※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジュン「…………ううむ。」
蒼「どうしたんだい、外なんか見てノスタルジーに浸るなんてさ?」
ジュン「ああ、最近真紅が冷たくてさ………何かしたのかな僕……」
蒼「うーん、女の子ってデリケートだからねぇ。ちょっとした事が色んなキッカケになるし謝っておいたら?」
ジュン「話しかけにくい………」
蒼「だったら僕がジュン君と真紅の仲を取り持つよ。大丈夫、任せて♪」
ジュン「ありがとうな………」
蒼「どういたしまして。」

ジ「それでさ、マジでその映画面白くてさ…………」
蒼「へぇ、そうなんだあ、僕もそれ見たいなあ……」
紅「…………」

ジ「この前言ってた歌だけどさ、あれかなり良かったぞ。」
銀「ふふっ♪貸したかいがあったわぁ~。」
紅「……………」

ジ「だからさお前、何回指に針刺してんだよ。」
翠「う、うっせーですぅ!」
紅「………」

ジ「今度の休みさ、どこ行く?」
ベジ「夏服でも買いに行くか?」
笹「良いね~、それ。その後はいつもどおり飯っちゅー事で。」
紅「……………」


ギュッ

ジ「ん?どうかしたか、真紅?」
紅「あ、あの…………あの……」
ジ「???」
紅「私と………私ともっと話しなさい………私を放って置くのは許さないのだわ………」
ジ「…………さびしかったのか?」
紅「――――!!!ち、違うのだわ!!ぜ、ぜ、ぜんぜんっっ!ち……違うのだわ!!」
ジ「(ははっ、図星か……)かわいいよな、お前ってさ。」
紅「~~~~~~!!!」









紅「はぁ………」
薔薇「またお胸の悩みかい?」
紅「う、うるさいのだわ…」
薔薇「暗くなった、図星だね。」
紅「………」
薔薇「胸を大きくする秘訣を教えてあげよっか?」
紅「――――!!あ……あの………ウソ、じゃないわよね?」
薔薇「インディアンと薔薇水晶はウソつかないアル。」
紅「本当に……?」
薔薇「おう、まっかせなさ~い♪」
紅「じゃ、じゃあお願いするわ。」
薔薇「それじゃ、教えてしんぜよう。ごにょごにゃ…………」
紅「………ええっ!?………そんな………ううぅ…………」


ジ「あづ~~……」

コンコン

ジ「ん~~?姉ちゃんかぁ?」
紅「あ、アタシなのだわ……入っても良いかしら?」
ジ「良いけど何だ?借りたノートなら明日返すけど………」

パタン

紅「こんにちは……なのだわ。」
ジ「うん、おっす。んで何の用なんだよ?」
紅「あ、あ、あの………あの………」
ジ「??あの、何?」
紅「あの………わわわわ私の………私の胸を揉みなさいっっ!!!」
ジ「ああ、胸を揉めと………ハイィィィィ??!!!!」
紅「む、む、胸を大きくするためよ!!だだだだただから協力ひやさい!!!」
ジ「いや、だからって何で僕ゥゥーーー!!??」
紅「す……………好きな殿方だから………じゃない……」
ジ「真紅……………なら、手伝うよ゜僕も真紅が………」
紅「ジュン…………あ………や……うぅん………ふぁぁ………」



ジ「真紅~迎えに来たぞ~。今日は買い物に行くって約束だったろ~?」
紅「あ、ちょっと待ってなさい?下僕が私より先に行く事はあってはならないのだわ!!」
ジ「ははは。はいはい、待ってますよ………ボソっ(僕のお姫様♪)」
紅「なっ………!!!ば………ばか……」
ジ「へへっ♪」




