※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジ「翠星石、入るぞ」
翠「え!?ま、まつでs」
ガチャ
ジ「この前の…」
翠「……!!」←着替え中
ジ「あ、ああ!?ご、ごめ…」
翠「きゃあぁぁぁぁぁ!!!」


翠「うぅ…ひっく……ぐす…」
ジ「ご、ごめんって…謝るからさ、泣きやんでくれよ」
翠「ちび人間には…ぐす…嫁入り前の肌を見られたショックはわかんねーです…」
ジ「う……ごめん……」
翠「…責任、取りやがれです…」
ジ「うぇ!?」
翠「…翠星石じゃ…嫌ですか…?」
ジ「そ、そんな事ない!」
翠「じゃあ…ぎゅってするです…//」
ジ「こ、こうか…?」
ぎゅっ
翠「…しばらくこうしてるですぅ…///」
ジ「あ、ああ…///」







翠「それじぁ…チョコレートパフェと…ショートケーキと…」
ジ「少しは遠慮してくれよ…」
翠「ゲームに負けたらなんでも奢るっていったのはそっちですぅ」
ジ「そりゃそうだけどさ…」
翠「イーヒッヒッヒ、まだまだ頼むですよ」
ジ「くそぉ…」
後日
ジ「…………もしかして太っ」
翠「ふんっ!」
ジ「あべし!?」
翠「女の子にそんな事言うなんて最低ですぅ」
ジ「ご、ごめん…」
翠「………まあ、太っちまったのは…確かですけど」
ジ「へ、へぇ…(そりゃあれだけ食えばな)」
翠「……………い………か」
ジ「え?」
翠「太った娘なんて…嫌い…ですか?」
ジ「…そんな訳ないだろ」
翠「そ、そうですか、ま、まあ」
ジ「僕は翠星石が大好きだから、そんな事で嫌いになる訳ない」
翠「~~!!?な、なに」
ジ「だから、僕は翠星石が大」
翠「な、なんどもいうなですぅ!///」
ジ「照れてる?」
翠「な、な、なにいっ」
ジ「大好きだ」
翠「う、うぅ……///」
ジ「…こっち向いて」
翠「え…ん…!?」
ジ「………」
翠「……不意打ちなんて卑怯です…///」
ジ「翠星石が可愛いから」
翠「……ばかぁ///」






「かけますか?かけませんか?」

ジュンは昨日翠星石からかりた
CD(禁じられた遊び)をかえしたときのこと

ジ「なあ、翠星石」
翠「なんですぅ?」
ジ「薔薇の手錠ってさ、痛そうだよな」
翠「たしかに薔薇には棘がありますからね」
ジ「でも、どんな感じかかけてみたいもんだ」
翠「・・・・・(キラーン!)」
-翌日-
翠「かけますか?かけませんか?」
ジ「え?なにを?・・・」
翠「いいからどっちかいえですぅ!」
ジ「え、じゃあ、かけます」
翠「はいですぅ!」
と、いって翠星石は薔薇の手錠をジュンにかけた
ジ「いってえええええええ!!!!!!!!!!!!!!!」
翠「ついでに銀の鎖もくわえろですぅ♪」
ジ「ちょ、まt(パク」
翠「いまからチビ人間は翠星石のものですぅ♪罪でもいいから好きっていえですぅ♪」
ジ「ふひふぇす、ふぃっふぁはらふぁふすぃふぇ(好きです、いったからはずして)」
翠「えー?きこえなかったですぅ♪」
ジ「・・・illlorzllli」






