※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「名探偵カナン」

金「(犯人はわかったかしら!あとは時計型麻酔銃で・・・)」

チクッ!

「うっ・・・(バタ)」
金「(アッー!違う人にあたっちゃたかしらー!今度こそ・・・)」

チクッ!

み「うっ・・・・(バタ)」
金「(アッー!椅子じゃなくて床に倒れちゃったかしらー!)」

みっちゃんをカナンがおこす

金「(今度はこのネクタイで・・・)」
「おばかさぁん!」
金「(声まちがっちゃったかしらー!)」


たぶん・・・こんなかんじだとおもう・・・










ローゼンプロレス

30分1本勝負
 ○金糸雀
 (9分57秒 カナリアン・バックブリーカー)
 ×真紅
※ゴングを待たずに真紅がキチン真紅で奇襲を仕掛ける。
経験豊富な金糸雀はそれを冷静に捌く。
序盤、真紅は95℃やティーバッグハンマー等ラフファイトでペースを握り
金糸雀に掟破りの温玉クラッシャーを仕掛けるがこれは金糸雀が切り返す。
最後は金糸雀のスーパーウラカンカナ、本家温玉クラッシャー、
カナリアンバックブリーカーが決まり決着。









■30分1本勝負
 ○金糸雀
 (12分35秒カナリアンハンマー→体固め)
 ×真紅
※ゴングと同時に真紅は金糸雀にドロップキックを放ち先制攻撃を浴びせる。
金糸雀をリング外に落とし持ち前のスピードでかき回し有利に展開するが
金糸雀の五連パイプ椅子攻撃が炸裂、あたりは文字通り真紅に染まる。
のたうちまわる真紅をリングに押し込み、最後はカナリアンバックブリーカーから
カナリアンハンマーで勝利。









小テスト

金「策士には簡単かしら」

次の英単語の意味を書きなさい
LOVE(   )
SHINE(   )
PROFIT(   )
CUTIE(   )
CAR(   )

金(全部、忘れてしまったかしら、でも、策士の私なら大丈夫……きっと)

LOVE(策士)
SHINE(策士)
PROFIT(策士)
CUTIE(策士)
CAR(策士)

結果
金糸雀 20点









ジ「唄を忘れた金糸雀は後ろの山に棄てましょか?」
金「えっ!? ジュ……ン?」
蒼「いえいえそれはなりませぬ」
ジ「唄を忘れた金糸雀は背戸の小藪に埋けましょか」
金「どっどうしたのかしら?」
蒼「いえいえそれもなりませぬ」
ジ「唄を忘れた金糸雀は柳の鞭でぶちましょか」
金「(゜д゜)」
蒼「いえいえそれはかわいそう」
ジ「唄を忘れた金糸雀は象牙の船に銀の櫂、月夜の海に浮かべれば」
金「ジュン!!」
ジ「なんだ金糸雀か居たのか」
金「居たのか、じゃないかしら、一体何をしているのかしら」
ジ「何をってなぁ」
蒼「唄を歌っていただけだよ」
金「う……た?」
ジ「童謡の゙かなりや゙って唄だよ」
蒼「うん」
金「(゜д゜)」









のり姉ちゃんが泥棒を撃退するために鍋を使い鍋を泥棒の頭に打ちつけたら鍋が突き抜けてしまったので買いに来る。

J「安い鍋はないかなぁ…」
金「此処でやっとカナの登場かしらー!?」
J「お、出たな凸…。今日は卵焼きはないぞ。」
金「甘いかしら。何時までも消費される側にいることをこの策士のカナの気が許さないかしら。
  これから自分から生産して甘~い卵焼きを永久的に食べ続けるかしらー!!」
J「糖尿乙。っていうかそれでも食ったら消費してるのと同じだろ。」

僕は安い鍋を買って金糸雀は安い卵焼き用のフライパンを買った。

金「よーし、今から砂糖をジャンジャン入れるかしらー!!って卵がカルメラみたいになったかしらぁ!?」

J「次はカセット付きコンロだな。」

JUMの日記
金糸雀は何時か糖尿になるかたっぷりと肥えると思います。今日も平和な一日でした。








J「金糸雀」
金「何かしら」
J「デコ」
金「!!!ひどいかしら!イキナリ何言い出すのかしら!」
J「お前オデコ何ヘクタールあるんだよ」
金「泣くかしら!!!あんまりそんな事言うと泣くかしら!!!」
J「しっかし本当に広いな・・・そこまで広いと本当に芋とか育てられそうだな」
金「う・・・・うわぁぁぁん!!」
J「でも俺はそんなオデコは嫌いじゃない」
金「ぐすっ・・・JUM・・・・」
J「まぁ好きでもないが」
金「・・・・・・」







