※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第6話「北海道の旅」


そして夏休み旅行前日の夜

JUM「よし、着替えよし、忘れ物ナシ、準備OKと・・・」

ガラ

翠「ちび兄貴ー身支度できたですかー?」

JUM「ああ、いまおわったとこだ」

翠「ふぅん」

JUM「わくわくして寝れないのか?」

翠「そんなに翠星石がガキじゃないですぅ!!」

JUM「ははは・・・」

そして旅行当日・・・

JUM「みんないるか?・・・」

翠「いるですぅ」

蒼「いるよ」

笹塚「一応います」

紅「いるのだわ」

巴「いるよ」

雛「うにゅー」


北海道へはあの噂の「カシ○ペア」にのっていくらしい

紅「私と巴と雛苺ちゃんはスイートルームだから」

JUM「(スイートって予約がとれなくてメチャ高いアレか・・・)」

JUM「俺は笹塚と、翠星石は蒼星石と同じ部屋でOKかな?」

翠「OKですぅ」

蒼「うん、いいよ」

雛「うにゅーこの電車ひろいのー」

そして・・・・北海道・・・・・

JUM「夏なのに涼しいー」

紅「そうね」

翠「風がきもちいいですぅー」


?「あらぁ、こんにちは」

JUM「あ、このまえの・・・えーと」

銀「水銀燈よ、あなたたちも北海道の旅きてたんだぁ偶然ー♪」

JUM「あ、はい」

紅「あらジュンそのひとは?」

JUM「薔薇丘高校の3年の先輩さ、この前不良にからまれてたのを助けた」

紅「へぇ、私は真紅、よろしく」

銀「よろしくぅ」

笹塚「(美人のひとだなぁ・・・・)」

巴「(うわぁ、きれい)」

雛「(おなかすいたのー、うにゅーたべたいのー)」

翠「(偶然ってすごいですぅ)」

蒼「(偶然にしてはすごいね)」


ひとまずツアー1日目の夜

ホテルにて・・・


JUM「あーねみい・・・」

笹塚「枕投げしよーぜー」

JUM「(お前はガキか!)眠いからパス」

バコ!

翠「ちび兄貴に命中ですぅ!」

JUM「・・・(無視無視)」

バコボコドコ

しばらく五月蝿くてジュンは寝れなかったとか・・・

-翌日-


JUM「すこし寝不足だ・・・・」

笹塚「不眠症か?」

JUM「(お前らのせいだ!!!)別に・・・」

蒼「今日は自由行動らしいよ」

翠「へんなツアーですぅ」

紅「ま、いいんじゃない?」

巴「そうね」

雛苺「うにゅー食わせろ」

銀「あらぁ、おはよう」

JUM「あ、おはようございます」

翠「おはようですぅ」

紅「紅茶が飲みたいわね」

蒼「あ、そうだ水銀燈先輩もいっしょにどうですか?」

巴「自由行動だからおおいほうがいいかも」

銀「あらぁ、いいのぉ?うれしいわ」

笹塚「でも、どこいく?」

一同「・・・・・・」

・・・・・そして2日目の夜・・・・(早!


翠「第二次枕投げ対戦ですぅ!!」

銀「わたしもはいっていいのぉ?」

蒼「あ、はい」

紅「先輩でも手加減しないのだわ」

巴「たのしいねー雛苺」

雛「うにゅーくれ」


ボカスカドカ

そしてまた寝不足のJUMであった

こんなこんなで旅はおわった・・・(早)

帰宅・・・

JUM「・・・・・(かなり疲れた・・・・)」

翠「あーたのしかったですぅ!」

蒼「そうだねぇ」

JUM「(俺以外はたのしかったみたいだな・・・)」


第7話「ジュンのバイト」に続く
|