※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第4話「薔薇水晶の涙」


JUM「くそ・・・・・」

その夜ジュンは悔やんでいた・・・
自分がやってしまったことに・・・
そのとき・・・

JUM「蒼星石?・・・」


「ジュン兄い・・・あまり自分を責めすぎても
だめだよ・・・でも、忘れてもだめ・・・」

JUM「わかってる・・・わかってるけd・・・ん(?!)」

JUMの言葉が途中でとぎれた
蒼星石がJUMの口を自分の口でふさいだからだ・・・

蒼「・・・・おやすみジュン兄い・・・」

JUM「ああ・・・おやすみ蒼星石・・・」

次の日

-朝食-

翠「・・・・」

JUM「翠星石・・・・?」

翠「食欲がないですぅ・・・」

蒼「だめだよ翠星石ちゃんとたべなきゃ」

翠「昨日あんなものみてたべられるかですぅ!!!」

タタタタタ・・・・

斬「やはり精神的なダメージがおおいみたいだな・・・」

スイドリーム「そうだ、俺にまかせてくれ・・・」



-翠星石の部屋-

コンコン・・・

翠「だれですぅ?・・・・」

スイドリーム「俺だよ俺」

翠「俺俺詐欺は電話でしやがれですぅ・・・ぐすん」

スイドリーム「はいるよ・・・」

翠「ぐすん・・・」

スイドリーム
「君の気持ちはわかるけど・・・一番苦しいのは
ジュンなんだよ・・・自分の知り合いを
殺さねばならなかったジュンが・・・・」


「わかってるですぅ・・・でも・・・でも・・・
あんなジュン兄いはみたくなかったですぅ・・・
いくらなんでもアレは残酷すぎるですぅ・・・」


スイドリーム
「そうだね・・・たしかに残酷だったけれど
ジュンはこれからさきこういう光景を
山ほどみるかもしれないからあえて
あういう残酷な斬り方をしたんだとおもう」


「でも・・・翠星石はジュン兄いが
こわいですぅ・・・」

スイドリーム
「なんといわれようと彼はたたかうよ
君と蒼星石を守るために・・・・」

翠「スイドリーム・・・ありがとですぅ・・・・」

スイドリーム「どういたしまして・・・・」

-ジュンの部屋-

コンコン・・・

翠「はいっていいですか?・・・」

JUM「翠星石・・・ああ、はいっていいよ・・・」

翠「さっきは悪かったですぅ・・・反省してるですぅ」

JUM
「俺こそすまない・・・俺もあんな
光景をみせたくなかった・・・」

蒼「それじゃ仲直りだね」

JUM「わっ、蒼星石いつのまに」

翠「くす、それじゃあ、仲直りですぅ」

JUM「ああ、仲直りだ・・・」

蒼「よかった・・・」

そのとき・・・!

ドカーン!!
ドスドスドス!!!!
いきなり紫色の水晶が
地面からでてきた・・・

JUM「くっ!だれだ?!」

薔「銀姉様の仇・・・殺す・・・」

JUM「薔薇水晶?!・・・」

薔薇水晶の右目からは大量の涙がこぼれていた

薔「許さない・・・仇・・・殺す・・・」

ドスドスドス!!!!


JUM「くっ!!!!!」

水晶がジュンを狙う・・・

JUM「どうして薔薇水晶まで・・・・?!」

薔「仇・・・殺す・・・」

JUM「くっ、俺から離れるなよ二人とも」

薔「よくも・・・銀姉様を・・・・仇・・・殺す!」

JUM「薔薇水晶・・・・」

薔「許さないカラ・・・・!」

ドカーン!!!

JUM「くっ、・・・許せ薔薇水晶!」

薔「許さない!!!」

グサ!!!!!
ブシュー・・・・

斬馬刀が薔薇水晶の胸に突き刺さった・・・

薔「ゆる・・・さ・・・ない・・・!」

薔薇水晶は最後の力のごとく
水晶の塊を飛ばした

ドス!グサ!

JUM「痛っ!・・・・」

薔「銀姉様・・・雪姉様・・・ごめ・・ん・・な・・さ・・い」

バタッ

JUM「薔薇水晶・・・すまない・・・」

薔薇水晶は1年前に双子の姉の
雪華綺晶を交通事故でうしなっていた・・・
そのときの薔薇水晶はみていられないほど
悲しんでいた・・・そして姉水銀燈の死・・・

JUM「くそ・・・・・」

蒼「ジュン兄い・・・」

JUM
「俺はただ・・・闇の本部のやつらを
倒したいだけなのに・・・ちくしょう・・・!」


次回第5話「ジュンの決意・・・」

|