※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「一つ屋根の下 第十四話 JUMとお勉強」


「ん~・・・覚えにくいな・・・これ・・・」
僕は現在リビングで一人で勉強していた。まぁ、理由は簡単だ。定期テストが近い。
「えーっと、太陽に近い順から・・・水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星・・・
あー・・・わかんねぇっての・・・」
僕はグシャグシャと頭をかく。リビングには僕一人で静かだ。姉ちゃん達は多分それぞれ自分の部屋で
やってるんだろう。そうじゃないと、主に銀姉ちゃんが好んで妨害してくるし。
「あらぁ、JUM?」
そして、その悪魔の声がする。振り返ると当然のように銀姉ちゃんだった。お風呂上りなのか、髪をアップに
していて、ネグリジェで包んだ体からはほのかな湯気があがっている。どこか全身紅潮しており、色っぽい。
「銀姉ちゃん、お風呂だったの?」
「そうよぉ~・・・JUMはお勉強中?」
銀姉ちゃんが隣に座って体を寄せてくる。シャンプーとボディソープの香りにクラクラしてしまいそうになる。
だらしなくはだけたネグリジェの胸元からは・・・・って・・・・
「あの・・・つかぬ事をお伺いしますが・・・・銀姉様?その・・・下着は・・・・」
「つけてないわよぉ~?このネグリジェはちゃんとバストの形も整えてくれるものぉ。
あれぇ、もしかしてJUM・・・興奮しちゃった~?」
ニヤニヤしながら銀姉ちゃんが言う。そりゃするさ。僕だって弟の前に男だし・・・豊かな胸とその先端に
ツンとしたピンクの突起が見えたら興奮するでしょ。
「うっ・・・お、弟の前でそんな格好するなって・・・」
負け惜しみだ。間違いなく。自分で分かる。声がどもってるもん。
「ふふっ、JUMのエッチ~。そうだ・・・せっかくだからJUM・・・ここで保健体育教えてあ・げ・る♪」
「えっ、やめ、うわあああああああ!!!」
銀姉ちゃんが僕を押し倒す。僕の上に覆いかぶさった銀姉ちゃんは妖艶な笑みを浮かべていた・・・が。
「水銀燈!JUMのジャマしないの!」
次の瞬間耳を思い切り真紅姉ちゃんに引っ張られていた。


「いたぁい!何ってJUMに保健体育を・・・」
「そんなの教科書見ながらでいいのだわ。JUMも鼻の下伸ばして・・・ドコ見てるの?」
銀姉ちゃんの胸です・・・とは怖くていえない。明らかに死亡フラグだ。
「あー・・・保健はいいよ。ある程度とれるから。それより地学がね・・・」
とりあえず僕は誤魔化す。キッチンでカチャカチャと音がする。珍しく真紅姉ちゃんが自分で紅茶淹れてるのか。
「ふふっ、JUMったら勉強しないでも保健取れるなんて何かエッチよぉ~?」
「ほっといてくれよ・・・これ・・・太陽から近い順が覚えにくくてさ・・・」
銀姉ちゃんはツーッと目で教科書を見る。
「こんなの簡単よぉ。水金地火木土天海冥で覚えなさぁい。語呂もリズムもいいでしょぉ?」
「すいきんちかもくどってんかいめい、かぁ・・・これならいいかも!ありがと、銀姉ちゃん。」
「どういたしましてぇ・・・あ、こういうのもあるわよぉ?」
銀姉ちゃんが少し真紅姉ちゃんを見てニヤリとする。
「銀キラ蒼翠薔薇カナヒナ紅。うっふふふふぅ~。」
ん?さっきと似てる気がするけど・・・なんだ?これ。
「不等式にするとぉ・・・銀>キラ>蒼>翠>薔薇>>カナ>ヒナ>>>>>>>>>紅ねぇ。」
あ、何か分かった気がする・・・けど、一応聞こう。
「銀姉ちゃん?これは・・・・?」
「戦闘力(バスト)の大きい順よぉ。あ、JUMを入れると銀>キラ>蒼>翠>薔薇>>カナ>ヒナ>>JUM
>>>>>>紅かしらぁ?ふっふふふふ・・・・いたぁい!」
銀姉ちゃんがサラサラとノートに書いていく。しかし、その時銀姉ちゃんの後頭部を掴む腕があった。
「面白いわね、水銀燈。是非私の部屋でゆっくり話を聞きたいものなのだわ。さ、いきましょうか・・・・」
ズルズルと右腕一本で銀姉ちゃんを引きずっていく赤鬼、真紅姉ちゃん。
「いやぁ・・・JUM、助けてぇ~・・・いたぁい、頭割れちゃうじゃなぁい・・・」
「一回割ってその脳味噌引きずりだしてやるのだわ。」
僕は哀願する銀姉ちゃんを見送る。触らぬ真紅になんとやら・・・だ。