薔薇の手錠かけられ
銀の鎖をくわえさせられたジュン
ジュンは翠星石の家にいました

ジ「ふぃふぃふぁふぇんふぃふぁふふぇふぉ(いい加減にはずせよ)」
翠「まだ禁断の唇されてないですぅ♪」
ジ「・・・・・(この子こんなに大胆だったっけ?・・・)」
そのとき・・・
ガチャッ!
蒼「翠星石おかえ・・・何してるの?・・・」
ジ「ふぁふふぇふぇふぉふふぇふぃふぇふぃ(助けて蒼星石!)」
翠「べ、べつに翠星石はジュンを監禁しようなんておもってないですぅ!」
ジ「ふぁ?!(ちょ、監禁ってオイ!ちょっとマテ!何考えとんねん!)」
蒼「だめじゃないか翠星石!」
ジ「(そうだ!もっといえ蒼星石!GJだ!)」
蒼「いつもいってるじゃないか、こういうことするときは僕もまぜてって」
ジ「ふぁぁ?!(ウェ?!蒼星石サン?!ちょ、この展開ヤバス!!!!)」
翠「ごめんなさいですぅ」
ジ「(WHat?こいつらヤバス!!!!!!!)」
蒼「ところでそろそろ夕飯だね」
翠「そうですね」
蒼「それじゃあ」
そういってジュンのほうをみる二人
翠・蒼「いただきまーす♪」
ジ「ふぉっふぃふんふぁ!・・・ぎゃあ!(こっちくんな!・・・ぎゃあ!)」








そんな事より人間、ちょっと翠星石の話を聞きやがれですぅ。スレとあんま関係ないですけど。
このあいだ、近所の吉野家行ったのですぅ。吉野家。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないのですぅ。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、150円引き、とか書いてあったのですぅ。
もうね、アホかと。お馬鹿かと。
お前ら150円引き如きで普段来てない吉野家に来てんじゃねーよです、へっぽこ人間ども。
150円ですよ、150円。
なんか親子連れとかもいたですし。一家4人で吉野家ですかぁ。おめでてー奴らですぅ。
よーしパパ特盛頼んじゃうぞー、とか言ってるです。もう見てらんねぇですぅ。
お前らな、150円やるからその席翠星石に空けやがれと。
吉野家ってのはですね、もっと殺伐としてるべきなのですぅ。
Uの字テーブルの向かいに座った人間といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいのですぅ。チビ人間どもは、すっこんでろですぅ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の人間が、大盛つゆだくで、とか言ってるですぅ。
そこでまたぶち切れですぅ。
あのですね、つゆだくなんてきょうび流行んねーのですよ。このおばか共。
得意げな顔して何が、つゆだくで、ですか。
お前は本当につゆだくを食いたいのかと問いたいです、問い詰めたいです、小1時間問い詰めたいですぅ。
お前、つゆだくって言いたいだけじゃないですか?
吉野家通の翠星石から言わせてもらえば今、吉野家通の間での最新流行はやっぱり、
ねぎだく、これですぅ。
大盛りねぎだくギョク。これが通の頼み方ですぅ。
ねぎだくっていうのはねぎが多めに入ってるです。その代わり肉が少なめ。これですぅ~。
で、それに大盛りギョク(玉子)。これ最強なのですぅ。
しかしこれを頼むと次から店員にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ないですぅ。
まあお前のようなチビ人間は、牛鮭定食でも食ってなさいってこったですぅ。








「翠分補給はS星石」

-ジュンの部屋-
翠星石はジュンに数学をおしえてもらってるようです・・・
ジ「で、ここをこうすると・・・」
翠「うーん、数学はよくわからないですぅ・・・」
ジ「まったく・・・ちょっと休憩するか、紅茶いれてくる」
ガチャ、タタタタタタとジュンが下に下りていく・・・
翠「ふぅ・・・これがジュンのベッドですかー、ジュンのにおいがしてきもちいいですぅ」
と、翠星石は枕の下の異変にきづいた・・・・
翠「こ・・・・これは・・・・?!」
そのとき ガチャ
ジ「紅茶淹れてきt・・・うぉ?!」
翠「ジ、ジュン。こ、この本はなんですぅ?」
ジ「え、えと参考書だよ。ははは・・・・」
翠「ふ、ふーん、ジ、ジュンは不潔ですぅ。」
ジ「そ、そのことは誰にも言うなよ?」
翠「んー、じゃあ、ちょっとこっちくるですぅ」
ジ「え?あ、うん・・・・」
ドン!!!!!と、ジュンは翠星石に押し倒されました
ジ「え?!あの、翠星石サン?」
翠「ジュンを襲っちゃうですぅ♪」
ジ「ええええええええええええええ?!」
翠「ばらされたくなければいうこと聞くですぅ♪」
ジ「は、はい・・・・」

弱みを握られたジュンは翠星石の下僕と化したようです
-終わり-








ジ「え、太った?」
翠「…ちょっとだけ、ですぅ」
ジ「そうは見えないけど」
翠「けど体重計が…はぁ…ダイエットしなきゃ…」
ジ「ダイエットって…なにするんだ?」
翠「食事制限とか…」
ジ「じゃあこの昼ご飯のハンバーガーは?」
翠「…いらないですぅ」
ジ「それじぁ僕が貰うぞ」

