※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠星石が怒った日(翠星石が変わった日の続き)

「うわーい!海なのー早く泳ぐのー!!」
「雛苺、走るのはやめなさい!…全くはしたないわ」
「そう言いながら一緒に走ってるのはどこの誰ですぅ?」

日差しが痛く感じる今日、僕は走っていく三人を微笑ましく見る。
発案者は誰だったか、気付けば真紅、雛苺、…それに翠星石と海に来ていた。

「チビ人間、何ボケッとしてるですか!早く来るですぅ!」
「…だったら、少しは荷物を持ってくれませんか、お嬢さん方?」

そう、お約束というか当たり前というか、僕は荷物持ちをさせられていた。
全員分のかばんとシートやらで、かなりの重さとなっていた。
まぁ…、これがないとしても、彼女らに追いつける自信はないけど。

「ジュン、ありがとなのー!お礼にうにゅーあげるのー!」
「貴方は私の下僕でしょう?荷物を持つのは当たり前なのだわ」
「全く、こんぐらいの荷物で根を上げるなんて情けねーですぅ」

やっとで追いついた僕に、三者三様の声がかけられる。
唯一お礼を言った雛苺だけにどういたしまして、と言う。
…お礼はいいよ、うん。海に来てそれは食べたくない。

----------

海からそれなりに離れた場所にシートを広げ、四隅にかばんを置く。
そこに僕、真紅、翠星石が座る。雛苺は浮き輪をふくらませている。
僕は泳ぐ気はないので横になろうとすると、目の前に水筒が現れた。

「ジュン、紅茶を淹れて頂戴」

下僕にそこまでさせますか。
断っても無駄なので、素直に水筒の中身をふたでもあるコップに注ぐ。
湯気が出ているから魔法瓶か、と思いながらそれを真紅に渡す。

「ありがとう。いい子ね、ジュン」

そう言って僕に笑い、優雅に紅茶を飲み始める。
もしかしてそれを言うために?と自惚れてみようか。

「10℃温いわ!」
「仕方ないだろ!?」

やっぱりそんなことは無いな。
漫才みたいな会話をしつつ、僕はそう思った。

----------

そんな二人の様子をじーっと見ている一人の少女。
実はさっきから気付いていたが、あえて無視していた。
しかし、我慢し切れなくなったのか、いきなり怒鳴ってきた。

「チビ人間!!」
「っ!…そんな大声で呼ばなくても聞こえるよ。で、何?」
「え、あー…そのぅ…」

呼んでおきながら、急に考え込む翠星石。
そのまま十秒ほど待つと、何かを思いついたのか顔を上げた。

「翠星石も紅茶が飲みたくなったです。淹れやがれですぅ」
「…なんでまた急に。紅茶好きだったっけ?」
「急に飲みたくなっただけです。つべこべ言わず淹れるですぅ!」
「それはいいけど…、この紅茶は真紅のだし」
「私は構わないわ」

間髪入れずに返ってきた回答。
真紅が自分の紅茶をあげるなんて珍しい。
そんなことを思いつつ、紅茶を汲もうとしたところで気付く。

「…でも、コップはこれしか無いわよ?どうやって汲む気?」
「ガーン!!ですぅ…」

結局、翠星石は紅茶を飲むことが出来なかった。

----------

「そろそろ私も泳ぎに行ってくるわ」

そう言って海の方へ歩いていく真紅。
既に雛苺も泳いでいるし、一緒に遊ぶんだろう。
横にはまだ翠星石がいるが、僕はお構い無しに横になる。

「ジュンは泳がないのですか?」

翠星石が話しかけてくる。
今日、初めて性悪じゃない話し方をされた気がする。
しかし、わかってて聞くあたり、やっぱり性悪なのだろう。

「僕が泳げないの知ってて聞いてるだろう?」
「当たり前ですぅ。嫌味で言ってるですからね、ヒッヒッヒ…」
「その魔女みたいな笑い方はやめてくれ、全く…。
 まぁ、荷物を見てないと駄目だし、一人は残ってた方がいいだろ?」

そう言って、海に行けと手をシッシッと動かす。
しかし、翠星石はそれを無視し、僕と同じように横になる。

「一人だと死んじゃいそうですからね。一緒にいてやるです」
「…はいはい、ありがとうごぜーます」

海に来てただ寝てるだけの二人。でも、悪くない。

----------

子供が騒ぐ声、男がナンパする声、様々な声が聞こえてくる。
そんな声の中、近くを通ったお年寄りの声が聞こえてきた。

「あらあら、お似合いのカップルねぇ…」

一瞬で顔が赤くなる。
試しに横を向いてみると、それと同時に顔を背けられた。
また自惚れる気はないが、多分顔は同じ色をしてるのだろう。

「…カップルですかぁ」
「…男女二人で並んで寝てるし、仕方ないよな」

苦笑をしつつ、適当な言葉でごまかす。
ちょっと前までの僕なら、ありえねぇとか言いそうだが、
つい最近の告白未遂?のせいで正直意識してしまった。

「全く、うちらがカップルなら真紅や雛苺はどうなるんですか…」
「うーん…、雛苺は子供って感じかなぁ」
「ぶっ!そういう意味じゃねえですよ!!
 …まぁ、チビ苺は子供って感じはするですけどぉ…」
「じゃあ、真紅は?」
「真紅?…真紅は姑ですかねぇ、ヒッヒッヒ!」
「あはは…、そりゃいいな。ぴったりだ」
「誰が姑ですって?」
「「ひっ!!」」

