※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  『貴女のとりこ』 第十三回


薔薇水晶は、ぶおぉ……と轟音を発して燃え上がる紅蓮の炎に炙られ、目を細めた。
時折、伸びてくる火の舌が顔の近くを舐めて、産毛を焦がしていく。
逃げだそうにも、両手両足は何かに拘束されていて動かせない。
見れば、十字架のような物に括られ、燃え盛る炎の上に吊り下げられていた。


一体全体、どうして、こんな状況に置かれているのか? いつの間に?
訳が解らない。ただただ、暑く、熱かった。
全身の汗腺が開き、体内の水分が流れ出していく。
額から落ちてきた汗が鼻の頭に溜まって、くすぐったい。
髪の間を抜け、耳の後ろを流れてきた汗は、下唇に留まり、揺れる。


やがて、二つの滴は殆ど同時に、炎の中へ落ちていった。
それは、炎に辿り着く寸前、蒸発して消えた。
このままだと、冗談抜きに、乾涸らびてしまいそう。

暑さを我慢する必要なんて無いし、干物になるまで待っているほど、暢気でもない。
だが、この状況で下手に暴れれば、十字架に束縛されたまま炎へ直滑降してしまう。
脱水症状で逝くか……焼死を選ぶか……。
どちらにしても、絶対的な死は、変えられないかも知れない。

暗澹たる気持ちで眺めていた焔が身に焼き付いて、紅蓮は暗黒に転じる。
すると、ちらちらと瞬き、ゆらゆらと揺らめく火焔が、なにかを形作りはじめた。
一体、何が始まろうとしているの? 皆目、見当が付かなかった。
眉根を寄せる彼女の前で、火焔は漆黒の四角いスクリーンへと変貌を遂げた。
ブツッ! ザッ……と耳障りな雑音。
それを合図に、画面の中で砂嵐が吹き荒れ始める。

何が映し出されるのか……。
立ち尽くして、走査線上を乱れ飛ぶ砂嵐を凝視していると、徐々に、何かの像を結び始めた。
浮かび上がるモノクロ画像。しかも、全体的にトーンが暗いので、何の画像か判然としない。
ただ一点……スクリーンの右上部分に、ぽうっと仄明るい箇所があった。

(何? あの部分――――どうにかして、拡大して見たいなぁ)

暑さで朦朧としつつも、薔薇水晶が胸の内で切望すると、
それに応えるように、画面は明るい箇所へとズームアップしていった。
正体不明の明かりは小さな四角形。まるで、携帯電話のディスプレイみたい。
更に拡大していくと、それは紛れもなく携帯電話のバックライトだった。
この映像に、どんな意味が秘められているのだろう。
それを把握すべく、スクリーンを食い入るように見つめていた薔薇水晶は、
映像がぐらり……と振れた瞬間、微かな光に浮かび上がる『何か』を視界に捉えた。

あれは、何なのだろうか。白っぽい棒状の物が転がっている。
画像自体の黒レベルが強すぎて、一見しただけでは、どうにも良く解らない。
それでも、根気よく、矯めつ眇めつしていると……。

(なんだか…………人の腕……みたいな?)

それは確かに、人間の左腕。肩から二の腕にかけての映像だった。
低い視点で、横たわっている人を真横から見れば、こんなアングルになるのだろう。
正体が判明して安堵する反面、薔薇水晶は、妙な胸騒ぎを覚えていた。
腕だけが転がっているとなれば、尋常ならざる事態だ。

――が、違った。
腕の向こうに、ブラジャーのカップらしき隆起が、微かに映っている。
下着の清楚なデザインから察して、この人物は年の頃10代後半から20代前半の、若い女性だろう。
しかも何故か、薔薇水晶は直感的に、この娘が雪華綺晶か巴だと悟っていた。

この映像を撮っているカメラのアングルを、もう少し右に寄せれば、横顔が見えそう。

(動いて……右へ。右へ――)

薔薇水晶が念じると、先程と同様に、画像が右に向きを変えていく。
なにか、スポーツをしているのだろう。肩の筋肉が、普通の娘に比べて発達している。
その肩の影から、細い頚が淡く浮かび上がり、顎の線と、耳朶と……髪が見えた。
ショートカットの、ストレートな黒髪が。

(この女の人って、まさか…………巴ちゃん?!)

