※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ベジータレポートその2 ロマンティックが止まらない。」



よう、またまた俺だ。ベジータだよ。学校祭編になって俺の出番も増えてきて嬉しい限りだ。
しかし、俺的にはまだまだなんで今回もレポートをまとめてきた!今回はJUMと姉妹達のキスシーンの
まとめだ。全く、羨ましさ全開になるだろうから、見て後悔するなよ?いいな?絶対だぞ?
そうだな、タイトルは「ファーストキス物語」とでもしとくか?それなんてギャルゲ?何てツッコミはなしだ。


水銀燈(32話)・・・ある夏の暑い日の深夜、JUMは悪夢で目覚めてしまう。怖くなったJUMはつい
声をあげて姉妹の助けを求める。そこにやってきたのが隣の部屋の水銀燈。水銀燈は母親のような優しさで
JUMを包み込み、JUMを落ち着かせる。そして、『オマジナイ』と言ってJUMとキスする。もっとも、彼女は
幼い頃からJUMとキスしてたようだが、大きくなってからは初めてらしい。


金糸雀(39話)・・・2学期にはいってすぐ、JUMは体調を崩し風邪を引いてしまう。JUMが家で休んでると
ズルして学校をサボった金糸雀が帰ってきてJUMを看病しだす。しかし、彼女の本来のドジのせいか、JUMは
一向によくなる兆しはない。金糸雀は、『おとっとき』と言ってJUMとキスをして、自分に風邪をうつそうと
する。その後JUMがキスを仕返したが、風邪菌は金糸雀に留まり結局彼女が風邪を引いてしまった。
しかも、その後金糸雀が自爆して姉妹にJUMとのキスをばらしてしまう。


翠星石(35話)・・・夏休みの最中、お隣の桃種さんが赤ん坊を預かって欲しいと二人に願い出る。赤ちゃん
を預かった二人はまるで新婚のように買い物に行ったり、赤ちゃんと遊んだりしていた。そして、翠星石は
『赤ちゃんの為』と言ってJUMとキスをする。あくまで、新婚さんで赤ちゃんに夫婦仲がいい事が、いい影響が
与えれるからJUMとキスをしたと言い張ってるあたり、素直じゃない彼女らしい。


蒼星石(36話)・・・夏休みの終盤、姉妹で街のお祭りに行く事になったJUM達。姉妹は浴衣を纏い、JUM
に髪を結ってもらうが蒼星石は髪が短いから、と辞退する。それ以降元気のない蒼星石をJUMは元気つける
ためにバレッタを買って蒼星石を探す。幼少期の秘密基地だった神社の裏でJUMは蒼星石にバレッタを
渡す。すると、蒼星石は嬉し泣きをして『お礼』と言ってJUMにキスをする。


真紅(30話)・・・旅行中、花火大会に行ったJUM達。薔薇水晶、水銀燈といったライバルを押しのけ、
二人っきりになる事に成功する真紅。JUMは真紅を抱っこしながら二人で花火を見る。すると、真紅はJUMに
自分の舐めてた林檎飴を舐めろと言う。二人で林檎飴を舐めていき……舌が触れ合うと真紅は『林檎飴が
滑った』と言ってJUMとキスを果たす。言い訳するところが翠星石同様素直じゃない。


雛苺(41話)・・・文化祭の出し物を姉妹の中で発表していると、雛苺のクラスは「欧米かっ!」というタイトルで
外国の文化などを紹介する出し物をすると言う。しかし、翠星石が雛苺では理解できるはずないと挑発し、
お前はアメリカ人だから、それらしい事をしろと言う。すると、雛苺は『挨拶』といってJUMに飛び掛ってキスを
する。キスなのにどこまで無邪気な感じがするのは彼女だからこそだろう。


雪華綺晶(42話)・・・JUMが文化祭の買い出しに行こうとすると雪華綺晶と会い、一緒に行く事になる。
二人で二ケツをしながら色々話していると、雪華綺晶が胸の内をJUMに打ち明ける。そして、『ヤキモチ』と
言って公衆の面前で二ケツしたままキスをする。その時間は長く、信号が一周するほどで2回している。
その後、雪華綺晶はJUMの首筋に噛み付き「いつかJUMを食べる」と宣言する。


薔薇水晶(27話)・・・本文中では一番初めにJUMとキスを果たす。リゾート地で津波に巻き込まれてプチ
遭難したJUMと薔薇水晶。彼女だけ本文中にキスの描写がないのだが、最後にボソリと『人工呼吸』と
してJUMにキスをしたと独り言で漏らす。全く描写がないのに、その一言に相当のインパクトが込められている。
ちなみに、JUMは後でその話は聞いたらしい。


どうだったよ……何かさぁ…俺ってつくづく脇役なんだなって思うよ。もし俺が主役ならば美人姉妹8人と
あんな事やこんな事が!!ってなぁ…まぁ、ここまで来ててキスで止まってるJUMもある意味凄いがな。
板的にこれ以上は書けないだけだが。ちなみに、作者を調査した所によるとキスのシチュエーションの
イメージは『ロマンティック』らしい。なかなかロマンティックが止まらない出来になってないか?
お気に入りは、翠、蒼、真紅、キラらしい。それじゃあ、今回の俺のレポートはここまでだ。
また会う機会もあるだろう。これからの俺の本編での活躍に期待してくれ。アディオス!!   BYべジータ

|