※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「一つ屋根の下 第十五話 JUMとアルバイト」


「麻○外務大臣の愛読書はローゼンメイデン!」
我が家の超大型・・・何型かは忘れたが、そのプラズマテレビを見ていた。時間はすでに夜の9時。
夕食も食べ終えて、僕らはリビングでボーっとテレビを見ていた。
「薔薇しーちゃん遅いですわね。」
チラッと時計を見てキラ姉ちゃんが言う。相変わらず薔薇姉ちゃんには過保護だ。
「薔薇水晶は今日はバイトではなかったかしら?」
真紅姉ちゃんが紅茶をすする。あ、そろそろ紅茶買ってこないとなかったなぁ。
「うよ・・・薔薇水晶ってバイトしてたの?」
ヒナ姉ちゃんは晩御飯が終わったというのにうにゅ~を頬張っている。ああ、ほらほら頬にアンコが・・・
「ヒナ姉ちゃん、アンコついてる。とるから動かないでね。」
僕はヒナ姉ちゃんの頬からアンコをとる。プニッと柔らかい。取ったアンコは折角だから僕は口に運ぶ。甘い。
「!?チビ苺!貰うですよ。もぐもぐ・・・あ、JUM。翠星石の頬にもアンコついちゃったですぅ~。」
わざとらしい・・・ものっそいわざとらしい・・・大人気ないよなぁ・・・うちの姉ちゃん達は・・・みんなやり始めるし。
「JUM、お姉ちゃんの頬もとってぇ~。手じゃなくて、舌でぺロって~。」
「JUM君、ぼ、僕も・・・その・・・できればでいいんだけどね・・・?」
「カナったらおドジかしら。ほっぺにアンコがついちゃったかしら~。」
「くっ・・・取ってもらいたい・・・でもはしたないのだわ・・・でも・・・っく・・・!」
「あら、いけませんわ。ついつい丸呑みしてしまいましたわ。」
「ぶやぉわあああああんん!!!ヒナのうにゅ~が~~~~!!」
ああ、我が家は相変わらず騒がしかった。後でみんなうにゅ~を買って返すように言っておこう。そんな時
「ただいま・・・・・」
薔薇姉ちゃんが手に荷物を持って帰ってきた。


「にひひ・・・みんな見て・・・買ってきた・・・『超機動戦記ローゼンガンダム メイデンVSアリス』~。」
ドラ○もんの真似をしたんだろうか・・・バーンとソレを取り出す薔薇姉ちゃん。
「お~。それ発売日今日だったっけ?確か・・・・」
「ううん、フラゲ。私は・・・早く出る店・・・知ってる・・・エッヘン・・・さ、やろやろ~。」
相当に早いですよ?薔薇姉ちゃん。確か発売日は三日後だ。薔薇姉ちゃんは嬉々としてPS2にディスクを
入れて起動させる。お馴染みのロゴがテレビに出る。
「へぇ~、今回は同じ機体でも武装でコストが違うのねぇ~。」
銀姉ちゃんが説明書を見ながら言う。なるほど、それで機体の少なさを補ってるわけだな。
「本当ですわ。キラキショウは通常とV・S・B・R装備では別機体扱いですわね。」
それを覗き込むようにキラ姉ちゃんが言う。
「早速トーナメントでもやるですぅ・・・敗者は・・・・チビの苺大福をコンビニに買いに行くですぅ~。」
「あら、それはいいわね。手間が省けるというものだわ。」
「お金はちゃんと各自持ちだよ。翠星石。」
すでにリビングはトーナメントムードだ。そんな中、僕に少しの疑問が浮かぶ。
薔薇姉ちゃんは好きなものに金を相当につぎ込んでる。それはいいんだけどさ・・・どこからそのお金出てる
んだろう?バイトしてるって言っても、高校生じゃせいぜい自給800円だぞ・・・
「確かに・・・それは疑問ねぇ・・・・」
ついつい声に出してたんだろうか。隣にいた銀姉ちゃんが同意してくる。
「私も疑問でしたわ。私なんて、食べ歩きですぐ使ってしまいますのに・・・」
それは貴方が悪いですよ?キラ姉ちゃん。
「明日も薔薇しーはバイトだったわよねぇ・・・妹が何のバイトしてるか知るのも姉の務め・・・・JUM、きらきー。
明日は少し薔薇しーを尾行するわよぉ。」
偉そうな事言ってるけど、結局は楽しそうだからだろうなぁ、銀姉ちゃんは。ちなみに、トーナメントは言いだしっぺ
の翠姉ちゃんの最下位で終わった。