光量が少なすぎて、顔全体を写すことは出来ない。しかし、巴と符合する特徴は多かった。
もし、この娘が巴だとしたら……姉の雪華綺晶も、すぐ側に居るかも知れない。

(これって――もしかしたら、お姉ちゃんが助けを求めてるサインかもっ!?)

予知夢、或いは、虫の報せ……と呼ばれるものか。
生命の危機に瀕した身内の、救いを求める必死の想いが、
肉親の元に届いたという摩訶不思議な話を、聞いた憶えがある。
であれば、この映像も或いは――
薔薇水晶は些細な動きすら見逃すまいと画面を睨め付け、片時も目を逸らさなかった。


――――ふと、画面の上方……横たわる娘の奥で、何かが蠢いた。

身を乗り出して、もぞもぞと動く何かを凝視すた。
丸みを帯びた形状。人の頭部らしいが、判別しかねる。
髪の毛だろうか? 白っぽい、緩くウェーブのかかったモノが、ちらちらと動いていた。
何かの花を模した、髪飾りも……。


だが、確認できたのは、そこまでだった。
画面を食い入るように見つめていた薔薇水晶の左耳元に、ぶおぉん……と耳障りな振動音が迫り、
高熱が襲ったのだ。不意打ちに驚き、身体を震わせた瞬間、薔薇水晶を捕らえていた十字架が、
すとんと落下を始めていた。

――死が待つ業火の中へと、まっしぐら。



ひゃぅっ! と息を呑んで目を見開いた薔薇水晶の肌と耳が、熱気と騒音を感知する。
音のする方へ顔を向けると、そこにはドライヤーと櫛を手にして佇む、蒼星石の姿があった。

「あ……ごめん。起こしちゃったんだね」

蒼星石はドライヤーのスイッチを切って、薔薇水晶に優しく微笑みかけた。
どうやら、炎に炙られたと感じたのは、ドライヤーの熱気だったらしい。
夢は、睡眠中に起きる些細な刺激を拡大解釈すると言うのは、本当のようだ。

それにしても、あの奇妙な映像は、なんだったのだろう?
ただの悪夢だったのならば、いっそ気が楽だ。
変な夢と笑い飛ばして、明日には忘れてしまえるから。
だが……今の夢は、どうだ。夢と呼ぶには、あまりにも生々しすぎた。
今だって、夢の中で見た光景を、鮮明かつ詳細に思い出せる。
薔薇水晶は、なんとなく、キツネに摘まれた気分だった。


気分が落ち着くにつれて、段々と、周囲の環境を探る余裕が出てきた。
微かに鼻腔を刺激する、薬品の臭い。アイボリーを基調とした、簡素な空間。
どうやら、保健室のベッドに寝かされていたらしいと推察した薔薇水晶は、
半身を起こそうとして、激しい頭痛と、眩暈に襲われた。
貧血とは違う様だが、目の前が夕暮れを思わせる程に暗転して、頭がクラクラする。
結局、薔薇水晶は諦めて、固めの枕に深々と頭を沈めた。

「無理して起きない方が良いよ。さっき体温を計ったら、だいぶ熱があったから」
「…………私……どうして……」
「キミは屋上で倒れてたんだよ。雨の中でね。
 ジュン君が見付けてくれなかったら、きっと今も、雨ざらしになってた筈だよ」

雨に濡れていた薔薇水晶の髪は、蒼星石のお陰で、すっかり乾いている。
たっぷりと雨水を吸い込んだ制服は脱がされて、今は二枚の下着のみの姿だった。
女の子同士とは言え、あられもない姿を見られた事が気恥ずかしくて、
薔薇水晶はシーツの下で脚を擦り止せ、もそもそと身悶えした。

