※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠「それにしても見事なまでに保守が続いてるですぅね~・・・」
J 「・・・だな。」
翠「ここは翠星石が一肌脱いでやるですぅ!!」
J 「おお~~!!(パチパチ)
で?何するんだ?」
翠「文字通り脱いでやるですぅ!!そうすれば人も集まるですぅ!!
そして、みんな翠星石にメロメロになるですぅ!!」
J 「ちょwwwww・・・ホントに脱いじゃったよ・・・」
翠「ふふ~ん♪」



J 「・・・まぁ、文章の情報量が少ないから
これを見てる奴は悶えられないだろうな。
かなりの神展開なんだけど・・・」
翠「!!?それじゃ意味ないじゃないですか!!せっかく脱いだのに・・・」
J 「心配すんな翠星石、僕がこの歴史の証人になるよ。
ちゃんと脳内に焼き付けたからさwww」

翠「ちょwwwおまwwwww」







翠「や、やいチビ人間!か、か、菓子を作りすぎたからお前にもしゃあねえからやるです!
で、でもだからってす、好きだとか勘違いすんじゃねえですからねっ!」

ジ「何も言ってないんだけど、どう思う。」

薔薇「いわゆる……ツンテレだニョホ。」

ジ「ツンデレじゃないんだ。」

薔薇「デレじゃなくてテレ、これは譲れないなぁ~。」







翠「JUM、服迷ってるですけどどっちがいいか選んでほしいです。」
J「いいぞ、でどれだ?」
翠「これとこれなんですけど・・・こっち(A)はどうですか?」
J「ああ、結構いいんじゃないか?」
翠「そうですか・・・じゃあこっち(B)ですぅ。」
J「こっちもいいな。」
翠「じゃあどっちがいいですか?早く選ぶです。」
J「う~ん、こっち(A)かな?」
翠「はぁー、センスのねー奴です。こっち(C)のにするです。」
J「なんだよそれ!」

こんな目にあった。







「JUM、JUM。この服とこの服、どっちがいいか迷ってるです。ちょっと選びやがれです」
「んー…どれだよ」
「まずこっちです」
「ん……いいな。少し大人の雰囲気じゃないか」
「で、次こっちです」
「ん……これもいいな。可愛いじゃないか」
「さてJUM、どっちがいいと思うですか」
「どっちかっていうとこっt」
「違うッ!JUM君、キミは解っていない!翠星石の魅力を引き出すのはこの服だッ!」
「な、ど…どこから湧いてきやがったですか!?」
「ふむ…なるほど。色気を引き立たせる中に少女のような可憐さがある…相反する二つの要素を合致させるとは。さすが蒼星石」
「ふふ、まだ甘いね。そんなんじゃ翠星石を任せられないよ」
「服飾デザイナーを目指しているというのに、僕はまだ修行が足りないな」
「ってゆーかJUM!おめーも馴染んでるんじゃねーです!」
「あ、翠星石」
「何を怒ってるんだ?」
「何をって……おめーという奴はっ!!このへっぽこぽこの介ーっ!!!!」
「あ、待てよ翠星石!!……行っちまった」
「何を怒ってるんだろうね…とにかくほら、追いかけて」
「あ、ああ…服のアドバイス、ありがとな」
「どういたしまして。がんばれー」

……(゚∀。)あれ?









翠「ち、チビ人間!余ったからやるです!」
ジ「これは…クッキー?」
翠「べ、別にちび人間のために作ったんじゃねぇです!ただあまって捨てるのももったいないから特別にチビ人間にやるですう!」
ジ「はいはい、ありがたくいただきますよ」
翠「そうですぅ、ありがたくいただくですぅ……で、どうですか?」
ジ「なにが?」
翠「な、なにがって…だから…///」
ジ「冗談だよ、うまいぞ、このクッキー」
翠「あ、そ、そうですか…よかったです…///」
ジ「…ふ」
翠「な、なに笑ってやがるですかチビ人間!」
ジ「いや、可愛いなって」
翠「…も、もう知らないですぅ///」









 彼女は口が悪い。
「おはよう、二人とも」
「おはよう、ジュン君」
「はー。朝っぱらからチビ人間のしけた顔見るなんて、今日もついてねーです」
「何だとこの性悪」
「誰が性悪ですかコンチクショウ!」
 売り言葉に買い言葉の応酬はいつものこと。実はちょっと楽しみだったりする。
「二人とも、朝からやめなよ……」

