※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「一つ屋根の下 第六十三話 JUMと洗濯」



「ふぁ……もう朝か…あれ?昼じゃん。」
昨日も遅くまで起きてたせいもあるのだろう。なに、心配は要らない。今日は休日だ。携帯を開くと時間は
すでに10時。ばっちり寝すぎたようだ。僕は体を起こしてリビングへ向かう。家の中は驚くほど静かだ。
「ねえちゃ~ん!誰もいないの~?」
シーンと静まり返ってる。テーブルには僕のご飯にラップがかかってる。どっか出かけたんだろう。
「はぁ~、もうすぐ時間ですぅ……お?JUMいいトコに起きてきたですね。」
そう思ってると翠姉ちゃんがバタバタしながらやってきた。どっか出かけるんだろう。服も外着だし。
「翠姉ちゃんどっか行くの?」
「翠星石は今から蒼星石や、クラスの子と修学旅行の買い物ですぅ。ああもう、時間ないです…」
「ああ、そっか。もうすぐ修学旅行だったね。時間ないなら、僕が何かしておいてあげようか?」
翠姉ちゃんには家事で世話になってるしね。それくらいするべきだろう。が…僕はそれを後悔した。
「お?JUMにしてはいい心がけですね。じゃあ、洗濯お願いするです。洗濯機は今回ってるですから。
夕方になったらキチンと取りこむですよ?あ、サボったら晩御飯は抜きですからね。」
「ちょ、ちょっと待った!洗濯はまずい……」
「あ、時間ですぅ!それじゃあ頼んだですよ~!行ってくるですぅ~。」
僕の抗議をまったく気にも留めずに翠姉ちゃんは出かけていった。
「参ったな…よりによって洗濯なんて…」
数ある家事のうち、僕は洗濯だけは意識的に避けていた。理由は言うまでもないだろう。そりゃあ、小学生の
時とかならよかったけどさ…まぁ、銀姉ちゃんは小学生のときから着けてたけど。
もう僕も姉ちゃん達も高校生だよ?さすがにまずいってもんだろう。僕はせめてもの抵抗で姉ちゃん達が
家に残ってないか家中を隈なく探すが、当然のように家は無人だった。
ピーピーと、洗濯機が洗濯の終わりを知らせる音を出す。
「はぁ……仕方ない。気は進まないけど、やるしかないかぁ。」



洗濯機の中は笑えるくらいカラフルだった。目が痛い。そして、目に毒だ。男物の服や下着なんて埋もれてて
どこにあるかさっぱりわからない。僕は、洗濯籠の中に、次々と洗濯物を詰め込んでいく。
ああ、人が多いだけあって洗濯物も多いなぁ。翠姉ちゃんや蒼姉ちゃんは本当にご苦労だ。
僕は洗濯籠を持って、庭へ出る。日差しがまぶしい。本日は晴天なり…
「ふぅ…やるかな…」
僕はスッと籠に手を入れる。取り出したのは黒のブラジャーだった。思わず顔が赤くなるのを感じる。
色的にもサイズ的にも間違いなく銀姉ちゃんのだ。僕はあまりソレを直視しないように干す。
「やば……何か変な気持ちになりそ…」
間違ってもパンツを被ってフォォォォ!!とか、それは私のおいなりさんだ。とかはやらないだろうけどさ。
頭を振り払って次の洗濯物を手に取る。黄色のブラだ。多分、カナ姉ちゃんのだろう。
「だーーー!!僕は何考えてるんだよ!」
先日のカナ姉ちゃんとの事をつい思い出してしまう。あの時、銀姉ちゃんが来なかったら僕は、これを拝んで
いたんだろうか。いやいや、何破廉恥な事考えてるんだか。ええと、円周率は3,14……
次に手に取ったのは緑と白の縞々のパンツだった。あ、これ翠姉ちゃんだな。以前スカートで踏まれた時に
見た事ある。(4話)いや、あくまで不可抗力ですよ?痛かったし。続いて青と白の水玉……まぁ、言うまでも
ないか…青いブラともども蒼姉ちゃんだろうな。お、ようやく僕のトランクスが出てきた。
知ってたけど再確認。やっぱり、我が家には男は僕しかいないんだなって。いや、本当に男物の洗濯物が
全然出てこないんだって……あ、これは真紅姉ちゃんだな。真っ赤だもん。
銀姉ちゃんのと比べると、その差は歴然としてる。まぁ、そんな事言ったら間違いなく殴られるが。
「やれやれ……ようやく干し終わったかな。」
ズラーッと並んだ洗濯物を見る。うん、やっぱりカラフルだ。黒、黄色、緑、青、赤、ピンク、白、紫…
見事にみんな好きな色がバラバラだよなぁ。まぁ、そうでもしないと間違えたりするんでしょ、きっと。
明らかに間違えそうにないほど、サイズが違うのもあるけどね。



