※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~第12話 満月は狼男の日~
ウォォォォオオオン!
廊下には相変わらず、狼の鳴き声が響いていた。
ジュン達は恐る恐る声のする方へ歩いていった。
そしてついに、声のする部屋まで辿り付いた。
翠「ちょっと怖いですぅ」
金「カナの作戦を実行すればこんな目に遭わなかったのに…」
金糸雀はまだ自分の作戦が実行されなかったことに妬んでいるようだ。
ジュン達はドアからこっそりと、部屋の中を覗いた。
梅「桜田達だろ?隠れる必要は無いぞ」
全員「!!!」
どうやら、梅岡に気づかれてしまった。
梅「決着でもつけに来たのか?」
ジ「あぁ、そうさ!梅岡!決着をつけろ」
梅「くっくっく、俺と決着をつける?冗談にしては笑えるな」
ジ「冗談じゃない!僕は本気だ!みんなも本気なんだぞ!」
梅「止めておけ。お前ら全員死ぬぞ?」
真「貴方を倒すために来たのだからそれくらいの覚悟はできているのだわ!」
水「貴方こそ死んでしまうんじゃなぁい?」
蒼「お前と戦うことに意味があるんだ!」
梅「…1つ聞くがお前らは何のためにここまで来たんだ?」


梅岡は不気味な笑みを浮かべながら問い詰めてきた。
真「くんくん(人間)のために」
水「めぐのためよぉ!」
翠・蒼「おじじとおばばのため(ですぅ)」
雛「うにゅー、じゃなくて巴のためなのぉ~」
金「みっちゃんのために」
薔「…お父様と(ジュンと)」
雪「お兄様のため!」
ジ「僕はのりとお前を倒すためにここまで来た!」
梅「……そうか」
梅岡は何かを納得したように椅子に座った。と、同時にジュンが倒れこんだ。
ジ「ぐっ!?」
一同「ジュン!?どうしたの?」
ジ「どうやら梅岡は指弾を使えるらしいな…」
梅「フハハハハ!やっぱりお前は甘い。そして弱すぎるぞ桜田!
  お前の親父の方が数十倍強かったな!まっ、俺の敵では無かったけど」
ジ「!どういうことだ?親父のことを知ってるのか?話せ!」
梅「良いだろう。地獄への土産話として聞かせてやろう…
  実はお前の一族と俺の一族、つまり昔から吸血鬼と狼男は対立し合っていた。
  しかし勝負は一向につかなかったため、その戦いは現代も子孫に受け継がれて来た。
  お前の親父と俺も戦ってきた。そしてとうとう俺がお前の親父に勝ったんだ!」
ジ「嘘だ!僕の親父がお前に負けるもんか!」
梅「確かにお前の親父さんは強かった。しかし勝ったことは事実だ。残念だな」
ジ「くっ!親父に勝ったのならなぜ僕にまで手を出す必要がある?
  親父に勝ってもまだ何か足らなかったのかよ!」
梅「お前は吸血鬼の子孫だ!俺の使命は昔から対立し合っていた愚者どもを、
  その肉の最後の一片までも絶滅すること!お前も絶滅される運命なんだよ!
  ついでに言うがお前の親父は交通事故で死んではいない」


ジ「えっ?」
梅「俺が止めを刺したのだからな!」
ジ「なっ!?」
梅「確かにお前の親父は交通事故に遭った。しかし、お前の親父は普通の人間とは違う。
  奴も吸血鬼だったからな。トラックに撥ねられても、骨が一本折れる程度だな。
  お前の親父は運悪く足の骨を折ってしまった。そこで俺が止めを刺したのさ」
ジ「………」
真「何て事を…」
水「酷いわぁ」
蒼「生き物のする事じゃない」
梅「ふん、何度でも言え!どうせお前らも同じ運命を辿るのだからな」
一同「!!?」
梅「今は満月。俺は満月のときこそ力を最大限に発揮できる。満月は俺の日だ!」
真「ジュン、早くコイツを…」
ジ「そうか、親父は事故死じゃないんだ…梅岡に殺られたんだ…
  梅岡が僕の目の前に現れた時のために親父は鍛えてくれたんだ…アハハハハッ!」
真「ジュン?」
梅「ふん、もうそいつは終わりだな!親父の死の真相を知って頭が可笑しくなったんだろう。
  さ~て、まずお前らから始末させてもらうか」
梅岡が薔薇乙女達に近づいてきた。
真「来るわ!行くわよみんな!」
一同「おっー!」
真紅は薔薇の花びらで梅岡の視界を奪いながら攻撃し、
水銀燈は黒い羽をダーツのように飛ばし、蒼星石は鋏で梅岡を切りかかり、
翠星石は如雨露の水で木を生やして攻撃し、雛苺は薔薇のつるで梅岡をまき付け、
金糸雀はバイオリンの演奏でみんなに力を与え、薔薇水晶は水晶で攻撃し、
雪華綺晶は梅岡に幻覚を見せた。
しかし、どの攻撃も梅岡には効いていなかった。


梅「もはやお前らは赤子同然!食らえ!」
ビッ!
梅岡は指弾を打ってきた。
指弾の弾は薔薇乙女達をかすめた。
しかし運悪く、蒼星石は心臓近くの部分に当たった。
蒼「ぐはっ!」
蒼星石はその場に倒れこんでしまった。
翠「蒼星石!しっかりするですぅ」
1番始めに翠星石が近づいてきた。
一同「蒼星石ぃ~!」
翠星石に続きみんなも近づいてきた。
翠「蒼星石!もう大丈夫ですぅ!翠星石が傷を治してやるですぅ」
翠星石は如雨露から水を出した。
しかし、蒼星石の傷が深いためか傷は治らなかった。
蒼「翠星石…僕がいなくなっても…元気で…」
翠「そんなこと絶対に無いことですぅ!」
翠星石の目からは大粒の涙が流れていた。
その時翠星石の肩にそっと手をのせる者がいた。
ジュンだった。
ジ「蒼星石、翠星石。僕が治してあげるから心配するな」
翠「ちび人間?」
ジ「あまりみんなの前では使いたくなかったが…仕方ない!」
ジュンは蒼星石に優しくキスをした。
蒼「んっ!?ジ…ジュン君!?」
翠「ちび人間こんなときに何を…」
薔「ジュンが…他の女と…」
薔薇水晶はショックでその場に座り込んでしまった。
水銀燈の時のようにジュンと蒼星石の体は回復していった。


真「これは…一体?」
水「そうだわぁ!あの時、私も蒼星石のようにジュンがキスを…」
翠「ちび人間…がこんな…」
雛「ジュン凄いのぉ~」
金「世の中変わった人が多いのかしら~」
雪「それがジュン君の特殊能力というわけですね」
蒼「あ…ありがとう…ジュン君///」
ジ「ど…どういたしまして///」
薔「メラメラL(゜皿゜メ)」」
薔薇水晶から凄い殺気が感じられるのは気にしないでおこう…
梅「貴様…いつ正気に戻った?」
ジ「そんなことはどうでもいいんだよ!」
梅「ちっ、兎のバカが!こんな無駄な能力を与えやがって!」
ジ「とにかく、梅岡!お前はもう絶対に許さねぇ!僕と一対一の決着をつけろ!」
梅「…お前にできるかな?」
一対一の真剣勝負の始まりだ!


次回~吸血鬼VS狼男~に続く

|