 彼女は素直じゃない。
「チビ人間、弁当たべるです」
「お、今日も作ってきてくれたのか。ありがとな」
「別におめーの為じゃねーです。材料が余ったから作ってやっただけです」
「わかってるよ。それでも、ありがとうな」
「わ、わかってるならいいです。今日もこの翠星石様に感謝して食うといいです」
 毎日図ったようにして余る材料で作られた弁当は、彩りも豊かで手間もかかってそうに見える。
「いつも計算してるくせに……。姉さんは、全く……」

 そんな彼女は二人きりだととても素直。
「……」
「……」
 口の悪さもなりを潜め、黙ってくっついてるだけでとても幸せ。
「……明日は休みです」
「そうだな」
「……泊まっていくですか?」
「うん、そうさせてもらうよ」
「そうですか……。じゃ、蒼星石にも言っておくです」
 はにかむ彼女はとても可愛くて。
 僕はますます彼女が好きになっていく。

s



はじめに・・・コレはとある漫画のパクリです。文句は一切受け付けません。

その日、わが町は記録的な大雪に見舞われた
J「え?帰ってこれないの?」
のり「そうなのよぅ。ごめんねJUM君。御飯は出前でもとってね~。」
その時玄関のチャイムが鳴る。そこにいたのは・・・
翠「ん・・・届け物にきてやったですぅ。」
翠星石が手に掲げるのは携帯のストラップ。
翠「この前クリスマスパーティーした時ストラップ失くしたって言ってたですぅ。うちのソファーから出てきたですよ。」
J「そうだったんだ、ありが・・・うわあああ!!」
ストラップを受け取ろうと翠星石に近づいたJUMは凍った玄関で足を滑らせてしまう。
そして・・・同時にメコッといい音が響いた。
翠「ふ~ん、のりは部活から帰ってこれないですか~。じゃあ翠星石が御飯作ってやるですぅ。」
ドンと胸に手を当てる翠星石と鼻にティッシュがつまっているJUM。
J「えーと・・・それはさっきの謝罪ととっていいのかな?」
翠「う、うるさいですぅ。いきなり覆いかぶさってきたら手がでるもんでうすぅ。」
と、翠星石が調理を始める・・・しかし、ここでもハプニングが・・・
翠(さっきから気になってる事があるですぅ・・・翠星石と呼ぶたびにJUMの視線は下を向いてるです。
そういえば水銀燈が言ってたです・・・『男は女と話すときは胸を見るのよぉ』と!
た、確かに真紅や金糸雀に比べれば大きいかもしれないですけどそんな凝視しなくてもいいですぅ。
セクハラですぅ!男は不潔ですぅ!)
と、翠星石が考えているように、JUMも。
J(う~ん・・・さっきからどうしても目に付く・・・胸についてる御飯粒。言うべきか・・・でも怒られそうだ。
でも翠星石だって無意味に人を殴る奴じゃないし、僕は好意で言うわけだし。よし、言おう。)
J「翠星石、お前胸ーーー」
飛び交う調理器具。包丁がないのは幸いか。そして、しばらく後再び玄関。
翠「す、すまんですぅ。翠星石が変な早とちりしちまったですぅ。本当におわびに・・・なんでもするですぅ。」
J「あー、まぁ気にするなよ。僕も気にして・・・うわあああああ」
再び凍結した玄関で足を滑らせ翠星石に覆いかぶさり押し倒すJUM。
J「ご、ごめんなさい!わざとじゃないんです!だからぶたないでーー!」
しかし、翠星石はその美しいオッドアイの瞳にじわっと涙をためて一言。
翠「馬鹿・・・ですぅ。」
J「ええ!反応生々しいよ!いっそ打ってよ!」
おしまい








翠「やいチビ人間っ!」
ジ「……………」
翠「む、無視すんなですっ!!」
ジ「……………」
翠「やいコラ反応しやがれですぅ!!」
ジ「……………」
翠「…………な、何なんですか!!お前は口も聞けない木偶ですかぁっ!!」
ジ「………………」
翠「こら………少しくらい………反応しやが………して……くださいです。」
ジ「……………ふぅ。」
翠「ううっ………何ですか、そんなに翠星石と話すのは嫌ですかぁっ!?」
ジ「……………」
翠「…………もう、もう良いですぅっっ!!!バカバカバカバカバカバカ人間!!!…………ううっ………ひっく………」
ジ「わっっ!!!!おいおい、泣くなよ!!!ちょっと無視しただけじゃんかっ!!」
翠「ゔるざいでずぅ!!チビが翠゙星石にイジワルずるのは百゙年早い゙んですぅっ!!」
ジ「あ~も~~、本当に翠星石は寂しがり屋なんだからなぁ………ほれ、泣きやめって。」
翠「ひっく…………翠星石が………翠星石が泣きやむまでギュッするですぅ………」
ジ「はいはい………ったく、しょうがないよなぁ、ほんと。」








