※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金「来週からアルバイトを始めることにしたかしら。」
J「へー、何のバイトだ?」
金「ミスタードーナツで売り子さんをするかしら。」
J「無事に務まるか心配だな。」
金「大丈夫、注文聞いて売るだけだから問題ないかしら。」
J「で、何でバイトする気に?」
金「このところのみっちゃんの金遣いの荒さが気になって…。」
J「あのひと金糸雀の服買うのに命かけてるからな。」
金「カナのせいでもあるから何かプレゼントしてあげたいかしら。」
J「プレゼントか、じゃあ短期か?。」
金「ううん、JUMとの時間もあるし今回は悠長に構えていくかしら。」
J「そうか、ありがと。草笛さん金糸雀がバイトするって知ったら大変だろうな。」
金「そ、そうね。みっちゃんには内緒にして欲しいかしら。絶対バイト先に居座るから。」
J「『制服姿のカナもサイコ―!』とかなりそう…ってどうした?」
金「もう、早く突っ込んでくれないと終われないかしら。」
J「いい流れだったからスルーしたんだけどな。会話続けたかったし。」
金「JUMー!」









金「今日も卵焼き美味しいかしら~♪」
「ガーガー」
金「やぁ~、またカラスかしら~!!もぅ、今日こそ絶対守り抜くかしら~!」「ガーガー…!!ガ…ガーガーガー!!」バササァ…
金「あ…あら?逃げてったかしら…そ、そうね、きっとカナの強さがようやくわかったかしらね~。うんうん…」
バササァ…
「へ?」
??「ルァオオオオオオォォ~」

雪「おかしいですわ…どこに行ってしまったんでしょう?」
ジ「飼ってる鳥に逃げられるなんて雪華綺晶もうっかりしてたな…で、何が逃げたんだ?インコか文鳥か?」
雪「いえ、先日大熊山で捕獲されたバードンという珍しい鳥ですわ。今は雛鳥ですが2mはありますの…」
ジ「へぇ…随分でかい鳥だな。…ん、あれは…」
雪「これは…確か金糸雀さんのお弁当箱…なんでこんなところに?」
ジ「金糸雀は…見当たらないけど…」

その頃
金「うええぇぇ~ん!!みっちゃん~、助けてかしるぁぁ~!!」
バードン「ルァオオオオオオォ!!」
金糸雀は上空100m付近を飛んでいた








金「ん?ジュンの部屋から歌声が聞こえるかしら。」
ジ「♪彼女はカナリア、一目に触れたがらない…」
金「え?これってまさかカナに宛てた歌かしら!?」
ジ「♪聴かせてくれたことはまだないが綺麗な虹色の声で歌うよ…」
金「きゃ~///照れちゃうかしら。ジュンが聴きたいならカナはいつでも歌っちゃうのに…」
ジ「♪誰ともsexしなくても子供だって身ごもれる…」
金「え…!?ちょっ…」
ジ「♪全裸でいるのは宗教上の理由だ…」
金「な…何言ってるかしら…?」
ジ「♪お気付きですか?貴女もモンスター…」
ガラッ
金「ちょっと!!何て歌歌ってるかしら!?」
ジ「あぁ、金糸雀か…」
金「あぁ、金糸雀か…じゃないかしら!カナは別に人見知りでも露出狂でも変な信者でもないかしら!!…それに…ちゃんと子供だって……兎に角変な誤解は止めるかしら!!」
ジ「…あぁ…今の曲か…ミスチルのMonsterって曲なんだけど…」
金「…へ?…………ま…紛らわしい曲歌うんじゃないかしら~!!」ベシィ!
ジ「たわばっ!!」







薔「……毎度お馴染み。流浪の番組『薔薇しぃ倶楽部です。」
金「……。」
薔「ゲストは何時ものお凸でお送りします。」
薔「因みにオープニングでお尻振ってるのはホモ、M字、廊下の三人です。」