「ただいま~!!JUM、ちゃんと干して取り込んだですかぁ?」
夕方。翠姉ちゃんと蒼姉ちゃんが家に帰ってくる。それを皮切りに、ほかの姉妹も次々と帰還してくる。
「ん、干して取り込んだよ。たたみ方分からないから、僕のしかたたんでないけど。」
「ごめんね、JUM君。……そのぉ、色々やり難かっただろうけど。」
蒼姉ちゃんが申し訳なさそうに言う。さすがは我が家の良心。よく分かっていらっしゃる。
「ま、おめーが女物の下着のたたみ方知っててもどうかと思うですけどね。」
御もっともです。知ってたらそれはそれで、軽く変態のレッテル貼られる気がします。
「さて、僕は次の洗濯物干す準備してこようかな。」
蒼姉ちゃんがお風呂場へ行く。我が家の洗濯は一日に数回ある。蒼姉ちゃんは、帰ってから早速洗濯機を
回していた。翠姉ちゃんがテキパキと洗濯物をたたんでいく。すごいなぁ、手馴れてる。
「よしっと…みんなぁ、洗濯物取りにきやがれですぅ!自分でキチンと片付けるですよぉ~。」
「はぁ~いなのぉ~!あ、ヒナ今日買ったのも入れておくの~。」
「そういえば、ヒナは最近胸が苦しいとか言ってましたものね。」
「……うん、だから…私と巴で選んであげた……」
そうなのか。ヒナ姉ちゃんは成長中……メモメモ。
「あらぁ……?」
銀姉ちゃんがたたまれた洗濯物を見ながら首を傾げている。そして、姉妹の洗濯物を見てさらに傾げる。
「ねぇ、翠星石ぃ。全部たたんだのぉ?」
「?全部たたんだですよ?それがどうかしたですか?」
ん?何だ?銀姉ちゃんの洗濯物が足りないのか?そんな事を思っていると、銀姉ちゃんは僕を見て何かを
悟ったようにニヤリと笑った。これは、ヤバイ。この笑みはヤバイ。僕はそう直感する。
「ああ、そっかぁ~。JUMもお年頃だもんねぇ。あ、お姉ちゃんは寧ろ嬉しいわよぉ?」
……何を言ってるんだろうか、この長女は。
「JUMったら~…水銀燈のブラ欲しかったのねぇ~。もう、言ってくれれば水銀燈ごとあげちゃうのにぃ♪」
一瞬で、主に翠姉ちゃん。真紅姉ちゃん。薔薇姉ちゃん。そして、キラ姉ちゃんの視線が僕に突き刺さった。



「いや、僕そんなの知らない……」
「いいのよぉ、JUM。姉妹なんてほっときなさぁい。負け犬ドモなんだからぁ~。」
銀姉ちゃんが思い切り僕を抱きしめ、僕の顔を胸に埋めさせる。柔らかい…いい匂いだな…いやいや、
そんな場合じゃないってば。僕はとりあえず顔を離そうと手を伸ばす。が……状況を考えればそれは
やるべき事じゃなかった。胸の埋もれてる顔を離そうと手を使えば、手が胸に行くのは必然なわけで。
「あんっ…JUMもその気になったのね。私の胸揉んじゃってぇ~。さ、部屋行きましょう?大人の時間よぉ。」
「ふぁ、ふぁふぁらひはうっへ~!(だ、だから違うって~)」
「ちょ、ちょっと待ちやがれですぅ!!おめえのブラはそこに…」
「あらぁ、私一日二回は変えてるものぉ。ほら、見てよぉ。」
銀姉ちゃんがたたまれた下着を広げる。
「こっちは、上下セットあるでしょぉ?でも、こっちは下しかないじゃなぁい。」
銀姉ちゃんの言うように、1セットはあるんだが、もう1セットは下しかない。まさか、翠姉ちゃんが間違えて
他の姉妹のトコに混ぜたなんて事もないだろう。色分けされてるし。
「いや、だから僕はそんなの……」
「……JUM!!!」
真紅姉ちゃんの声がする。ヤバイ、僕死んだかも。銀姉ちゃんの胸から顔を離し、真紅姉ちゃんを恐る恐る
見る。だが、そこには僕の想像とは正反対に、目尻に涙を浮かべた真紅姉ちゃんがいた。
「ぐすっ…JUM…分かってたわ…やっぱり貴方は巨乳が好きなのね…うっ…」



