※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


水「水銀燈特製乳酸菌弁当よぉ。さぁジュン食べなさぁい。」
J「・・・弁当って言っても、ヤクルトとキムチとヨーグルトだけだよなこれ。」
金「カナ特製卵弁当かしらー!さぁジュン食べるかしらー!!」
J「・・・何故、数ある卵料理の中からピータンをチョイスしたんだ?」
薔「ばらしー特製・・・シュウマイ弁当。さぁ・・・ジュン食べて。」
J「・・・弁当箱に、シュウマイしか入ってないな。」
真「真紅特製紅茶弁当なのだわ。さぁ食べるのだわ。」
J「・・・弁当って言うか、もう普通の紅茶だよなこれ。」
雛「ヒナ特製うにゅー弁当なの!さぁジュン食べるのよー!!」
J「・・・やる気は痛い程分かる。でもごめん。なんか僕のせいで。」
水・金・薔・真・雛「さぁ食べて!さぁさぁさぁ!!」
J「えっ?ちょ・・・いや・・・いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!」


J「はっ!!」
J「夢・・・だったのか。なんてデンジャラスな夢を・・・」
J「凄い寝汗だ・・・とりあえず風呂に入ってもう一度寝よう。」


学校

キーンコーンカーンコーン
J「もう昼休みか・・・」
水「ねぇジュン・・・」
J「なんだ水銀燈?」
水「水銀燈特製乳酸菌弁当作ったのぉ。食べてぇ。」
J「(えっ?)」
金「カナもカナ特製卵弁当作ったかしらー!食べてかしらー!!」
J「(そんな・・・)」
薔「私も・・・ばらしー特製シュウマイ弁当作った。ジュン・・・食べて。」
J「(嘘だろ?)」
真「私も真紅特製紅茶弁当作ったのだわ。さぁ食べなさいジュン。」
J「(まさか・・・)」
雛「ヒナもヒナ特製うにゅー弁当作ったのー!ジュン食べて欲しいのよー!!」
J「(ありえない・・・)」
水・金・薔・真・雛「さぁ食べて!さぁさぁさぁ!!」
J「えっ?ちょ・・・いや・・・いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!」



隣の教室

J「えっ?ちょ・・・いや・・・いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!」
雪「こ、これはジュン様の悲鳴!?」
雪「ジュン様!今すぐ助けに参ります!!」



ジュン達の教室

水・金・薔・真・雛「さぁさぁさぁ!!」
J「いや・・・いやぁ・・・」
雪「ジュン様!」
J「き、雪華綺晶!」
雪「ジュン様、早くこちらまで!」
J「うん、今行く!」
スタコラサッサッサッーのサー
水・金・薔・真・雛「ちょっと!どこ行くの!?」



中庭

J「はぁはぁ・・・疲れた・・・」
雪「ジュン様・・・無事で何よりです。」
J「無事で何よりって・・・オーバーだな。」
雪「そ、それよりもうお弁当食べちゃいましたか?」
J「いやまだだけど?」
雪「じ、じゃああの!・・・お弁当作ってきたんですが・・・食べてくれますか?」
J「雪華綺晶・・・」
雪「やっぱり図々しいですよね。ごめんなさい・・・」
J「いや全然そんな事無いぞ!むしろ嬉しいよ。ありがとう。」
雪「ジュン様・・・では、これどうぞ!」
J「じゃあ、頂きます。」
もぐもぐ
雪「ど、どうでしょうか?」
J「うん、すっごく美味しい。」
雪「ジュン様・・・」
二人でもぐもぐ
J「あっ、雪華綺晶ご飯粒付いてるぞ。」
雪「えっ?どこですか?」
J「あっ、動かないで。僕が取るから。」
ちゅ。
J「はい、取れた。」
雪「えっ!?ジュ、ジュン様!?(///)」
J「はは、いきなりごめんな。・・・好きだぞ、雪華綺晶。」
雪「私もジュン様の事好きですよ。」



昼下がりの太陽の下。
重なった二つの影が少しだけ伸びた。
そして、木の影に隠れた五つの影も伸びた。

水・金・薔・真・雛「なんで?なんでそうなる(のぉ/のかしらー/の・・・/のだわ/のよー)!!」

これで終わり。




蒼「僕たち全く、出番無かったね。」
翠「翠星石はやっぱり納得いかねーですぅ。」
蒼「安心して姉さん。次回は僕たちが軸の話だから。」
翠「嘘じゃねーですか?」
蒼「あはは、姉さんは疑り深いな。本当だよ。」
|