金「……薔薇水晶。」
薔「ん?」
金「色々聞きたい事は有るけどとりあえず一つだけ聞くかしら。」
薔「……何?」
金「何がしたいかしら?」
薔「……さあ?」
金「……。」
薔「……。」







J「かーなりあー。何してんだー?」
金「あらジュン。見て分かんないかしらー?」
J「全く。」
金「ふふっ。良いわ。ジュンだけに教えてあげる。」
J「それは光栄です。」
金「カナはついに見つけたかしらー!真紅たちを追い詰める術を!!」
J「まぁ結果は分かるけど……」
金「その名も「くんくん探偵作戦」かしら!カナがくんくん探偵になって真紅たちに罵詈雑言を浴びせるかしら!!」
J「辞めた方が良いんじゃないか?」
金「ジュン!何を言ってるかしら!カナは早速行って来るかしら!!」
J「どうなっても知らないぞ。」

金「2秒でバレたかしら……」
J「そうだろうと思ったよ。」
金「カナはもう燃え尽きたかしら……」
J「元気出せって。失敗は成功の母じゃないか。」
金「そんな慰め要らないかしらー……」
J「じゃあおまじないしてやる。」
金「おまじない?」
J「うん。じっとしてろよ。」
ちゅ。
金「かしらー!!(///)」
J「どう?効いた?」
金「ま、まだ分かんないかしら……」
J「うーん……じゃあもっかいしようか?」
金「うん!(///)」
ちゅ。

終わり







金「わ~い!!動物さんがいっぱいかしら~。」
み「カナ~、あんまりはしゃぐと転んじゃうわよ~。(でも動物と戯れるカナも可愛い~!!)」
金糸雀とみっちゃんは休日を利用して動物園に来ていた
ペロペロ
金「きゃはっ、くすぐったいかしら~。動物さんのお舌がまさちゅーせっつかしら~。」
み「あらあら、カナは動物に好かれるわね。…あれ?この動物って何て名前だっけ?」
金「みっちゃん、この子は『マラ』かしら。」
み「!?マ…マラぁ!?(///)」
金「はふぅ…マラのペロペロは気持ちいいかしら~。」
み「あの…カナ?確かその子は『ラマ』じゃないかなぁ…?」
金「へ?」
み「…じゃないと今のカナの発言…すごく卑猥な響きがするわよ?」
金「!!(///)」
み「でもそんなカナも可愛いいぃぃぃ~!!!」
金「きぃやああぁぁ~!!今度はみっちゃんの舌がまさちゅーせっちゅかしら~!!」










ジュンは帰りの電車で一人の女の子を見かける
ジ「ん?あれは金糸雀?」
ジュンの見た先には満員電車の中、大勢の人に押しつぶされる金糸雀の姿が・・・
金「か、かしらー!」
ジ「まったく・・・」
ジュンは人ごみを掻き分けて金糸雀の所までたどり着く
ジ「大丈夫か?」
金「あ、ジ、ジュンかしら!助けてかしら!?」
ジ「しょうがないな」
そういってジュンは金糸雀を自分の方へ引き寄せる
金「ジュン!?」
ジ「しっかりつかまってろ」
そう言いながらジュンは金糸雀をしっかりと抱き寄せる
金(あ、ジュンの匂いがするかしら。『災い転じて福となす』かしら♪)
ジ「おい、金糸雀駅に着いたぞ。金糸雀?」
金「すぅーすぅー」
ジ「寝てるのか?しょうがないな」
金糸雀をベンチに座らせて、ジュンも隣に座る
ジ「あの状況で寝るか?普通―」
そうぼやきながら金糸雀の寝顔を見つめる
ジ(まぁ金糸雀を抱きしめたし、寝顔も見れたし)
ジ「ま、『災い転じて福となす』かな?」
そんなことを思いながらジュンは夕焼けを眺めていた・・・









