※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第8話「蒼星石の恋」


翠「あのちび兄貴に恋とは・・・・」

蒼「うん、ジュン兄いが好きになっちゃったみたいひとりの男性として」

翠「一応双子の姉として応援するですぅ」

蒼「ありがとう、蒼星石」

-翌日-

JUM「今日は祭りらしいな・・・」

翠「たこやきゲットするですぅ!」

蒼「ははは・・・・」

-祭り-


翠「たこやきくださいですぅ!」

蒼「あ、カキ氷ください」

JUM「俺は焼きそば」


屋台をみながらあるいてたら

巴「あ、桜田君こんにちは」

雛「うにゅー翠星石たちこんにちはなのー」

JUM「よぅ、柏葉」

翠「ちび苺もやっぱりきてたんですか」

蒼「ははは」

ヒュー・・・・・ドカーン

ピュー・・・ドカァン

打ち上げ花火が夏の夜を飾る・・・・


-帰宅-

JUM「花火きれいだったな」

翠「たこやきたべてたからあまりみてないですぅ」

蒼「花火よりたこやきだね翠星石は」

3人「ははははは」

翠「あ、流れ星ですぅ」

JUM「ほんとだ」

蒼「ジュン兄いにこのおもいがつたわりますように・・・」

-翌日-

JUM「はぁ?・・・」

笹塚「だから、きもだめししようぜっていってんだよ」

JUM「・・・・・」

紅「あら、きもだめしするの?たのしそうね」

巴「桜田君私もはいっていい?」

JUM「いや、俺はやるとは・・・」

笹塚「よし、決定。翠星石ちゃんたちも
さそっといてくれついでにあの美人の先輩も」

JUM「無視かよ・・・」

家の近所にはほろびた寺とお墓がある

きもだめしにはちょうどいいってところだ

JUM「で?きもだめしってどうすんだ?」

笹塚「このお寺の裏の林の奥にある祠までいってもどってくるだけさ」

JUM「ふーん、でペア決めはどうすんだ?」

笹塚「じゃんけんで」


ポン!

きまった

笹塚、雛苺 ジュン、翠星石 蒼星石、巴 真紅、水銀燈

笹塚「よろしく、雛苺ちゃん」

雛「よろしくなのー」

JUM「よろしくな翠星石」

翠「ちび兄貴とくむことになるとは・・・予想外ですぅ」

蒼「柏葉先輩よろしくです」

巴「こちらこそよろしくね蒼星石ちゃん」

紅「先輩よろしくなのだわ」

銀「うふふ、よろしくねぇ真紅ちゃん」

笹塚「前のペアがいってから2分経過ごとにきてくれ」

JUM「了解」

JUM「それじゃそろそろいきますか・・・」

翠「そ、そうですぅ」

タ タ タ タ

しばらくあるいてると

カラス「カアー!」

翠「ひゃっ!」

JUM「タダのカラスじゃないか・・・」

翠「わ、わざとですぅ!」

ガサガサ!

翠「ぎゃーー!で、でたですお化けー!!」

JUM「なに一人で興奮してるんだ?ただの風だろ」

翠「うう・・・・」

JUM「どうしたんだ?」

翠「こわくてうごけないですぅ」

JUM「ぷっ、はははは」

翠「なにがおかしいですぅ!」

JUM「いや、いつもは口悪いお前も
こういうときだけ女の子なんだなと」

翠「(////)」

JUM「ほら、はやくいこうぜ」

翠「わ、わかったですぅ」

そのころ・・・・

ガサガサ

紅「ぎゃあああああああああああああああああああああああああ」

銀「大丈夫ぅ?真紅ちゃん」

紅「へ、へーきなのだわ」

銀「ふふ」

そのころ

笹塚「やっと祠についたね」

雛「うにゅー腹減ったのー」

笹塚「ははは、じゃあもどろうか」

そのころ

蒼「ぜんぜん怖くないですね」

巴「そうみたいね・・・」

・・・・・・

そして肝試しがおわった


翠「蒼星石ちょっと・・・」

蒼「なんだい?」

翠「肝試し蒼星石はこわくなかったんですかー?」

蒼「うん」

翠「・・・・・・(世界がちがうですぅ!)」




次回「水銀燈の妹」に続く



番外編「やさしさで包み込む~」

第3話 「うにゅー」

JUM「なあ、柏葉」

巴「なあに桜田君?(もしや告白ですか?!)」

JUM「お前の妹がよくいってる「うにゅー」ってなんだ?」

巴「苺大福のことよ(なんだ、つまんない)」

JUM「どうやったら苺大福がうにゅーって発音になるんだ・・・」

巴「さあ^^;(いわれてみれば・・・)」
|