※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第10話「クリスマスとジュンの誕生日」

-教室-

JUM「そろそろクリスマスだな」

笹塚「そうだなぁ・・・」

JUM「家のクリスマスパーティくるか?」

笹塚「お、いいのか?」

JUM「ああ、どうせ3人じゃつまらないだろうし」

紅「なら私もいってあげるわ」

巴「私と雛もいい?」

雪「ジュン様私も・・・」

薔「ジュン私もイレテ・・・」

銀「私もいれてー」

JUM「わっ、先輩どこからはいってきたんすか」

銀「入り口から♪」

JUM「・・・・・」

そしてお昼

屋上・・・・


JUM「(うう寒い)ところでクリスマスプレゼント
なにがほしい?」

笹塚「俺はただ飯くえればOK」

紅「紅茶がのめればいいわ」

雛「うにゅーがいいのぉ!」

巴「桜田君の木刀がほしい」

銀「ジュン君のつくった服がほしいわぁ」

雪「私もそれがいいです」

翠&蒼「翠星石/僕も」

薔「ジュンの唇・・・」

一同「はぁ?!」

JUM「(コホン)約二名無理なプレゼントあったけどそれ以外は
だいたいOK(俺の木刀はわたせられん!唇も)」

そしてクリスマス

一同「カンパーイ」


笹塚「ウマー、これだれがつくった料理だ?」

JUM「それは俺がつくったやつだ」

笹塚「ナイス」

紅「おいしい紅茶ね・・・」

JUM「ははは・・・」

雛「わーいうにゅーなのー!うにゅー!
うにゅーだオラアアアア!!!!!」

JUM「ひ、雛苺ちゃん?・・・」

巴「うにゅーをたくさん目にするとあーなるのよ・・・」

JUM「・・・・あ、そだコレ」

巴「わーかわいい服♪」

JUM「よろこんでくれてうれしいよ」

銀「私の服はぁ?」

JUM「先輩の服はこれです。黒と白と青をベースに
つくりました」

銀「ありがとう」

JUM「雪華綺晶と薔薇水晶にはこれだ!」

雪「これってメイド服?・・・」

薔「ご主人様・・・」

蒼・翠「(アレって僕/翠星石にジュン兄いが
誕生日にくれたやつじゃん・・・
いらないってかえしたけどリサイクルかよ・・・)」

JUM「翠星石と蒼星石にはこの緑のドレスと
蒼いドレスだ!!」


翠/蒼「ありがとう ちび兄貴/ジュン兄い」

JUMはにっこりと笑った


そして季節は流れもう1月・・・・


翠「そろそろちび兄貴の誕生日ですぅ」

蒼「そーだねプレゼントなにがいいかな?」

翠「本人にきくしかないですぅ」

またまたまたまたまたまた屋上


JUM「そっかもうすぐ俺の誕生日か・・・」

翠「なにがほしいですぅ?」

JUM「特にないけど、飯とケーキくえればいい・・・」

蒼「もぉ」

紅「はっきりできないの?」

笹塚「JUMそういや木刀ほしいとか
いってなかったか?」

JUM「ああ、予備とか二刀流用に・・・」

巴「キラーン」

雛「うにゅー巴の目がひかったのー!」

そしてジュン誕生日

一同「おめでとー」

JUM「ありがとさん・・・」

雛「先輩にうにゅーぷれぜんとなのー!」

JUM「のこってないんだけど・・・」

巴「桜田君私の木刀あげる!」

JUM「いや、ボロボロだからちょっと・・・・」

結局どのプレゼントも微妙であったとさめでた・・・くねーよ!!!

そして時は流れバレンタイン



次回第11話「蒼星石の想い」
|