
――同じ性別、云わば同性愛なのだけれど。

「……私はぁ…変態、なのかしらねぇ?」

呟きは、いつの間にか降っていた雨音に、書き消された。
自分は、雨を遮る術を持っていない。
段々と強くなっていく雨に、ただ打たれていた。
だが、突然雨に打たれる感覚が無くなった。

「何やってるの?水銀燈」
「……蒼星石…?」 

後ろを振り向くと、先程まで自分が呟いていた彼女が、立っていた。
持っていた傘で、雨を遮ってくれたらしい。

「風邪、ひいちゃうよ?」
「……別に、ひいたって良いわよぉ…。死ぬわけじゃ無いんだしぃ……」
「よ、良くないよ!それに、風邪は万病の元って言うよ……?」

確かに、そんな言葉を聞いた事がある様な、無い様な。
まぁ、ちょっとだけれど、寒気がする様な気がする。

「……――っくしゅん…!」
「――ほら、早く帰ろう?家まで送っていくから……ね?」
「……はいはい……」

くしゃみして良かった、と、思ったのは…内緒よぉ?

 

 


 


銀「蒼星石ぃ…これ食べてみなさぁい」
蒼「…チョコ?君が作ったのかい?」
銀「バレンタインも近いでしょう?試しに作ってみたのぉ」
蒼「…僕は毒味?」
銀「味見って言いなさぁい」
蒼「…うん、食べれなくはないかな…」
銀「…言っとくけど義理だからねっ」
蒼「なぜ照れる?ってゆーか義理…?」
銀「今度は当日よぉ!覚悟してなさぁい!」
蒼「…え?」

銀様は蒼い子に恋したようです

「完」

 

 


 


「あら、貴方にしては、随分珍しい所にいるじゃなぁい?」

昼休み。
学園内には、何本か木々が立っている。
そんな木々の一本に、少し意外な人物がいた。

「水銀燈……、私が木の上にいてはいけないかしら?」

木の上にいたのは、真紅。
あまり、木に登るイメージは無い方であろう。

「別にぃ。ていうか、登れたのぉ?」
「……私が運動音痴とでも言いたいのかしら?」
「当たり前じゃなぁい」
「なっ…何ですって…!?」

否定はおろか、一秒も悩むそぶりさえ見せない水銀燈に、激怒した真紅は、木から身を乗り出した。

「真紅ぅ!そんなに乗り出したらぁ……!」

バキッと嫌な音が響き、そして、真紅は木の上から、落ちてしまった。 


「……痛っ……く……無い…?」

何故か体は痛く無かった。
その代わり、前歯がズキズキと痛かった。
しかし、固いモノに当たったと同時に、柔らかい感触の記憶が唇にあった様な。
不思議に思った真紅が、瞼を開く。

「………!?!?」
「……いったぁ~~い……」

水銀燈の顔があった。
真紅は、水銀燈の上に落ちてしまったのだ。
慌てて、水銀燈から降りる。
そして思考を巡らせる。

「(前歯が痛い……唇に柔らかいモノ………まさか……私、水銀燈とキスした…!?)」

真紅の頭は真っ白になり、顔は紅く染まり、意識はブラックアウトした。

「真紅ぅ?ちょっとぉ、真紅ったらぁ!」

真紅が正気を取り戻したのは、放課後だった。 


おまけ

「真紅が木から落ちて気絶したぁ?大丈夫なんですか?」
「さぁ?突然真っ赤になって気絶したのよぉ」
「って、水銀燈はさっきから何で唇抑えてるのです?」
「なんか前歯が痛いのよぉ。何時ぶつけたのかしらぁ?」
「………(ひょっとして、真紅のヤツと……。案外水銀燈も天然なんですかねぇ…?)」

 

 


 


クリスマス

銀「蒼星石ぃプレゼントあげるわぁ」
蒼「君が僕に…?」
銀「つけてあげるわぁ…」
蒼「つけるって…?ちょっ、何…これ?」
銀「首輪よぉ。似合ってるじゃない」
蒼「く、首輪!?うっ…外れない」
銀「やっぱりペットにするならツンデレよりボーイッシュよねぇ」
蒼「ペットって…いい加減にしないと怒るよ」
銀「首輪をつけられた写真をばらまかれるか今日1日私の犬になるかどっちがいい?」
蒼「うっ…」
銀「いい子ねぇ…クスクス」

蒼「外してくれ…僕は午後から翠星石と用事が…」
銀「なら翠星石も呼びましょうよぉ」
蒼「…っ」
銀「用事なんて嘘、なんでしょう?」
蒼「…」
銀「主人をそんな目で睨んじゃダメよぉ?お仕置きが必要ねぇ…これをつけなさぁい」
蒼「…犬…耳?…嫌だ」
銀「じゃあ両手足縛って強制四つん這いのほうがいいかしらぁ」
蒼「…つ、つければいいんだろ!ほら!」
銀「可愛いじゃなぁい…クスクス」