朱に染まった頬を見て、発熱に因るものと早合点した蒼星石が、医薬品の収められた棚から
『熱冷まシート』を持ち出してきて、薔薇水晶の額にペタンと貼り付けた。
だが、口元に浮かべた微笑みに相反して、蒼星石の眼差しは鋭い。
彼女の様子から、薔薇水晶は何らかの詰問がくるものと確信した。

「なにがあったの? まさか、自殺とか……バカなこと考えてたんじゃあないよね?」
「違うよ……そんなんじゃない」

即座に否定する薔薇水晶に、蒼星石も質問を畳みかける。

「だったら何故、授業時間中に、屋上なんかに居たのさ」
「…………だって」

薔薇水晶は、蒼星石に注いでいた視線を逸らして、窓の外を見遣った。
静まり返った室内で、窓を打つ雨の音だけが、ぱらぱらと時を刻む。
ガラス越しに流れ落ちる滴に、今も心で流し続けている涙を重ねて、小さく吐息。

吹き付ける風で、がたがたと揺れる窓を眺め続けて、数秒。
薔薇水晶は、キュッと唇を噛んで、ぽつりと呟いた。

「あんな教室には……居たくなかったから」

強い口調で紡ぎ出された、彼女の本音。
あからさまな嫌がらせは段々と減ってきているが、あくまで表向きのことだった。
目の届かない陰では、心ない連中に、どんな事をされているのか。
登下校の道すがら、擦れ違う人々に、どんな事を囁かれているのか。

当事者である薔薇水晶は、蒼星石たちが想像する以上に、辛い目に遭っているのだろう。
そして、独り、小さな身体に莫大な精神的苦痛を押し込めて、じっと堪えている。
蒼星石は、ただ薔薇水晶の側に居て、支えてあげることしか出来ない自分の非力が歯痒かった。
それは多分、他の友人たちも抱いている共通の感情だった。

重苦しい空気に包まれて、言葉を失う二人。
耳に届くのは雨だれと、扉や窓から侵入してくる湿った隙間風の悲鳴だけ。
今にも窒息するかと思われた矢先、保健室の扉が開かれ、威勢の良い声が室内に響いた。

「蒼星石ー、薔薇しぃの着替えと荷物を持って来たですよ」

その言葉どおり、翠星石は薔薇水晶のジャージと体操着、鞄を抱えていた。
薔薇水晶が目覚めていると気付くや、足音を響かせてベッド脇に歩み寄り、
腹立たしげに着替え一式を荒っぽく放り出した。
そして、腰に手を当て、威圧的に薔薇水晶を促した。

「なに、ボサッとしてるです! さっさと着替えやがれですっ!」
「ちょっと……やめなよ、姉さん。ごめんね、薔薇しぃ。
 今、ジュン君が保健の先生と一緒に、早退の連絡をしに職員室へ行ってるんだよ。
 迎えの人が来るまでに、帰り支度を済ませちゃわないとね。手伝おうか?」
「着替えくらい……独りで出来るよ」

薔薇水晶は熱が引き起こす目眩に堪えながら、翠星石と蒼星石の助力を断り、
手早く着替えを済ませた。


程なくして、車で乗り付けた執事の青年に連れられて、薔薇水晶は帰って行った。
翠星石と蒼星石、ジュンの三人は昇降口まで赴いて、
雨に霞む校門を出て行く車のテールランプを見送っていた。

「薔薇しぃの軽挙妄動には、腹が立つですよ。まったく……心配させやがるです」
「心労が嵩んでいたんだよ、きっと。眠ってる時も、だいぶ魘されてたからね」
「無理もないさ。早く、元気になってくれれば良いけどな」

翠星石と蒼星石の呟きに、ジュンは相槌を打った。
どれだけ精神的に強い者だろうと、彼女と同じ境遇に陥れば気疲れしない訳がない。
最悪、鬱状態に陥り、このまま引き籠もってしまうことだって……。