銀「いつの間にか紅とジュンって付き合ってたのねぇ。」
薔薇「だねぇ♪」
銀「お似合いのくせしてどっちも譲らずだったのにどういう風の吹き回しなのかしらねぇ。」
薔薇「だねぇ~♪」
銀「………薔薇水晶、アンタ何かしたのぉ?」
薔薇「さ~~?」
銀「したでしょぉ?」
薔薇「さぁ~~♪」
銀「教えなさいよぉ。」
薔薇「だぁめ♪スピードワゴンはお節介だけど良い奴だから、駄目♪」
銀「いじわるぅ~。」
薔薇「えへへ、ごめんね♪」




薔薇水晶が真紅に教えた言葉、それは「自分が好きな人に胸を揉んでもらう事」だったそうな



ちゃんちゃん♪








映画館にて

ジ「(なんだよこの甘ったるい恋愛映画、こんなので泣ける奴いないよなぁ……)」
紅「………っく………」
ジ「(付き合ったカップルのうち女の子の方が白血病で長くないって………古臭いよなぁ)」
紅「………ヒック………うっ……うぅっ……」
ジ「(あ~あ、なんか眠たく…………って真紅、泣いてるし。)」
紅「………か、かわいぞゔだどだわ゙………ヒック、ヒグゥ……」
ジ「(自分からつまらない恋愛映画だって言って誘ってたくせに………)」
紅「ひぅっ………ヒック……うぅぅ………」
ジ「(でも…………たまには良いかもな、こういうの。)」

ギュッ

紅「?じ……じゅ゙ん゙……?」
ジ「手握ってたげるから、な?」
紅「よ、余計゙なっ……おっ、お世゙話なのだわ゙……」
ジ「クスッ……はいはい。」










真紅が、JUMの部屋から出る音がうるさくてイライラしてるようです。

バンッ
真「ちょっとジュン!うるさいのだわ!!紅茶が不味くなるのだわ!!!」
J「あぁ真紅か。ごめん。」
真「ん?ジュン何を持っているの?」
J「あぁ、ギターを弾いてたんだ。」
真「ジュンが・・・ギター!?」
J「そんなに驚く事無いだろ。まぁ確かにキャラじゃないけどさ・・・」
真「何故ギターを?」
J「物置で探し物をしてたら見つけたんだ。・・・それにめぐに曲でも弾いてやろうと思って。」
真「そうなの・・・」
J「めぐって歌とか好きだろ。だから何か弾いてやろうかなって。・・・アイツにはいつも助けてもらってたし。」
真「・・・・・・」
J「真紅?」
真「えっ!?あぁ・・・せいぜい頑張るのだわ。」
J「ありがとう。」
真「でも、今度からちゃんと音量には気をつけるのだわ。」
J「分かってるよ。ごめんな。」
真「分れば良いのだわ。」
バタン
真「(あんなに笑顔でめぐの事を話して・・・あなたの心はめぐでいっぱいなのね。私の事なんてこれっぽっちも・・・私の心はジュンでいっぱいなのに・・・)」








紅「…………」
銀「なぁにノスタルジーに浸ってんのよ真紅ぅ。」
紅「別に…………何でもない……のだわ。」
銀「そう?私にはぜんぜん大丈夫に見えないわぁ。」
紅「だから………別に関係ないって言ってるのだわ………放って置いて頂戴。」
銀「ふぅん…………ねぇ真紅ぅ、貴女ジュンの事で悩んでるんじゃなぁい?」
紅「……………」
銀「図星ねぇ。」
紅「……………ケンカをして………それで……私が悪かったのに………謝れなくて、それで………情けなくて………」
銀「そっかぁ。ま、貴女らしいって言えばそうだけど早く謝らないと後々尾を引くわよぉ?」
紅「でも…………どうやって……」
銀「はぁ、ただごめんねって言うだけじゃなぁい。素直になるだけだわぁ。」
紅「素直…………」
銀「そ、す・な・お。」
紅「…………そうね、素直にならないといけないわよね………ありがとう水銀燈、私、頑張ってみるのだわ。」

