※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

弟が死んだ


彼はぶっきらぼうで、無茶もよくした。
彼の友人が虐められてる時も、何とかその友人を助けていた。
基本的にイライラしていたけど、其れでいて何処か優しい人だった。


「行って来る。」


其れが彼の残した、最後の言葉だった。
彼はその日、かつあげされていた子供を助けようとして、頭を打って死んだ。
彼は出血多量で死んだが、助けられた子供は。
ジュンが死ぬ直前に、こう言っていたと言っている。


「無事でよかったな。」


其れが、間接的に聞いた最後の言葉である。
其れを聴いた瞬間、涙が溢れてきた。
怒りではない、喜びと悲しみによる涙だった。
死体は綺麗に拭かれ、安らかに眠ってしか見えなかった。
最初は冗談だと思った、否、思いたかったのかもしれない。
けれど其れは、医師の残酷な言葉に打ち壊された。


「仏は、腕の脈をやられてます、2分ぐらい持ちこたえたそうですが・・・」


何も言えなくなった、何も見えなくなった、何も聞こえなくなった。
気が付くと私は、病院のベットで寝ていた。
軽度のショックによる、気絶だそうだ。
私は運んでくれた看護婦に、数回礼を言うと病院を後にした。
一体どんな顔をしていたのだろう。
きっと、真っ赤な顔だったんだと思う。
家に帰ると、ベットで泣いた。
朝になるまで、ずっと泣いていた。
朝、親に起こされた、いつの間にか泣き疲れて、寝てしまっていた。
夢であって欲しかった、しかし、妙に重たい体は其れを如実に否定した。
気が付くと、ジュンの葬式は終わり、ジュンの部屋に入ろうとしていた。


「ギィ・・・ギギギ・・・バタン。」


ドアを開けて、部屋に入った。
後ろから妙に古めかしい、寂れた木の擦れる音と。
ドアの閉まる音がした。
此処がジュンの部屋だと思うと、妙に物がこじんまりとして見えた。
そして、幻聴が聞こえるような気がした。
しかし、気がしただけで、音は聞こえなかった。
ふと机に目を移すと、走り書きの手紙が書いてあった。
ペリペリと音を立てて、封を開き。
パサリと音を立てて、手紙を見た。
其処にはこう描いてあった。


「この手紙を見た人へ・・・もし君がこの手紙を開けるとき。」
「僕は、この世にいないかもしれない。」
「其れは哀しい事なのだろうが、運命がそうと定めるのなら、仕様がない事だ。」
「この手紙を受け取った人へ、僕の遺品は家族に渡してください。」
「もし泣いているのなら、僕の事は出来れば忘れてください。」
「僕が死ぬ事により、人に迷惑をかけたくありません。」


此処で、また涙が出てきた。
もう、泣かないと決めたのに、コレを見ていたら涙が溢れてきた。


「そして、之から言う事に従ってください。」
「この家の庭に穴を掘って、其処に紫陽花を植えてください。」
「私の願いは此処までですが、この手紙は○○県○○市○○区○○町 ○-○○-○○の桜田家に、帰属します。」
「この手紙を読んだ方は、出来れば桜田家に渡して頂けると幸いです。」
「そして、コレを読んだ親族の皆さん、今まで迷惑をかけてゴメンなさい。」
「出来るなら、大きい紫陽花を咲かせてください。」
「平成1X年X月、XX日 桜田ジュン。」


「この子・・・は・・・っ・・・!」


泣き崩れていた、足も震えて立ち上がれない。
今は泣いてしまおう、そして、後で庭を掘る事にした。


―――――――――――――――――――――――――――――


夕方だった、庭を掘ると、カチンと音がして手を止めた。
慎重に其処を掘ってみると、手に余るほどの宝箱が出てきた。
中には一つだけ、深い藍色に輝く、宝石が輝いていた。
良く見ると、宝箱の中にこう描いてある。


「さようなら、姉さん、其れ最後のプレゼントです。」
「平成1X年X月、XX日 桜田ジュン。」


その後、ジュンを殺害した、犯人は泥酔して酔った所を、尋問した結果捕まり。
藍色の宝石は、結局のりが遺書に則り受け継ぐ事になった。
最後のプレゼントが、何処から出てきたのは判らない。
しかし、其れをのりは家宝として、家系代々家の宝として祭った。
結局、のりが其れをつけたのは、紫陽花の穴を掘った時だけだった。
その数年後、庭には綺麗な紫陽花が、咲き誇っていた。
花は深い、深い藍色をしていた。
のりは、医者になり。
ジュンの様な事が無いように、どんなに辛くても必死に頑張っているそうだ。
心の支え人は、何時も家に居るのだから、辛くは無いそうだ。
紫陽花が、少し風に揺られて揺れていた。


fin

|