「取り敢えず、今夜にでも電話して、元気づけてみるよ」

その時にかける言葉を探しながら、ジュンは双子の姉妹を残して、教室へと引き返していった。



家路を急ぐ高級セダンの、柔らかなリアシートに深々と身体を預けて、
薔薇水晶は難儀そうに吐息した。頬が熱い。身体が火照っている。
にも拘わらず、一滴の汗も出ていなかった。喉もカラカラだ。
クラクラする感覚は、まるで波間に漂う小舟に乗せられているみたい。

「お嬢さま。お加減は、いかがですか?」

執事の青年、白崎が、ルームミラーを介して薔薇水晶を見つめていた。
怜悧そうな切れ長の眼差し。知性を感じさせる、広い額。
実際、外見に違わず、彼は優秀な人間だった。
七年前、身内を失った白崎を、父が引き取ってからは、その恩義に報いるべく尽くしている。
薔薇水晶と十も歳が離れていない若輩ながら、自らに科せられた役割を理解し、演じ続けていた。
そんな彼のことを、薔薇水晶は出会ったときから、如才ない男だと思っていた。

だが、それで嫌悪感を抱くような事は一切なく、寧ろ、その逆。
他愛ない質問をしても、いつだって親身になって応じてくれる白崎に対して、
薔薇水晶は実兄に寄せるような信頼と親近感を抱いていた。

――恐らくは、雪華綺晶も。


さっきの生々しい夢が脳裏を離れない。だから、薔薇水晶は白崎に話してみようと思った。
彼はいつでも、問題を解決する糸口を差し出してくれるから。
拍子抜けするほど、アッサリと。

「ねえ。白崎さんは…………夢を見る?」
「勿論ですとも。夢は現実世界の継続であり、願望の充足なのですから。
 言うなれば、自己防衛というものでしょうか。
 様々なストレスから魂を解放する為の、必要不可欠な作業なのです」
「ふぅん? 白崎さんでも、ストレスを感じたりするの?」
「それは……ヒドイ言い種ですねぇ。僕だってストレスぐらい感じますとも」

勿論、それは解っていた。彼だって、妹にも等しい雪華綺晶が行方不明になって、
心配している筈なのだ。執事の役を演じて、飄々と受け答えしていても、きっと。

途切れる、二人の会話。だが、彼の言葉は、彼女の期待を裏切らなかった。


  夢は現実世界の継続であり、願望の充足。
  様々なストレスから魂を解放する、必要不可欠な作業。


さっき、保健室で見た夢もまた、極度のストレスから逃れたい欲求が見せた、
幻想だったのかも知れない。自分が救われるために、姉と友人の無事を祈り、
世間の嫌疑を晴らしたいがために、彼女たちの帰還を願った。

全ては、自己満足のため。
ああ……なんて卑しく、浅ましい性根。


薔薇水晶は溜息を吐いて、車窓を叩く雨を物憂げに眺めた。
そんな彼女の横顔を、白崎が、鏡の中から観察している事に気付きもせず。



同じ頃――

雪華綺晶は横たわったまま、巴の身体を撫で回して、その滑らかな肌の感触を愉しんでいた。
汗も掻かないし、新陳代謝によって垢が浮くこともない、汚れを知らない乙女の柔肌。
喜ばしいことに、巴の身体は、柔らかさを取り戻しつつあった。
眠りに就いた時には、まだ硬直していたのに、今や関節を動かすことも思いのままだ。
もしかして、マッサージのお陰? なんて茶目っ気を見せながら、じっくりと慈しむ。
ここ最近、求めても得られなかった触感を、心ゆくまで堪能しながら……。

室温の高さも影響して、巴の身体は急速に死後硬直から抜け出し、軟化が始まっていた。
少しばかり饐えた臭いが漂いだしていたが、雪華綺晶の発する汗の臭いに紛れて、
どちらから放たれる臭気なのか、区別が付かなくなっていた。

「ああぁ……ステキ♪ なんて素敵なんですの、貴女は。どんな時も凛として――美しい。
 出会った時からずっと、貴女の美貌は……私の心を掴んで放さないのですわ」

雪華綺晶は、携帯電話のバックライトに浮かび上がる巴の横顔を、ぼんやりと眺めながら、
彼女の頬に指先を這わせて、顎の先まで、ゆっくりと撫で上げていった。
たったそれだけの行為なのに、愛おしさで胸が張り裂けそうだった。
もっと触れたい。もっと近付きたい。いっそ――ひとつになってしまいたい。