ジ「チーズバーガーウマー」
翠「………」
ジ「テリヤキバーガーウマー」
翠「………」
ジ「アッガイバーg」
翠「………………くすん」
ジ「お、おい、泣くなよ、僕が悪かった」
翠「馬鹿野郎…ですぅ」



ジ「ごめんごめん」
翠「…もう知らないです」
ジ「あー、機嫌直してよ」
翠「………ん」
ジ「え?」
翠「…キス、してくれたら許してやるです」
ジ「そんなことでいいのか?」
翠「…それが幸せなんです」
ジ「それじゃ…」
翠「ん…………」
ジ「ん…………翠星石、可愛いな」
翠「ば、ばかぁ…なに言い出すですか」
ジ「いやー、だって本当に可愛いくてさ、さっきキスをねだる時なんて最高」
翠「こ、こんなのにしたのは………てめぇ…です…」
ジ「…あー、だめだ可愛いすぎる」
翠「え、あ、きゃあ!?」
ジ「我慢できない」
翠「あ……や、優しくして…です」
ジ「…もちろん」
翠「ん…」






翠「おいちび人間!」
J「うおっ!翠星石か。何のようだ?」
翠「恋しやがれですぅ。」
J「いきなりなんだよ?」
翠「だからおめーは恋でもして少しくらい活発になりやがれですぅ。」
J「余計なお世話だい。」
翠「それに翠星石みたいな可愛い女の子に恋しねーなんておかしいですぅ。」
J「誰も本来のお前を見たら好きになんかならん。」
翠「かーっ!ジュンは男として不能ですねぇ。」
J「それ結構な破壊力ある言葉だぞ?それに僕はペレじゃない。」
翠「とりあえず恋しやがれですぅ!今すぐ!」
J「今すぐかよ。」
翠「今すぐですぅ!今すぐ……翠星石を好きになりやがれですぅ!」
J「何言ってんのお前?」
翠「だから翠星石と付き合えって言ってるんですぅ!」
J「お前さっきと言ってる事違うぞ。」
翠「えぇい!もうまどろっこしいですねぇ!」
J「僕には全く状況が分からない。」
翠「こうゆう事です……」

続かない








地震・・・
それは突然おこる・・・
ジュン宅で
翠星石とジュンが勉強していた
ときのこと・・・・

グラグラグラグラ!!!!!!!

翠・ジ「?!」
ジ「地震だ」
翠「ひぇ!!!!(ぎゅっ)」
ジ「翠星石?!(/////)」
翠「じ、地震は苦手なんですぅ(/////)」
ジ「地震が苦手なのか、かわいいなお前(/////)」
翠「うう、まだ揺れてるですぅしばらくこうさせてですぅ(/////)」
ジ「はいはい・・・(ぎゅっ)(/////)」
翠「(ジュンの匂い)(/////)」
ジ「ん、収まったようだな・・・(//////)」
翠「ふぅ、怖かったですぅ・・・(/////)」
ジ「で、いつまで抱きついてるんだ?(/////)」
翠「え!あ、あの・・・もうすこし・・・(////)」
ジ「やれやれ・・・・(/////)」

そしてしばらくしたあと勉強を再開したそうだ・・・







「翠の螺旋律」

ジュンと翠星石は恋人
二人がカラオケにきたときのこと
ジュンは光の螺旋津の
替え歌をうたいました・・・

ジ「好きだー翠星石♪心癒してー♪
大好きだよ♪翠星石♪翠をー求む♪
ツンデレな♪翠ちゃん♪
口付けを♪しましょう♪
とざさーれた引きこもりの僕♪
助けてくれた♪翠星石の愛♪
大好きだーよ♪たーだ♪
翠だけを♪願う♪」

翠「は、恥ずかしいから歌うなですぅ(/////)」
ジ「大好きだよ・・・翠星石(/////)」
翠「ジュン・・・翠星石も大好きですぅ(////)」
ジ「翠星石愛してる(ぎゅっ)(//////)」

ジュンを引きこもりからすくった翠星石への感謝の歌・・・
末永くお幸せに・・・
|