※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人物紹介

JUM・・・サクラダの艦長。アリスの乱で両親を失い、姉ののりと幼馴染の真紅と暮らしていた。
その後アリスに反抗するためにレジスタンスに参加。みんなと共にサクラダを任される。
MSの知識も相当あり、機体の修復などもお手の物。よく改造もしている。

のり・・・JUMの姉でサクラダの食堂のお姉さん。彼女の作る花丸ハンバーグはクルーにもっぱら好評。
一人で切り盛りしているがそれが物理的に可能かはおいておく。戦闘では活躍できないが
それ以外の面では非常にみんなに頼られている精神的支柱でもある。

巴・・・オ○ニー師匠・・・ではなく、サクラダの副艦長。冷静沈着で常にJUMをサポートしている。
また、アリスの乱で孤児となった雛苺をかくまっており、姉妹のような関係。

真紅・・・アリスの乱で両親を失い、幼馴染のJUMとのりと暮らしていた。紅茶ジャンキーで戦闘中も
作り置きのJUMが淹れた紅茶を温いとか文句を言いながら飲んでいる。JUMが反アリスのレジスタンスに
加入したさい彼に続き加入。ローゼンガンダムの5番機、シンクを発見しそのままパイロットになる。
JUMに好意以上を抱いており、彼女が戦場に躍り出るのもJUMを守るためである。

水銀燈・・・アリスの乱で孤児となり、孤児院で生活する。しかし、その後も続く戦乱で孤児院は崩壊。
姉妹のように育っためぐが瀕死の重傷を負うとアリスに激しい憎しみを抱くようになる。
その後レジスタンスに加入しスイギントウのパイロットになる。戦場では全く容赦をしないため
真紅とは意見の違いで度々衝突する一方、お互い背中を任せられる仲間であると信頼している。

翠星石・・・アリスの乱で両親を失うが、老夫婦に双子の妹の蒼星石と一緒に養子に貰われる。
しかし、相次ぐ戦乱で再び得た幸せは無残にも壊される。口は悪いが、その実優しい女の子で
アリスを憎むのも幸せな日常が奪われたからである。レジスタンスに加入したのは、妹を守るためであり
その為には自分の命すら惜しむつもりはない。

蒼星石・・・翠星石の双子の妹で同じ境遇を送る。しかし、数年前の戦いで養父がショックをうけ
「かぁずきーかぁずきー!」と意味不明な事を言い始め、養母も寝込んでしまった。
再び家族を奪われた彼女はレジスタンスに加入。ソウセイセキのパイロットになる。
性格は温厚で仲間のストッパーでもある。しかし、彼女がキレると逆に止めれるものはいない。

金糸雀・・・アリスの乱は運良く逃れたが、その後の戦乱で両親を失っていた所、みっちゃんに拾われる。
完全に赤の他人のみっちゃんは金糸雀を溺愛しまくり、金糸雀も幸せだった。しかし、さらに続く戦乱で
みっちゃんと生き別れになってしまう。その後なし崩し的にレジスタンスに保護される。
彼女は戦いながらも最愛のみっちゃんを探し続けている・・・

雛苺・・・アリスの乱で孤児になり、荒れた荒野を彷徨っている所を巴が保護する。この出来事はまだまだ
幼かった雛苺のトラウマとなり、10年たったいまでも孤独に対して絶望的なほど耐性がない。
幼少時に親にほとんど甘えられなかったせいか、まだまだ甘えん坊の子供。しかし、これ以上大切な人を
失いたくない気持ちも強く、巴やJUMを守りたい気持ちは強い。

雪華綺晶・・・薔薇水晶とは姉妹で姉。アリスの乱で二人で生き延びるが、右目を失ってしまう。
何もないアイホールを見られるのを嫌い常に右目に眼帯をしている。
薔薇水晶が誰よりも大事で、任務より妹の命を優先する事もしばしば。
しかし、それは自分を思ってくれている妹を思ってこそである。

薔薇水晶・・・雪華綺晶の妹。アリスの乱で親を失い、姉妹二人で生き延びる。
左目に眼帯をしているが、実は何の異常もない。それには理由があり、姉が右目を失ったのは自分の
責任と思っており、自身の左目を隠す際「お姉ちゃんの右目には私がなるね。だから私の左目に
お姉ちゃんがなって。私たちは二人で一つだよ・・・」と言ってる。
|