※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 彼女の話を聞いていると、私の知識など彼女の足元にも及ばないと思ってしまうのはい
つものこと。別にそれは、気になることではない。

 見せてもらったスケッチブックの一頁。彼女自身は心理学に明るくないから、私の所へ
持ってきたのだろう。素人目から見ても、凡そ予想はつくであろう代物ではあるのだけれ
ど。

 ひとつの、否定。存在の否定とは、個人にとっては耐え難いダメージに成り得る。彼女
の言動からして、まだ『参っている』ような様子は見られない。なんといっても、付き合
いは長いだろうから。

 私がその解決に乗り出すという行為は、恐らくおこがましいこと。だから私は、見守る
ポジションに立とうと思う。焦らず、じっくりと。



・黒という否定
・透明という虚無
・そのどちらを持ち合わせた存在
・同じ世界。私達はそれでも、同じ世界に居る
|