銀「まったく手のかかるカップルよねぇ。でも、ま………たまには悪くないわねぇ、ふふっ♪」








真「ジュン、紅茶をいれてちょうだい」
ジ「…このクソ暑いのにか」
真「いいから」
ジ「はいはい…」

真「…うん、今日もおいしいわ」
ジ「…見てるだけで暑い」
真「ジュン、貴方は根性が足りないのだわ」
ジ「うるせーよ紅茶バカが(ボソ」
真「ふん」
バシャー
ジ「あっちいいいいいいいい!!?」
真「このぐらいで…まったく…」
ジ「熱いに決まってるだろ!この馬鹿!」
真「ふん」
バシャー
ジ「あぢいいいいいいいいいいいい!!!?ポット投げるなあああ!!!このまな板!!」
真「ふん」
ジ「や、やめ、ヤカン投げ…ぎゃあああああああああ!!!」







ジ「あづ~………」
紅「そうね…………」
ジ「ん~、なあ真紅?」
紅「何かしら?」
ジ「いや、暑いから風呂に水を張ってプールみたいにしよっかなぁって。」
紅「なかなかの名案なのだわ、早速試しましょう。」
ジ「あ、いや、するのは良いけど二人一緒にお風呂に入らないといけませんが………」
紅「バ………バカね、ジュンの膝の上が………あるじゃない………」
ジ「あ………あっとぉ……」
紅「さ、さあ早く水を入れてくるのだわ!!レディを待たせないっ!」
ジ「お、おう。」


この後一緒にお風呂に入った二人だったが何故か出た後の方が身体がほてっていたそうな

若いってのは良いもんだね









紅「……………」
ジ「……………」
紅「……………」
ジ「……………」
紅「…………………」
ジ「…………………………」
紅「たまには…………」
ジ「………ん?」
紅「たまには、こうやって二人で肩を寄せあうのも幸せなものね……」
ジ「ああ、僕も今そう思ってた。」
紅「…………好きよ、ジュン。」
ジ「うん、僕もだ………」


二人だけの部屋、何も言わずとも幸せな今この時









紅「ふわぁ…………おはよう……なのだわジュン。」
ジ「おはよう真紅。ほら、紅茶淹れといたぞ。」
紅「ありがとう………」
ジ「良いよ、それより髪結んでやるからここに座れよ。」
紅「ええ、頼むのだわ……」
ジ「…………」
紅「……………」
ジ「………………」
紅「…………ねえジュン?」
ジ「ん?何だ、今日は髪結ばなくて良かったのか?」
紅「いえ、違うのだわ………ただ………」
ジ「ただ、何だ?」
紅「ただ、毎朝貴方にばかりに家事を押しつけて、ジュンは嫌ではないかと思って………」
ジ「…………くっ……あはははは。」
紅「な、何で笑うのだわ!?しつれ―――んっ!?」
ジ「…………ふぅ。毎朝、朝早くから仕事に行かないといけない大切な奥様な奉仕するのは旦那の仕事だろ?」
紅「……………だからって………いきなりキスはないのだわ………」
ジ「昔は僕の方が振り回されていたからな。だから仕返しだよ。」
紅「まったく……………困った夫なのだわ、貴方は。」







 彼女は気高い
「急に降って来たわね。夕立かしら?」
「だと思うよ」
「ジュン、傘は持っていないの?」
「持ってたら雨宿りはしてないよ」
「そう。じゃあ次からはこんなことが無いよう、折り畳み傘を常備しなさい」
 優しい笑顔で不遜に聞こえる言葉を紡ぎ出す。
 自信の溢れるその立ち姿を例えるならば芍薬。

 彼女は気高い
「ジュン、紅茶を入れなさい」
「オッケー。ちょっと待っててくれ」
「美味しいの、よろしくね」
 見ているテレビが映すのが子供じみた人形劇でもその気品が損なわれることは無い。
 時折楽しげな笑みを浮かべてカップを傾ける彼女は牡丹の花のよう。

