※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これは、かつて存在した薔薇咲き誇る国と、
八人の乙女、そして1人の軍師の物語である。

「薔薇乙女戦記」

かつて、大陸の数ある国々の中で栄華を誇っていたのも今は昔のこと。
薔薇咲き誇る国と呼ばれた「アリス・ケーニクライヒ」は、今や衰退し、
ただの小国に成り下がっていた。
数年前、国王ローゼンの崩御により、王位を継承した王女、雪華綺晶。
彼女は、部下たちに支えられ、王家に仕える錬金術師エンジュの
助言のもと、かろうじて政治を行っていた。

以前の国王たちの時代では、大きな国土を保有していたが、
今では周辺国の圧力によって国境は狭まり、寂れてしまっていた。
そして、さらに今、世界は再び争いの混乱の中に巻き込まれようとしていたのである。

そして、運命は動き始める。


キャラクター紹介
ジュン
国境近くの領地を治める貴族、サクラダ家の当主。
日々悪化していく国内情勢、そして国外からの圧力という
状況を打破すべく、1人打開策を練っていた。
「本日お目通りを願ったのは他でもありません。
この国の今後についてです。」

水銀燈
アリス・ケーニクライヒの騎士。
もとは貴族の令嬢だったが、自ら志願し騎士になる。
剣の腕では右に出る者はいないといわれるほどの実力で、
兵たちからの信頼もあつい。
「戦場の黒き天使」の異名を持つ。
愛馬メイメイを駆る。
「天使よぉ…。黒き天使があなたたちを地獄へ送ってあげるわぁ…」

真紅
水銀燈と同じく、もとは貴族の令嬢だったが志願して騎士になる。
水銀燈のよき友でありライバル。
「戦場に煌めく紅玉」と呼ばれる。
愛馬ホーリエを駆る。「ジュン、私たちの戦い、そこで見ているのだわ」

蒼星石
双子の姉の翠星石を守る力を得るため騎士に志願した。
「蒼き鋼鉄の旋風」と呼ばれる。
主に切り込み隊長的な役割を果たす。
「僕が絶対に君を守ってみせる」

翠星石
蒼星石とは双子の姉妹。
王国で錬金術や魔術の研究を行っている。
薬学や医学の発展に努め、王国付きの錬金術師エンジュに弟子入りした。
「チビに言われなくても、とっておきを作ってやるです!」

薔薇水晶
王国付きの錬金術師エンジュの1人娘。
普段は物静かで何を考えているかわからないが、薬や医学に対する知識は豊富。
「…私も戦う。…この国のために

金糸雀
王国に仕える騎士。
本来の務めは敵情視察や情報収集。
普段からそそっかしくミスも多いが、本人はめげずに任務に励んでいる。
ピチカートという主に伝令用の鷹を飼っている。
「敵の視察ならお任せかしら~♪」

雛苺
騎士見習い。
主に真紅や水銀燈の身の周りの世話が仕事だが、子供っぽく、
仕事よりは周りにトラブルや迷惑を持ち込む。
良くも悪くもムードメーカー。
「みんなっ!あいとっ!あいとなのーっ!」

雪華綺晶
アリス・ケーニクライヒの王女。
まだ王位について日が浅く、世間知らずな部分が多い。
父王ローゼンの相談役だったエンジュから助言をもらい、
王国の政治を行っている。
「民のため、そして私を支えてくれる者たちのため、
この戦いに負けるわけにはいきません!」

エンジュ
王国付きの錬金術師。
薔薇水晶の父親で娘を溺愛している。
娘のことになると我を忘れるが、腕は確かで医術の発展に貢献している。

|