銀「もう夕暮れねぇ…慣れたでしょう?割と様になってるじゃない」
蒼「…」
銀「まだそんな顔をするのぉ?わざわざ室内だけで遊んであげようと思ってたのにぃ…外出したい?街はクリスマスムードで人も多いでしょうねぇ」
蒼「や…だ…」
銀「そんな中に鎖で繋がれた首輪をはめた犬耳っ子が歩いてると思うと…」
蒼「絶対やだ!」
銀「なら今からされる事に抵抗しない事ねぇ」
蒼「何を…?あっ!服に手を入れちゃ…」
銀「あなたを独り占めするのが私にとってクリスマスプレゼント…そしてあなたには私の愛をあげるわぁ」
蒼「や、やめっ!水銀と…んっ…んー!」
銀「merry Christmas…クスクス」 

蒼「…はぁ…はぁ…はぁ…」
銀「もう限界ぃ?スタミナないわねぇ…」
蒼「もう…やだ…離し…て」
銀「そんな顔で言われたらもっと苛めたくなっちゃうじゃない」
蒼「うぅ…」
銀「そうねぇ時間も時間だしそろそろ離してあげようかしらぁ」
蒼「!」
銀「ただし私を満足させられたらねぇ」
蒼「そ、そんな事…できるわけがない!」
銀「しなくてもいいけど実はこのあと真紅達を呼んでパーティーの予定なのよぉ…何を意味するかわかるわよねぇ?」
蒼「なっ…まさか…」
銀「あと40分ってとこかしらぁ…しなくてもいいけどその姿のままよぉ」
蒼「やだっ!」
銀「じゃあわかってるわよねぇ…いい子ねぇ…んっ」

銀(あなたは私のものよ…誰も呼ぶわけないじゃない…クスクス)

 

 


 


便乗


「ふわぁ……あらぁ、いつの間に寝ちゃってたのねぇ。………蒼星石も…、まだ寝てるのねぇ」
「………くー……くー……」
「幸せそうな寝顔…、では無いわねぇ。涙の跡あるし……」
「……す、い…せ…せき……」
「………一晩じゃ、やっぱ無理かぁ……。体は私のモノでも、心は違うもんねぇ……」

「………これからぁ…しつけていけば良いっかぁ………フフ……アハハハ…!」



あ、あれ……?
なんかすいません……orz

 

 


 


便乗

「…ん……ふわぁ………」
「あらぁ、お目覚めのようねぇ。よく眠れたかしら?」
「………えぇ、そりゃもう。おかげさまで。」
「もう、そんな目で睨まないでよぉ。そんな目をされたら……また苛めたくなるじゃなぁい」
「なっ!!『今日1日』って昨日言ったじゃないか!!」
「あらぁ、そんなこと言ったかしらぁ」
「とにかくこの首輪を外し…ん……んんっ……」
「(さぁて、どうやってしつけていこうかしらぁ………うふふっ……ふふふふっ…)」






すまん悪ノリしたorz

 

 


 


蒼「んっ……ん…っぐ…、くるし…っあ………やめ」
銀「黙りなさい。まったく、躾のなって無いわねぇ」
蒼「なにいって…っいあっ!!」
銀「黙りなさいって言ったでしょう?あらぁ…それとも、痛いのがお好みなのかしらぁ?」
蒼「…あぐっ、…そんなっ……わけ……」
銀「ふふっ……そうかしらぁ…」
蒼「……いった………ひっ!!…なによ……それ……」
銀「ふふふっ…とぉっても、素敵なものよぉ」

 

 


 


とりあえず便乗して締めさせてもらう

蒼「昨日だけだって…うっ…」
銀「クスクス…抵抗できるんならしてごらんなさ…」

ピンポーン

蒼「!!」
銀「あらぁ…誰か来ちゃったわねぇ」
紅「水銀燈ーー!いたら返事しなさーい!」
銀「この声は真紅ねぇ…」
紅「いないの?入るわよー!!」
銀「どうするぅ?見つかっちゃうわよぉ?」
蒼「やだっ!絶対やだっ!」
銀「仕方ないわねぇ…」
紅「いるじゃない…蒼星石まで…」
銀「昨日は二人で飲みまくってねぇ…気付いたら朝だったのよぉ」
紅「だらしないのだわ…って蒼星石…」
蒼「え?な、何?」
紅「犬耳…」
蒼「あぁっ!いや…これは…その」

銀(クスクス…またゆっくりと時間のある時に…ね)

|