「うーん・・・高校は数学も難しいよなぁ・・・」
僕は今度は数学で頭を悩ましていた。すると、小さい体が僕の目の前を覆った。
「JUM、お勉強かしら?感心感心。」
カナ姉ちゃんだった。まだお風呂は入ってないらしく、服も家着だ。
「うん、そうなんだけど・・・数学がわからなくてさぁ。」
「どれどれ・・・あ、これなら・・・これを・・・こうして・・・・こうかしら。」
カナ姉ちゃんがノートを使ってスラスラと問題を解いていく。
「わぁ、カナ姉ちゃん凄い。こんな簡単に・・・・」
「ふっふっふ、当然かしら~。何なら今日はJUMに勉強教えてあげるかしら~。」
願ってもない申し出だった。日頃の行動を見てるとすっかり忘れてしまうが、カナ姉ちゃんはそれこそ阿呆みたいに
頭がいい。教え方も悪くない。最高の家庭教師だった。僕はあっと言う間にとき方を身に付けて行く。
「ふぅ~・・・カナ姉ちゃんのお陰で助かったよ。ありがと。」
「どういたしまして。弟のピンチを助けるのは当たり前かしら~。」
そう言ってカナ姉ちゃんはその小さな胸を張る。
「でも、本当助かったよ・・・そうだ、カナ姉ちゃんに何かお礼するよ。まぁ、僕が出来る範囲でだけど・・・
何がいい?玉子焼き作ろうか?」
「え?いいのかしら?ええと・・・ん~と・・・・」
カナ姉ちゃんはうーんと頭を抱えて考えてる。そして、ポンと手を打つと少し顔を赤らめて言った。
「じゃあ・・・抱っこして・・・ナデナデして欲しい・・・かしらぁ・・・」
「んと・・・それでいいの?」
僕はカナ姉ちゃんに聞く。まぁ・・・これくらいなら出来る範囲・・・だよね?
「それがいいかしら~・・・」


僕はカナ姉ちゃんを抱っこする。まぁ、正面から抱きしめるような形だけど。そして、頭をゆっくりと撫でた。
「ふにゃ・・・気持ちいいかしら~・・・・」
僕の胸元でカナ姉ちゃんがもぞもぞする。小さな体が完全に僕の腕に収まっている。
「えへへ・・・JUM・・・大好きかしらぁ・・・・」
そのまま眠ってしまいそうな声でカナ姉ちゃんは言った。


翌日・・・僕は後悔した・・・せめて口止めしておけばよかった。カナ姉ちゃんにした事はあっと言う間に他の
姉ちゃん達に知れるところとなったのだった。
「JUM、昨日お姉ちゃんが教えてあげたわよねぇ?だから、抱っこ抱っこ~♪」
「JUM!翠星石が家庭科教えてやるです。べ、別にお礼の見返りなんて期待してねーですよ?」
「JUM君・・・その・・・今日は一緒に勉強しない?できれば・・・二人っきりで・・・」
「JUM、紅茶の入れ方を教えてあげるのだわ。だから、お礼に毎日私に淹れなさい。」
「JU~M、ヒナがお勉強教えてあげるの~。だから抱っこして~。」
「JUM、美味しく頂くコツを教えてあげますわ。覚えたら、早速私で実戦してみましょう。」
「JUM、保健は、体育とおなじ・・・だから・・・実戦が一番・・・」
ああ、騒がしい・・・今度からは絶対口止めしとこう・・・僕はそう誓うのだった。
END

|