 彼女は気高い
「わーい」
「読書中よ。静かになさい、雛苺」
「今私は本を読んでいるの。終わったら遊んであげるから静かに待っていなさい」
「はーい」
 子供を静かに窘める。
 やがて読書をやめて雛苺の元に向かう彼女の、優雅に歩く姿は百合の花。

 傷をつけられたとき、花は萎れてこうべをたれる。
 それを乗り越えたとき、気高き薔薇は美しく咲き誇る。
 
「ジュン、紅茶を入れて頂戴」

 彼女は気高く、そして美しい。







真「紅茶ぁあああああああああああ」
バキッ ドカッ バキッ ドカッ バキッ ドカッ バキッ ドカッ
水「いゃぁぁあ!ヤクルトが溢れたぁぁあ!」
雛「真紅を止めてぇぇぇぇえ!」
薔「あっ、東京タワー壊滅・・・」
J「早く紅茶を!急げ!!」








ジ「なあ真紅。」
紅「何かしらジュン。」
ジ「紅茶ばっかり飲まないでたまには他のも飲め。」
紅「い、嫌よ。第一、紅茶には豊富なカフェインが含まれていて眠気覚ましには……」
ジ「とりすぎは身体に毒だろうが。」
紅「うぅっ………」
ジ「たまには普通にオレンジジュースも飲んでみろって、ほら。」
紅「い、嫌よ!!」
ジ「だから何でそんなに紅茶以外を毛嫌いすんだよ、どれも全部ただの飲み物じゃんか?」
紅「…………っぽいじゃない……」
ジ「はい?」
紅「………紅茶………紅茶以外の飲み物は子供っぽいのだわ………」
ジ「……………くっ、あははははは♪何だ、何だよ、そんな理由かよー♪あはははは腹いてー!!」
紅「なっ!!何がおかしいのだわ!?」
ジ「いや………くくっ………そうやって意地張って他の物飲まない方が子供じゃんか。」
紅「なっ……!!う、うるさいのだわ!!!」
ジ「あっら~~図星か真紅~?」
紅「うっ………」
ジ「くくくっ…………あはははは。だからさ、たまには普通のジュースとかも飲んでみろって、ほら。」
紅「…………何、これ?」
ジ「リンゴジュース。」
紅「……………飲むわ……」
ジ「よしよし、良い子だな真紅。」
紅「うるさいのだわ…………んっ………んくっ、んくっ………」
ジ「……で、お味はいかが?」
紅「紅茶には劣るけど…………おいしい。」
ジ「ふふっ………そうかそうか。」







真「JUM、紅茶のおかわりをちょうだい。」
J「またか、飲みすぎなんじゃないのか?」
真「今日は飲みたい気分なのだわ。」
J「入れてくるから待ってろよ。」
真「5分以内よ。」

最近真紅の飲む紅茶の量が増えてきている。
頻繁におかわりを頼むのでその都度僕は作業を止めて淹れに行かされる。
リビングにいればのりが入れてくれるんだが
くんくんの時間以外は何故かいつも僕の部屋にいるから困る。
部屋にポットを置いておけばいいかもしれんが器のケアとか面倒だな。

食器棚に目をやるとこの前通販で買ったマグカップが目に入った。

真「遅かったわね・・・って何そのカップ?」
J「でかいだろ?これなら心行くまで紅茶を飲めるぞ。」
真「確かにそうだけど・・・。」
J「どうした?」
真「くっ・・・重くて持ち上がらないのだわ。」
J「しょうがないな、つ∥」
真「あー、これなら持ち上げられなくても大丈夫・・・・・・あっつ!」

ストローで熱い飲み物を飲むときは注意してね。

真「JUM、今から私の言うことを復唱するのだわ。
  天にまします我等が父よ・・・。」

どうやら僕は―――今から一段高いところへ行くことになったみたい。

|