※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第14話「翠星石の想い」


-翠蒼宅-

翠「?!、この音はヘリコプター?!」

窓をみると3人がいた・・・・

翠「あ、ジュンに巴にめぐ!」

タタタタタタタタ・・・・

翠星石は急ぎ足で2階の階段を駆け下りてった

ガチャッ!

翠「ジュン!!!!!!」

ジュンはちょうどヘリにのるとこだった・・・

JUM「翠星石?・・・・」

翠星石はパジャマのままでてきていた

翠「ジュン・・・待つですぅ・・・ふぅ」

JUM「翠星石・・・」

翠「昨日の返事・・・いわせろですぅ!(/////)」

JUM「えっ?・・・」

巴・めぐ「私達はさきにヘリにのってるわね(おおーとうとうそうなのか?)」

JUM「あ、ああ」

翠「翠星石もジュンのこと好きですぅ!だから付き合ってほしいですぅ!」

JUM
「でも、僕はShadow Assassinも裏切れないし
翠星石を危険にさらしたくない・・・」

翠「な、なら翠星石もShadow Assassinにはいるですぅ!!」

JUM「えっ?!」

巴・めぐ「(おおー翠星石ヤルネーヤルネー)」


「だから・・・だから・・・翠星石の側に
ずっといやがれですぅ!!!(/////)」

JUM「翠星石・・・」

翠「だめ・・・ですか?・・・・」

JUM「これが返事だよ・・・・(ちゅっ)」

JUMは翠星石の唇にキスをした・・・・

翠「ふぇっ?!(/////)」

JUM
「でも、僕達の仲間になるからには蒼星石とか
にもあえにくくなるけどいいか?」

翠「それなら、蒼星石も誘うですぅ!」

JUM「はい?・・・」

翠「だから蒼星石も誘うですぅ」

JUM「え・・・でも・・・」

蒼「僕はいいよ」

一同「?!」

翠「そ、蒼星石いつからいたんですぅ?!」

蒼「翠星石が告白してたところくらいから」

JUM「(//////)」

蒼「外が五月蝿くてでてきたら・・・ふふ、よかったね翠星石、ジュン君」

翠「(//////)」

のり「ふふ、それじゃあ、二人とも準備して」

翠・蒼「はい!(ですぅ)」

・・・・そして

-Shadow Assassin本部-

紅「へぇーひろいのね」

雛「ひろいのー!」

翠「ひろいですぅ」

蒼「5人しかいなかったのにひろいね」

JUM「ちょっとマテ、なんで真紅達まで・・・・」

紅「翠星石と蒼星石だけはずるいのだわ」

雛「みんないっしょなのー!」

翠星石が電話で真紅達にはなしたため
ついてきてしまったようだ

のり「みっちゃん、入りたいって人つれてきたわよー」

みっちゃん「きゃー!かわいいーOK合格よ!」

JUM「・・・・・でも、訓練は厳しいぞ・・・」

翠「覚悟はできてるですぅ!ジュンの側にいれるなら・・・(////)」

JUM「翠星石・・・(////)」

雛「翠星石とジュンラブラブなのー」

紅「まったく、場所をわきまえろなのだわ」

巴「くすくす」

めぐ「さあて久しぶりに武器でも開発しますか・・・」

その夜・・・

コンコン

JUM「ん?だれだ?」

翠「翠星石ですぅ」

JUM「翠星石かどうしたんだ?」

翠「ちょっとあいたくなっただけですぅ(////)」

JUM「そうか・・・・(ぎゅっ)」

翠「ジュン?・・・(/////)」

JUM「後悔はしてないんだな?」

翠「うん・・・ジュンは翠星石がついてないとダメダメですから・・・」

JUM「ありがとう・・・・大好きだよ翠星石」

翠「翠星石もジュン大好きですぅ・・・」

そして二人は長いキスをした・・・

翠「ん・・・・ジュン(/////)」

JUM「翠星石・・・・(/////)」

翠「き、今日は添い寝してやるですぅ!(////)」

JUM「いや、蒼星石がいうに翠星石は寝相が・・・(バコ!)」

JUMはベットの上に気絶した・・・(殴られて・・・)

翠「文句言わずに一緒に寝るですぅ♪(/////)」

こんなこんなでラブラブな翠星石とジュンであった
「秘密組織-Shadow Assassin-」これで終わり(かもしれない)


おまけ


蒼星石の武器

巨大十字手裏剣(ユ○ィの如く!)


雛苺の武器

小太刀二刀流(いやー小太刀がすきなんで・・・)


真紅の武器

グローブ(必殺絆ックルは協力だ)


翠星石の武器

翠星石だけおもいつきません(いや、手抜きじゃなくて・・・)
|