金糸雀がまだ小さい頃

金「おとーさまー」
ロ「ああ、金糸雀どうしたんだい?」
金「アリスがなんなのしらべたかしらー」
ロ「へぇー、えらいなぁ。金糸雀は」
金「でも、カナには炎の力とか幻覚をみせるちからはないかしらー」
ロ「そりゃ、学園ア○スだ」
金「まちがっちゃったかしらー」




金「おとーさまー」
ロ「ああ、金糸雀どうしたんだい?」
金「こんどこそアリスがなんなのか調べたかしらー」
ロ「へぇー、えらいなぁ。金糸雀は」
金「でも、カナはアリス能力者じゃないから
  終わらないアリスの物語をあつめるのは無理かしらー」
ロ「そりゃ、鍵姫物語 永久ア○ス輪舞曲だ」
金「またまちがえちゃったかしらー」








J「金糸雀ちょっと頼みがあるんだが」
金「何かしら」
J「この機械を見てくれ、どう思う?」
金「凄く・・・大きいかしら・・・」
J「よし入れ」
金「えぇ!怖いかしら!」
J「この知床地鶏の有精卵を1パックやろう」
金「さっさと始めるかしら」
J「よし、スイッチオンだ」
ヴォン
金「はわわわわわわ」
チーン
J「よし、成功だ」
金「何も変化無い・・・・なんか股がスースーする・・・ってパンツが無いかしら!」
J「これぞ俺が一晩かけて作ったマエストロパワーの集大成、『パンツ転送機』だホレ見てみろ(ヒラヒラ」
金「あ・・・それはカナのパンツ・・・・・・凄いかしらJUM!天才なのかしら!」
J「ははは・・・・・・兎に角実験は成功だ、協力感謝する・・・コレは約束の報酬だ」ヒョイ
金「あ・・・ありがとうかしら!地鶏かしら!有精卵かしら!」
J「それじゃあな」スタスタ


金「フンフフ~ン♪・・・・・・・・・・・・・・・あれ?」









金「世の中に天才と呼ばれる存在は3人いるかしら。
  まず一人目は進化論で有名なダーウィン
  次に二人目は昆虫記で有名なファーブル
  そして三人目はそう、この金糸雀かしら!」
J「・・・いいからヘッドバンキングしながらイエーイすんな。」








金糸雀は可愛い。
J「なぁ、ちょっとこの漢字を読んでくれよ」

つ 鳥滸がましい

金「うーろんがましい。かしら」
J「……」


金糸雀は可愛い。
J「なぁ、ちょっとこの英文を訳してくれよ」

つ The party was concluded with three cheers.

金「一団は3人のチアガールによって壊滅させられた。かしら」
J「………」


金糸雀は可愛い。
J「なぁ、この計算の答えを教えてくれ」

つ1+2×2

金「簡単、6かしら」
J「…………」



J「いやぁ、本当に金糸雀は可愛いなぁ」
金「照れるかしら~」





答:おこがましい パーティーは万歳三唱で結論づけられた5








金「暇かしらー」
ジ「そうか」
金「なにか面白いの教えてほしいかしらー」
ジ「うーん…愛と勇気とかしわ(ry」
金「それはこの間引っ掛かったかしら、もう騙されないかしら」
ジ「じゃあ…なつみSTEP」
金「それも聞いたかしらー。夜眠れなかったかしらー!」
ジ「じゃあー…こ~こはど~この箱庭じゃ、は?」
金「夏なのに寒気がしたかしらー」
ジ「うんと…ほかに怖いサイト…」
金「別に怖くなくても…」
ジ「そうだ!淫乱テディベアで検索してみろ」
金「い、いんらん…?えっちなサイトかしら…?」
ジ「いいからいいから」
金「わ、わかったかしら、Google先生かしら…淫乱テディベア…検索」









かしらああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

|