※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~第7話 純白の魔道師と紫色の水晶~
ジュンたちの前にはそれぞれ右目と左目に眼帯をつけた少女たちが立っていた。
ジ「あれ?薔薇水晶と雪華綺晶じゃん。こんなとこで何やってんの?」
薔「…あれ?…ジュン?」
雪「ジュン君何やっているのですか?」
3人とも驚いている様子だった。
真「ジュン、あの子達と知り合いなの?」
ジ「あぁ、僕と同じクラスメートでよく話していたからな」
水「ジュンは人気あるわねぇ~」
薔薇水晶と雪華綺晶はジュンとは結構仲が良かった。
ジ「2人ともまさかアリスゲームの参加者かい?」
薔「…うん」
雪「そうですよ。私達はこれから脱出しようとしていましたの」
ジ「ちょうど、良かった。僕達も脱出しようとしていたんだ。
仲間になって一緒に脱出したいか?」
雪「それはできません!」
ジ「なぜ?」
雪「私達は貴方の後ろにいる方々を倒さなければならないからです」
ジ「えっ?」
学校では決してそんなことを言わない雪華綺晶にジュンは驚いた。
確かに2人は学校でも怪しく近寄りがたい感じだったが、
本当は優しい子たちだということをジュンは知っていた。

ジ「どうしてだ?なぜそこまでして戦わなくてはならないんだ?」
雪「これがアリスゲームのルールだからです。
でも、貴方とは戦いたくありません!だから少しの間、退いていて下さい」
薔「雪華きぃー…早くこの人たちを倒してジュンと一緒に脱出しましょう…」
薔薇水晶がジュンを横切ろうとした瞬間、ジュンは薔薇水晶を止めた。
薔「…ジュン…?」
ジ「確かにルールはルールだ!しかし、なぜ意地を張るんだ?
一緒に脱出したって良いじゃないか?
君達が意地を張るのなら僕も意地を張らせてもらう!」
雪「…では、戦うしかありませんね!
薔薇すぃー、貴女はあの人たちを倒してきて!私はジュンと戦うわ」
薔「…分かった」
薔薇水晶は真紅たちに近づいていった。
薔「…説明しておくけど私は水晶を自由に使うことができるの…
だから、貴方たちは逃げられない…」
真「私達は逃げたりなんかしないのだわ!」
水「かかって来なさぃ~!」
翠「お前なんか翠星石だけで十分ですぅ~」
蒼「さすがに命までは切らないよ」
金「カナの策略とバイオリンに逃げ切れるかしら~」
雛「負けたら、うにゅーを頂戴なの~」
薔薇水晶はニヤッとして水晶の弾丸を何発も投げつけてきた。
真紅たちは避けながらも、必死で対抗した。
真紅は薔薇の花びら、水銀燈は黒い羽、翠星石は如雨露、
蒼星石は鋏、金糸雀はバイオリン、雛苺は薔薇のツルを使って戦った。

一方、ジュンたちはというと…
ジ「どうしてもやらなければならないのか?僕はできれば君を傷つけたくは無い…」
雪「私もできることなら貴方を傷つけたくはありません。
しかしこれが運命なら、私は決して逃げません。ジュン君、ごめんなさい!」
そう言うと突然雪華綺晶の左目の瞳が怪しく光った。
すると、ジュンはその場に倒れこんでしまった。
雪「私の能力はこうやって人に幻覚や夢を見させ、精神的にダメージを与えるの。
おやすみなさい、ジュン君…」

(ジュンの夢の中)
ジ「あれ、ここは?あれは父さんと母さん?」
そこには何かを相談しあっているジュンの父と母がいた。
ジ父「はぁ~、どうして男の子なんて生まれたんだ」
ジ母「どうしましょう、この子」
ジ父「この子は生まれてはならない子だったのに…」
ジ母「しかたないでしょ、生まれたんだから。
とにかく、普通のこのように育てれば大丈夫よ」
そこにはジュンの父と母がいた。
2人はジュンが生まれたことを後悔していた。
ジ「僕は望まれない子として生まれたんだ…」
ジュンには失望、絶望、怒りなどの気持ちが出てきた。
「ジュン君、そんなにがっかりしないで」
ジ「姉ちゃん!」
そこには半年前から行方不明だったジュンの姉、桜田のりがいた。

ジ「どこ行ってたんだ、心配したんだぞ!」
の「ごめんね、ジュン君心配かけちゃって。
お姉ちゃん、今訳があってジュン君と会えないの。でも、これだけは分かってね。
お父さんとお母さんはジュン君をとっても愛していたんだよ。
詳しいことはこの屋敷の地下1階にいけば分かるから。それじゃ、バイバイ」
ジ「姉ちゃん、どこ行くんだよ!待ってくれよ!」
のりはそのままどこかに消えてしまった。
ジ「…地下1階かぁ。地下1階に行けばいいんだな!
とにかく、ここから抜け出さないと…」
ジュンが夢から抜け出そうとすると、目の前に雪華綺晶がいた。
雪「どうしても、行くの?」
ジ「あぁ、どうしてもだ。だから、頼む!協力してくれ」
雪華綺晶はしばらく考えた。そして、
雪「分かりました。ジュン君に協力しましす。
薔薇水晶にも戦いを止める様に伝えておきます」
ジ「ありがとう…じゃあ、行こうか」
雪「えぇ…」
2人はジュンの夢から抜け出した。
ジュンが目覚めた時には、もうみんなが揃っていた。
薔薇水晶も雪華綺晶が説得したらしく、みんなと一緒に居た。

薔「行きましょう…ジュン…」
ジ「よし、行こうか!」
真「その前に朝食よ!」
水「お腹空いたわぁ~」
翠「ちび人間、食物を持って来いですぅ」
蒼「早くご飯にしようか」
金「お腹ペコペコかしら~」
雛「ジュン、うにゅ~なの」
雪「みんながこう言ってますので、まずは朝食から…」
ジ「だぁ~、分かった分かった!さっそく食べようか」
一同「やったぁ~」
みんなで朝食を食べた。なお、朝食は全てジュンが用意させられたらしい。
只今の時間午前10時。制限時間まであと2日と11時間。

次回~いざ、地下室へ~に続く
|