「いや、だからそれはちがっ……」
「いいの!分かってる…ううっ…でも…JUM。こんな私でもせめてお姉ちゃんって呼んでくれる…?」
真紅姉ちゃんの目からボロボロ涙がこぼれて来る。ちょっと、待って。何さ、これ?
「JUM……そうよね。カナ少し浮かれてたかしら…JUMは優しいから…べそべそ…でも……カナ昨日の
事は忘れないかしら…JUMがカナにくれた優しさだから…べすべす…」
「JUM!!嫌です…翠星石を置いてかないでですよぉ…ぐすっ…JUMが望むなら素直に…なるですからぁ…」
「……何なのさ、これ?」
僕は事態が全く飲み込めてない。てか、飲み込めたら把握能力MAXだろう。
「う~…難しいのぉ~。」
一人マイペースにPS2をやってる六女は放って置くとして。
「JUMは知らないでしょうけどぉ。姉妹の協定の一つよぉ。JUMが年頃の男の子になった時……JUMが下着
を盗んだ相手=JUMが好きな相手。よって、その姉妹がJUMをゲッツできるって協定よぉ。そ・し・て♪
JUMが選んだ下着は私のでしょぉ?色分けされてるから分かりやすかったでしょ。」
そんな協定、速攻で破ってください。大体、僕は盗んでないし。
「JUM……も少しだけ待って…JUMが銀ちゃんが好みなら…私、頑張って銀ちゃんみたいになれるように…
努力するから…えっえっ…JUM…ぐすっ…」
「不覚ですわ。この雪華綺晶が、JUMを食せず散るサダメにあったとは……ただ、無念ですわ…」
次々に涙を流していく姉ちゃん達。何、僕悪者?
「ふふふっ、まぁ当然よねぇ。所詮デコだろうが、ツンデレだろうが、女王様気質だろうが、食いしん坊キャラ
だろうが、不思議系だろうが私の敵じゃないわぁ~。」
銀姉ちゃんはそう言って、大きい胸を張って勝ち誇っていた。



僕はさっきから頭の中がパンクしっぱなしだ。そんな時、ガチャリとドアが開く。
「ふぅ、今日も洗濯物が一杯だぁ……何コレ?」
蒼姉ちゃんはリビングを見て、呆然としてる。そらそうだ。銀姉ちゃんが僕にべったりで、ヒナ姉ちゃん以外は
大泣きしてる。誰が見ても異常な光景なのは間違いない。
「あらぁ、いいトコに来たわぁ。貴方にも教えてあげる。JUMは私のブラを…『あ、そうだ。これ君のブラだよね。
洗濯機の中に残ってたよ。JUM君がうっかり干し忘れてたんだろうね。』盗んだ……え?」
蒼姉ちゃんがプラプラと黒いブラジャーを手に持っている。間違いなく、色的に銀姉ちゃんのだろう。
つまり、あれか。僕は洗濯機から全部取り出したツモリだったが……実際は銀姉ちゃんのだけ残ってたと。
「……おほん…水銀燈。ちょっと今夜いいかしら?お話があります。」
「あ……あらぁ……?」
真紅姉ちゃんがガッシと銀姉ちゃんの腕を掴む。銀姉ちゃんの顔色がみるみる青くなっていく。
「さっきはよくも散々言ってくれたですね……金糸雀、何か面白い実験器具ないですか?」
「そうね、アイアンメイデンなんてどうかしら?」
「ちょ、ちょっとぉ、何でそんなものが…それに死んじゃう…痛い痛い!いやぁ、JUM!助けてぇ~!」
銀姉ちゃんがズルズルとリビングから引きずり出されていく。さよなら、銀姉ちゃん。また、明日ね。
「?アレ、何だったの?」
蒼姉ちゃんが頭にハテナを浮かべてる。よかったね、銀姉ちゃん。蒼姉ちゃんがいなくて。本気で怒ると一番
怖い人は回避できたみたいだよ。
「ねぇ、JUM。蒼星石ぃ~!一緒に遊ぼうよ~。」
「そうだね。じゃあ、ちゃっちゃと洗濯物干してくるね。そしたら、3人で遊ぼうか。」
平和を取り戻した我が家のリビング。翌日、銀姉ちゃんは目を真っ赤に腫らして大人しくしてた。
まぁ、大人しかったのも一日だけだったけどね。
END

|