二人して叫び、上半身を起こして後ろを振り向く。
しかし、眼に映ったのはすごい速度で迫る金色の鞭だった。

----------

「痛いですぅ…」
「自業自得よ」

真紅に睨み付けられながら、頬を抑える僕と翠星石。
確かに調子に乗ってた僕らが悪いが、この威力は反則だろう。

「泳ぐのも疲れたから、辺りを歩いていたのよ。
 でも何も無かったから帰ってきたら…、全く失礼なのだわ」
「ごめん…。でも真紅、どこから聞いていたんだ?」
「『真紅は姑ですかね』あたりからよ。それがどうかしたの?」
「いや…」

それはグッドタイミングだったのか、バッドタイミングだったのか。
とにかく、その前の会話が聞かれなかっただけ良しとしよう。
それより…、

「なぁ真紅。雛苺はどうしたんだ?一緒に泳いでたんじゃ…」
「雛苺?それなら、まださっきの場所で泳いでいるわ。
 確か…、あっちの方の海にいるは…ず…?」

急に歯切れが悪くなる真紅。
その指が指す海を見る。
確かに「あった」。

雛苺の浮き輪だけが。


気付いたら、僕は海へ走り出していた。

浮き輪だけ置いてどこか歩いているのかもしれない。
あるいは雛苺の浮き輪に似た浮き輪なのかもしれない。
でも、今の僕にはそんな楽観的な思考は出来なかった。

海に潜ると目を開けて、必死で雛苺を探す。…いた。
少し先に、まるで人形のように沈んでいく雛苺が。
僕はがむしゃらに泳ぎ、なんとか雛苺の腕を掴む。

あとは上にあがれば…、ここで僕の意識は途切れた。



「ジュンッ!!」

自分の名前を呼ぶ声に気付き、僕は目を開ける。
目の前には、涙目で僕を見る翠星石がいた。
痛む頭を押さえ、上半身を起こすと抱きついてきた。

「ジュン…、良かった…良かったですぅ…!」
「翠星石…?あれ、なんで…僕は確か…」

確か雛苺を探しに行って、見つけて、掴まえて…

「あら、目覚めたのね。ジュン」
「うぃー。良かったのー!」

横を見ると真紅と雛苺がいた。

「泳げないのに助けに行って…、逆に助けられてどうするのよ」
「うー、ジュンを責めないでなのー!ジュンはヒナのせいで…」

雛苺の声が頭に響く。
でも、おかげで大体状況は掴めた。
助けに行った僕も溺れて、ライフセーバーかなんかに救助された。
そして、先に雛苺が目を覚ましたが、僕はついさっきまで眠っていた。
そんな感じに状況分析をしていると、翠星石がうずめていた顔を上げた。

「真紅の言うとおりですぅ…。なんでこんな無茶したんですかぁ…」
「翠星石…」

翠星石は、僕の顔を見ながら大粒の涙を流し続ける。

「…友達を、雛苺を失いたくなかったから。…それに」
「…それに?」
「雛苺が亡くなったら…、真紅やお前が泣いちゃうだろ…?」
「…!!」

「あの時…、僕が馬鹿だったから翠星石を泣かした…。
 すごい後悔したんだ。だから、二度と泣かせるもんかって…」
「ジュン…」
「でも…、結局泣かしちゃったな…。ごめんな、翠星石」
「うぅ…、やっぱりジュンは大馬鹿者ですぅ…。
 そんなこと言われたら、泣くに泣けなくなるじゃないですかぁ…」

そう言って、頑張って笑おうとする翠星石。
その気持ちが嬉しくて、翠星石に微笑む僕。
まるでカップルが作る雰囲気にのまれたのか、翠星石が目を閉じて顔を近づける。

そんな翠星石を、僕は肩を掴んで止めた。


「もう意識はあるんだから、人工呼吸は必要ないぞ?」


ピシィッ!!

後ろめたさを感じて言った一言によって、雰囲気が音を立てて壊れた。
翠星石は顔を離すと、すっと立ち上がって片足を高く上げて、

「こ、こ、この馬鹿アホチビ人間ッ!!!」
「グフォッ!!!」

僕のお腹に振り下ろした。
まだ残っていたのか、口から水が溢れた。

「ちょ、ちょっと翠星石!さすがにやりすぎよっ!!」
珍しく慌てている真紅。
「そんなデリカシーのないチビはほっとけですぅ!!」
さっさと帰ろうとする翠星石。
「うぃー!!まだ、ジュンにお礼言ってないのー!!」
その翠星石に引きずられる雛苺。


そんな三者三様の声を聞きながら、僕の意識は深い海へと沈んでいった。

|