けれど、彼女の想いは長続きしない。身体が鉛のように重く……動かない。動きたくない。
空腹と疲労、薄くなっていく酸素量が、動き回ろうという意欲を、彼女から奪っていた。
毎日、毎日……何もかもが億劫で、寝ても醒めても横臥したまま。
身動きするのは精々、床擦れしないように寝返りを打つ時か、ささやかに巴を愛おしむ時だけ。

しかし、物憂げな彼女の瞳が、突如として意欲の光を宿した。

「……折角、動かせるようになったんですもの。たまには、着せ替え遊びをしましょうか」

肘を突き、久方ぶりに身体を起こした雪華綺晶は、巴の頸の下に腕を潜り込ませて、
壊れ物を扱うが如く、静かに抱え起こした。
後頭部が枕を離れると、巴の頭は仰け反って、白磁のような喉元が露わになった。

「あぅ……この眺めは、なかなかに扇情的ですわねぇ」

雪華綺晶は、巴の喉に吸い付いて貪りたくなる衝動を抑え、抱き起こす腕に力を込めた。
起こされるにつれて、反っていた頭が、がくり……と前に倒れる。


その瞬間、雪華綺晶は見てしまった。
白く、艶めかしい巴の首筋に現れた、黒ずんだ斑紋を。

汚れが付着しているのかと、指先で擦ってみたが、落ちるどころか薄れもしない。
唾液で指先を濡らして再び試みるも、結果は変わらず。
更に良く確かめるべく、携帯電話を掴んで、巴の首筋を照らしたところ――

「ひいっ!」

未だ嘗て目にしたことがない、おぞましい光景が、雪華綺晶の目の前に、さらけ出された。
首筋に浮かんだ黒い斑紋と同じモノが、巴の背中を、びっしりと埋め尽くしていたのだ。
いわゆる、死斑と呼ばれる穢れの烙印は、よくよく見れば背中だけに留まらず、
脇の下や太股の裏側、脹ら脛にまで、点々と刻み込まれていた。

「あ……ああ…………うあああああっ!」

雪華綺晶の喉から迸る、畏怖と驚愕、嫌悪と絶望が綯い交ぜになった叫び。
こんな事、あってはならない。絶対に、許容してはならない。
だが……『時』という現実は片時も休むことなく、冷酷に、無垢なる存在を犯していく。


「……止めて…………止めて止めてっ! 私の巴を汚さないでっ!」

血を吐くような叫び声をあげても、自然の摂理という蛮行は止まらない。
目の前で、今も尚、巴が蹂躙され続けている。
雪華綺晶にしてみれば、それは最早、神聖への冒涜。単なる犯罪行為にしか見えなかった。

壊されていく。
追い求めて、やっと手に入れた宝物が、為す術もなく略奪されていく。
なのに、自分は犯行現場に立ち会っていながら、何の抵抗も出来ない。
案山子みたいに突っ立って、ただただ指を銜えて、呆然と眺めているだけ。

「私は、なんて無力で――無様なんでしょう」

雪華綺晶は、敗北感に打ちひしがれながら、慟哭した。
狭い地下室に、彼女の泣き声だけが、えんえんと響く。

その、ほんの僅かな合間に――


  木偶の棒なのね……あなたは。
  わたしを護ってくれるんじゃなかったの? うそつき。


巴の呟きが聞こえた気がして、雪華綺晶は我に返った。


……そうだった。なぜ、言われるまで気付かなかったのだろう。
彼女の美しさを護れるのは、自分だけ。自分にのみ与えられた天職ではないか!
雪華綺晶は琥珀色の瞳を爛々と輝かせて、穢れから巴を護る術を模索し始めた。
巴という造形美を、永久に不可侵のものとする為の、最も効果的な手段を――


  ~第十四回に続く~

|