桜田ジュンは静かに暮らしたい


僕の愛する人は、鬼嫁ならぬドジ嫁だ。
一日一ドジを忘れない小憎たらしく可愛い人なのだ。

家の掃除をすれば家中を押し込み強盗が入ったかのような有り様にするわ、
どこで覚えてきたのかフランベっぽいことをやろうとして小火を起こすわ、
休日に新しい発明品の実験をしていたと思えば国会議事堂を全焼させるわ……。

それに、彼女一人ならまだしも、目に入れても痛くない一人娘まで……。

娘「ただいまかしらー!」
金糸雀「遅かったのね。どこで遊んできたのかしら?」
娘「えへへ、内緒かしら~」
ジュン「ほら、もう晩ご飯だぞ。手を洗ってきなさい」
娘「はーいかしらー!」
ジュン「……さて、ニュースでも見るか……」

TV『今日未明、東京タワーが崩壊しました。原因はまだわかっていませんが、
   現場付近で「かしらー」という謎の悲鳴のような声が聞こえたと……』

ジュン「………………………………」
娘「パパ、どうしたのかしらー?」
ジュン「……後でちょっとパパのお部屋に来なさい……」

……どうやらこの僕の人生に、『平穏無事な生活』は有り得ないらしい……。










午後6時、僕は空港のロビーにいた。それは今夜の便で3年間の留学を終えた彼女が帰国してくるからだ…
ジ「…来たか。」
ゲートからは3年前と変わっていない薄緑の髪をした小柄な女性が歩いてくる
金「…ジュン?もしかしてジュンかしら!?」
ジ「もしかしなくても僕だよ。金糸雀。」
金「ただいま…かしら。」
本格的にバイオリンの勉強がしたいと高校を卒業してすぐ海外へ向かった金糸雀…外見はさほど変わってはいないが、僕は何故か気恥ずかしくて昔のように気軽に話せなかった
空港を出てジュンが運転する車に乗り金糸雀を家まで送っている。金糸雀は窓から見える久々の日本ね風景を懐かしんでいた…
ジ「この街も高校の頃とあまり変わってないだろ?」
金「うん。でもここにみんなで遊びに来てたなぁって…それが凄く懐かしいかしら。」
ジ「そっか…さぁ、早く帰らないとみっちゃんさんが首を長くしてるぞ。」
ジュンがアクセルを踏み込んだ時、金糸雀が小さな声で呟いた
金「ねぇ、ジュン?1つだけ…我が儘言ってもいいかしら?」
ジ「ん?…何だよ?」
金「あのね…」


金糸雀の我が儘とは少し遠回りして海が見たいということだった。ジュンはすぐに進路を変え、すぐ近くの海岸へ向かった
金「うわぁ…風が気持ちいいかしら~。」
こんな我が儘言うのも久しぶりねと、君は呟く
ジ「そうだな…そういやここ高校の時にみんなで来たっけな…」
海岸に沿った通りへ君を連れ出しあの頃のように
金「そうね…」
ジ(…僕はドキドキしていた…3年ぶりにあったこの少女が海風と月明かりにさらされとても大人びて見えることに…)
夜は君を不思議なほど綺麗に映すよ
ジ「金糸雀…」
金「え?…あ…」
誘われるよに抱きしめたなら不安は消えるから
金「ジ…ジュン?どうしたかしら?いきなり…///」
ジ「!!ごめん!つい…」
金「いいよ…カナは…嬉しいかしら…」
潮風は溜め息を空に運ぶ
ジ「金糸雀…」
金「あ……ん…」
波音は口付けの吐息消して…
ジ「ふぅ…金糸雀…言いそびれてたけど…お帰り。」
金「うん…ただいまかしら…ジュン。」
誰より愛しい君よ、いつの日もその胸に
離れていても変わらぬ想いを…
はぐれた時の隙間などきっとすぐ埋まるよ
ためらいのない想いが蘇る…
BGM:Mr.Children Replay
|