※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

太陽のひかりが窓から入ってきます
朝を訪れを告げる太陽のひかりは町のみんなを元気にしまてくれます
けどメグはこのひかりが嫌いでした

メグ:うっ…ん
ひかりに起こされたメグはふぅとため息をつきます
メグの1日は点滴をとりかえることから始まり
そのあと看護婦さんが持ってきた味のない食事を食べ終えると1日の中で
いちばん長い時間がやってくるのです

メグに月曜日から土曜日はありません
そのかわり毎日が日曜日です
メグにとってきょうは週の第4日曜日なので
水銀燈は学校が終わるまで病院に来れないからいつも一人ぼっちです

メグ:からたちのとげは痛いよ 痛い痛いとげだよ
寂しさがからだを包み込んでくるとメグはそれに負けないように歌をうたいます
仕事が忙しくお見舞いに来れないパパとママ
そのママのさらにママに当たるおばあちゃんが今よりもっと小さな頃うたってくれた
名前も知らない歌をうたい続けます

メグ:そろそろかな…
時計を見るとおやつの時間を30分ほど過ぎた頃でした
とっくに歌をうたうのはやめていましたが
歌の終わりの方をうたい始めます
水銀燈に自分が歌をうたっていたことを伝えるためです

銀:遊びに来たよ、入るね
メグの部屋の周りはいくつかの部屋があります
病院なのでどんな人が住んでいるのかわかりません
だから水銀燈は部屋に入るときになるべく他の人の迷惑にならないように
静かにとびらを開けます

メグ:からたちの畑はいつも通る道だよ…うん、きょうも来たのね
歌の最後をうたい終えたメグはいつものようにからだを動かさずに言いました
寂しくて寂しくてすごく寂しくて震えるくらい来てくれたのが嬉しかったのに
そっけない返事しかしませんでした
ほんとうは水銀燈が来る時間になるといつもいつもきょうは来てくれなかったら
どうしよう、と思っているのに何も知らない水銀燈は当然のように笑顔で入ってきます
そっけない態度をとるのはそんな水銀燈に対する
ちょっとしたイライラが入ってるからかもしれません

銀:またその歌うたってたんだね、続きうたってほしいな
水銀燈はメグの寝ているベッドに両手をつけてやや身を乗り出した格好で言いました

メグ:やぁよ…もう歌い終わっちゃったんだもん
嘘です
ほんとうはわざと水銀燈にうたってほしいと言わせたのです
子供の頃から自分の大好きな歌をずっとうたってました
けど看護婦さんや今では来なくなったパパやママはあまり歌を褒めてくれなかったのです
でも水銀燈は違いました
誰も知らないようなメグの歌を褒めてくれました
初めて人から歌を褒められて嬉しくて嬉しくてその夜は興奮で眠れませんでした

銀:でも…めったに聞くことができないんだもの、メグの歌を聴いてるとこころが温かくなって幸せな気持になれるの
少々言うことが大げさだけれどメグは悪い気がしませんでした
水銀燈がこの歌を好きなのは
二人の出会ったきっかけをこの歌が作ってくれたからです

その日は雪が沢山降っていました
いつものようにメグが一人で寂しさに耐えながらうたっていると
きれいな銀色の髪を揺らして雪の日に舞い降りた天使のような女の子が入ってきました

「すてきなうたね、もっときかせてほしいな」

それからもうすぐ1年になります
水銀燈が雪を好きなのは二人雪の日に出会えたからかもしれません

銀:だから、ね…
困りマユをしながらおねがいのまなざしを送る水銀燈の頼みに1回だけなら良いよ、
と言ってため息をついてうたい始めます
いつも歌を水銀燈に聞いてほしいのだけど自分は
あまのじゃくだから
素直になれない気持を歌に込めて最高の歌声でうたうのです

銀:素敵な歌ね、もっと聞かせてほしいな
メグは1回だけって言ったでしょと水銀燈に言ってもう一度うたい始めます
もうすぐ雪の季節
ほんの一瞬だけ昔を思い出したメグ
今年は少しだけ雪が楽しみになりそうです

|