翌日、僕は銀姉ちゃんとキラ姉ちゃんと校門で待ち合わせをしていた。薔薇姉ちゃんは学校帰りにそのまま
バイトに行く。ならば、つけるならそこしかない。
「てかさ、姉妹のバイト先くらい把握しとこうよ。」
「いいじゃなぁい。道に反しなければああだこうだ言うつもりないわぁ。」
「あ、あそこの角を曲がりましたわよ?行きましょう。」
僕らは尾行していく。男一人と女二人。組み合わせ的にも何もかもがおかしい。
そして、行き着いた先。そこには『メイド喫茶 ラプラス』と看板が立てられていた。
「めいどきっさ・・・・」
僕は少しだけ唖然とした。薔薇姉ちゃんは家ではともかく、外ではあまり喋らない。接客には正直一番
不向きな気がしていた。
「・・・薔薇しーが接客・・・・大丈夫なのかしらぁ・・・・」
銀姉ちゃんも同様のようだ。薔薇姉ちゃんは舌ったらずで滑舌も悪い。それが接客とは・・・
「とりあえず入ってみましょう?」
キラ姉ちゃんが店のドアを開ける。中は案外普通の喫茶店のようだった。もっとも客層はまぁ・・・うん・・・
って感じの人が多い気がするが。
「いらっしゃいませ。ラプラスへようこそ。お客様三名様ですか?当店は初めてで?」
眼鏡をかけた男の人が僕らに寄ってくる。恐らく、店長だろう。
「あ・・えっと・・・薔薇ねえ・・じゃない。薔薇水晶さんは・・・」
「おや、御目が高い。薔薇しーちゃんは今来たばかりですよ。御指名ですか?」
「あのぉ、私達あの子の姉妹なんですけどぉ・・・・」
銀姉ちゃんが言う。すると、その男の人は僕らを見ながら笑った。
「成る程、薔薇しーちゃんの姉妹の方でしたか。それはそれは・・・では、とりあえずこちらへ。」
僕らはその人につれられ席についた。


「失礼します・・・あれ?JUM、銀ちゃん、きらきー・・・」
しばらく待ってると「めいどふく」って言うのかな・・・アレを来た薔薇姉ちゃんが現れた。露出は少なめなのは
どことなく安心した。
「どうやら心配かけてたみたいだよ?折角だから説明してあげなさい。あ、私、此処の店長の白崎と申します。」
スッと名刺を出してくる。ほんとだ。メイド喫茶ラプラス店長、白崎って書いてある・・・
「うん、心配かけてごめんね・・・あのね・・・私も高校生になったし・・・欲しいものが色々あるから・・・
バイトしようって思ってたの・・・そしたらね・・・・白崎さんに会って・・・」
薔薇姉ちゃんが相変わらず訥々と話してくれる。僕らは出された飲み物を飲みながら聞いている。
「白崎さんは・・・私の前のお父様の・・・知り合いでね・・よかったらどうかって・・・私も小さい時白崎さんには
会ってたから・・・安心かなって・・・黙ってたのは・・・ごめんなさい・・・」
ペコリと薔薇姉ちゃんは頭を下げる。要するに・・・ごく普通の理由ってわけですか。
「なるほどねぇ・・・まぁ私もたまに雑誌のモデルとかやってるからぁ・・・いいんじゃなぁい?働くのは。」
「そうですわね。私も、たまに遠征して賞金つきのお店を漁って稼いでおりますし♪」
キラ姉ちゃんのは何か違う気がします。
「まぁ・・・僕もその・・・余りに薔薇姉ちゃんの金回りがいいから・・いかがわしいのじゃなくてよかったよ。」
「ソレは大丈夫・・・JUM以外に触られたら・・・殺すから♪」
物騒な事を笑顔で言わないで下さい。話も一段落し、白崎さんが来る。
「いや~、許してもらえてよかったですよぉ。何せ今看板娘ですからね。そうだ、お姉さん方も如何ですか?
うちはハイレベルが売りですからね。時給1200円出しますよ?」
1200!?高校生でか!?マ○クとかなんか、下手したら700円切るぞ!?金回りいいはずだ・・・
「あらぁ、悪くないわねぇ・・・考えておくわぁ~。」
「ええ、是非。特にお盆は人手が厳しいですからね。1500いきますよ?まぁ、今日はゆっくりしてください。」
そう言って白崎さんはバックに戻っていった。
「せっかくですし、何か頂きましょう?今日は財布もお金も完璧ですわ。」
キラ姉ちゃんが財布の中を見せる。諭吉さんが何枚も眠っていた。
「うん・・・そうして・・・えへ、ご主人様ぁ~~♪」
そう言って、メイドさんは僕に抱きついてきた。そんな放課後の出来事だった。
END

|