※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ジリリリと目覚ましの響く音で目を覚まします
いつもとは違う朝に戸惑いを覚えながら眠い目を擦ります
昨日の早朝メグが昏睡状態から奇跡的に回復すると同時に緊急検査が
おこなわれました
検査の結果は異常なし、そして驚くことに心臓の病気が消えているということで
病院内は大騒ぎです
けど、メグには全部わかっていました

メグ:パパ、ママおはよう
笑顔で挨拶すると向こうからも笑顔でおはよう、と挨拶が返ってきました
キッチンからはベーコンの焼ける良い匂いが鼻をくすぐります

メグは退院しました
昏睡状態との連絡を受けて海外で仕事をしている両親が駆けつけてきたのです
メグは泣きました
泣いて泣いて涙が出なくなって声を枯らしながらパパとママに来てくれてありがとう、
そして今までごめんなさい、と自分の気持を伝えることができました
そのときはパパとママも泣いていました
そして二人は決めました、もう二度と自分の娘から逃げないということを
二人はメグに拒絶されたため逃げたことを謝りました
そして今度はお願いをしました、日本で一緒に暮らしてほしい、と

メグ:天気が良いから少しお散歩してくるね
お天気が良いのも散歩に行く理由の一つですがメグには
まだ心残りがありました

ママ:病み上がりなんだからあんまり無理しちゃだめよ
その言葉にメグは元気良く返事をして外へ出ます
一人で外を散歩するのは初めてのことなのでメグには
目に映るすべてのことが新鮮なものに見えました
しばしメグは外の世界を堪能します

メグ:いつも見ていた風景だ…
メグは病院の部屋から何年間も眺め続けていた景色に目を向けます
外の世界はこんなにも変わって見えるんだということが
メグにはたまらなくうれしいのです
そしてメグはある小学校の前に来ました
来月からメグの通う初めての学校
そして、水銀燈の通っていたはずの学校です

メグ:ねえ、水銀燈って女の子知ってるかな
女の子:知らないよ

メグ:あなた水銀燈って女の子知ってる
男の子:誰それ?変な名前~

初めは校庭で遊んでいる子達から先生に聞くと全てが分かってしまうから
けれど、職員室はもう目と鼻の先でした
軽くノックして中に入ります

メグ:すみません、水銀燈って生徒はいますか
学校の先生:え~と、そんな名前の生徒はこの学校にはいないわね

やっぱり水銀燈はいなくなってしまった
誰も覚えていない
酷いよ
私だけこんな悲しい思いをするなんて
水銀燈…会いたいよ

メグはとぼとぼと歩いていると最後の手がかりの場所に来ました
昨日までずっと入院していた病院の一室
水銀燈と初めて出会った場所です

メグ:お祝い…できなかったね…せっかく病気が治ったのに、もう一緒に遊ぶことも
雪を見ることもできなくなっちゃったね

ガチャリとメグのいる病室が扉が開きます
一瞬まさか、と思いましたがそこにいたのは看護婦さんでした
看護婦さん:メグちゃん?どうしたの、せっかく退院できたのにこんなところで

メグはもう退院しているからもう部外者です
看護婦さんにそう言われて部屋を出ようとしました

看護婦さん:あ、待って これ忘れ物よ
差し出されたのは1冊の絵本です

メグ:これは…
看護婦さんから渡されたものは紛れもなく水銀燈が持って返ったはずの絵本でした

看護婦さん:部屋に置いてあったわよ、それにしても著者名も何も
記されてない絵本なんて初めて見たわ
看護婦さんは病み上がりなんだからすぐに帰るのよ、と言って
部屋を後にします

メグ:水銀燈との思い出か…よく考えたら私あの子に辛くばかり当たっていたのよね…
もう少し優しくしてあげれば良かった…あんなに一緒にいたのに二人の思い出も
この絵本しか残ってないなんて…

メグは絵本を開きパラリとページをめくります

すると

メグ:ぷっ、あはは…なんだ…そうだったんだ
メグは優しく笑います
その瞳には光るものが見えました

メグ:そっか…水銀燈、あなたは…




小さな町の

小さな病院の

小さな病室で

小さな小窓から

小さな景色を観ている女の子がいました

緑の瞳
頭には大きな花のブローチ

悲しい目をした少女は寂しさを紛らわすため今日も独りで
大好きなバイオリンを演奏します

ふと、扉が静かにがちゃりと開きました
目を向けるとそこには銀髪の女の子が一人

「すてきなえんそうね、もっときかせてほしいな」

幸せは

終わりません

|