翠「やっと帰って来たですか。なんかお話するです。」
J「今日はそんな気分じゃないんだ。」
翠「最近あんまりこんな機会ねぇじゃねえですか。」
J「いいだろ別に。何にもないって。」
翠「どうしたですか?悩みがあるなら翠星石に話してみるです。」
J「うるさいな、ほっといてくれよ。」
翠「そういう訳にはいかねぇです!」
J「な、なんだよ?」
翠「1日5分、1日たったの5分でいいんですぅ。
  JUMのそのヒンマガッタ性格も
  あなたの翠星石とのカウンセリングで何とかなるですよ。
  効果は未知数!」
J「・・・おまえそれ言いたかっただけだろ?」
翠「ですぅ。」







「雨、やまないですねぇ……」
「梅雨だからな」
 今日は翠星石に頼まれて園芸部の手伝い。雑草を抜いているのだが雨のせいでどうも気が滅入ってくる。
「蒼星石は大丈夫ですかね」
「風邪ひいたんだっけ?」
「そうです。何でもエアコンのタイマーをかけわすれて、つけっぱなしのまま寝ちまったらしいです」
「珍しいな」
「たまにはそんなこともあるですよ……っと」
 一人だったら余計に嫌になるかもしれない作業、二人だからこそこうして続けられるのだろう。
「でも、蒼星石には悪いけどちょっと感謝かな」
「? なにがです?」
 少し怒った声で問いかける翠星石にいたずらっぽく答える。
「だって、そのおかげでこうして二人っきりでいられるだろ?」
「!?!?!???!? く、くっちゃべってねーで手を動かせです手を!」
 顔を真っ赤にして声を荒げる彼女を見れば、こんな作業も楽しくなるね。
「な、なぁに笑ってやがるですかー!」


翠「ごはんも食べたし何かして遊ぶです。」
J「いや、数学の宿題今日の分先に済ませてくる。」
翠「そんなのあとにするです。一緒に遊ぶですぅ。」
J「おまえやらなくていいのか?」
翠「数学は蒼星石の担当ですぅ。」
J「分担するのもいいけど自分でやらないとテストで困るぞ。」
翠「写しながら覚えるからいいです。いいから早く来るです。」
J「すぐ終わるから後にしろって。」
翠「ごーじょーなヤツですね。デザートでも食ってくるです。」

翠「いい加減終わるですよ、えいっ。」
J「いてーな・・・うわ、なんだその銀色スーツ、宇宙人?」
翠「数学をやめさせるためのスーツですぅ、えいっえいっ。」
J「いたた、ヘアバンド振り回すな。」
翠「早くやめないと人質のかけざん姫が大変なことになるですよ?」
J「人質?」

翠星石が扉を開けると猿ぐつわにロープで緊縛された雛苺が転がって入ってきた。

雛「ふぁーいJUM、はふへへあおー。」
J「・・・もう終わったから解いてやれ。」
翠「あっさり引き下がったです。スーツのおかげですぅ。」
J「雛苺、大丈夫か?」
雛「ふぅ、面白かったの。」
翠「チビ苺にしてはなかなかだったです。あとでうにゅー買ってやるです。」
J「なんだ、買収してたのか。」
翠「なんだじゃねぇです。待たせたおめーの奢りですぅ。」

その日はそのまま銀色のぴっちりスーツを着た翠星石に連れまわされたJUMなのでした。
終わり






「S○S団」※パクリネタ


翠「こら、ジョン!お茶をいれるですぅ!」
JUM「僕はジョンじゃなくてジュンだ!」
翠「雛苺ちゃんはこのコスプレをきて頂戴ですぅ!」
雛「ひえーなのー」
JUM「蒼星石なんかいってくれ・・・」
蒼「・・・・・(なにも言わずに本を読む・・・)」

S 世界を
O おもしろくする
S 翠星石の団


翠「こら、ジョンお茶はまだですぅ?」
JUM「こんな倶楽部いやだ・・・・」








翠「雨ですね…」
ジ「雨だな」


翠「と、特別にちび人間と一緒の傘に入ってやるですぅ」
ジ「…はいはい」


翠「……ちび人間、肩濡れてるです…もっとこっち寄るです」
ジ「……それは…」


翠「づ、づべこべ言うなですぅ!(ギュー」
ジ「お、おい…」


翠(…暖かいですぅ)
ジ(…暖かい)


翠「…少し、遠回りしてくです」
ジ「…ああ」
|