※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
  ~終章~
 
 
鈴鹿御前を討ち倒し、祓って凱旋した八犬士たちを、万民が諸手を上げて歓待した。
しかも、桜田藩の次期当主を奪還、救出してきたのだから、尚更のこと。
ジュンの父親は無論のこと、家老たちも、犬士たちの功績を認めた。
 
最早、蒼星石を平民の娘と蔑む者は、ひとりも居ない。
ジュンと彼女は、凱旋から数日の後に祝言を挙げ、死線をかいくぐってきた仲間たちや、
領民すべてに祝福されながら、晴れて夫婦となったのである。
ジュンは心から蒼星石を愛していたし、
蒼星石もまた、この世に彼を繋ぎ止めてくれた巴も含めて、ジュンを愛していた。


二人は寄り添い、城の天守閣から復旧していく街並みを見下ろしていた。
ちょっとだけ貫禄が増したジュンと、男装の麗人から一躍、美しい姫君となった蒼星石。
若い二人の姿を見て、人々の心には、新しい時代の到来を予感するのだった。

 「ふふふっ」
 「どうしたんだ、蒼星石?」
 「ねえ、ジュン。人って……幸せだと、自然に笑えるものなんだね」
 「うん。そして、笑える余裕があれば……他人にも優しく出来るのさ。
  この藩も、いや、国中の人々が、笑って暮らせる世界になれば良いよな。
  蒼星石たちは、そんな未来への道標を示してくれたんだと、僕は思うよ」
 「……そんな、大層な事じゃないってば。
  ボクらはただ、前世に犯した自分たちの過ちを、正したにすぎないんだから。
  本当に讃えられるべきは、ボクじゃなくて、真紅の方だよ」

眼下に広がる城下町を眺めながら、彼女は、どこかに宿泊している真紅に想いを馳せた。
房姫の生まれ変わりとして、自らの分身でもある鈴鹿御前を討ち、穢れを祓った退魔師。
桜田家への仕官を奨める蒼星石に、真紅は毅然と、拒否の返事をした。
 
 
  ――この世には、まだ助けを求めている人々が、沢山いるわ。
     だから、行かなきゃ。第二、第三の鈴鹿御前が生み出されない様に、ね。
 
 
真紅は、とても清々しい顔で「お幸せにね」と告げて、城を後にしたのだった。

 「彼女はこれからも、自分を犠牲にして、過酷な旅を続けていくんだから」
 「そうなのかな?」

ジュンは、力強く蒼星石の肩を抱き寄せて、続けた。

 「どんな人生であれ、自分で考えて、その結果として選んだ道なら、
  歩み続けることを苦痛だなんて思わない筈だよ。
  かく言う僕も、次期藩主として生きていくことを決めたけど、この先、
  何があっても後悔なんかしないさ」

――何故ならば。

 「僕の側には、いつでも蒼星石が居てくれるから。
  いつだって、挫けそうになれば支えてくれると信じているから。
  だから、僕は……どんな運命にだって、立ち向かっていけるよ」
 「…………そうだね。きっと、ボクも同じだよ。
  この剣に誓って、ボクも、ジュンと一緒に、運命を切り開いていくから」

二人は肩寄せ合いながら、今も蒼星石の手中にある剣『月華豹神』に目を向けた。
新たに桜田家の家宝と認定された『月華豹神』だが、管理の一切は、
蒼星石に一任されている。だから、彼女も片時たりとて手放さなかった。

柴崎老人が鍛えた剣『月華豹神』は、『月下氷人』の韻を踏む名称。
月下氷人とは媒酌人。即ち、仲人を意味している。
彼は、今日という日が訪れる事を、悟っていたのだろうか。
それとも、いずれは普通の娘に戻って、家庭を持って欲しいという願いが、
込められていたのか。


今となっては、真相は闇の中である。

程なくして、ジュンと蒼星石は、柴崎老人の菩提寺を建立して彼に感謝し、
彼と、彼の一家の冥福を祈った。
 
 
 
 
その頃、真紅は、城下町の宿で旅支度を調えていた。
数日前に、ジュンと蒼星石の祝言を見届けてから今日まで、充分に鋭気も養った。
後は、いつ出立するかだ。

窓辺に腰を降ろして、涼んでいた水銀燈が、彼女に声を掛けた。

 「もう出発するのぉ? 忙しないわねぇ」

真紅は、にっこりと微笑みを向けて、穏やかに返答する。

 「人の心に宿った鬼が目覚める限り、私の、退魔師としての旅は終わらないわ。
  これは、もう宿命みたいなものよ」
 「ふぅん? 因果な職業に就いたものねぇ」
 「人々の笑顔を護る仕事ですもの。とても重要で、張り合いがある職業だわ」
 「……まぁねぇ」

誰かが、やらねばならない事だ。そして、真紅にとっては天職でもある。
真紅が、今の生き方に満足しているなら、何も言う事はない。
水銀燈は戯けた様に応じると、肩を竦めて見せた。

 (でも……それで、貴女は幸せ?)

この先、たった独りで旅を続けて、本当に心が満たされるのだろうか?
赤の他人のために、命を磨り減らしていくだけではないのか?
御魂の絆で結ばれた姉妹たちは、それぞれの人生を見つけて、幸福になろうとしているのに。
 
 
 
 
翠星石は、お庭番の頭として、城仕えの道を選んだ。
家臣の中には、ジュンの側室にとの声も有ったが、彼女が断固として拒絶したのだ。
ジュンの事は好いていた。
でも、側室となって世継ぎを産むような事になれば、いずれ家督相続の争いが起きよう。
蒼星石の幸せを護るためにも、翠星石は我を捨てて、一家臣の立場に甘んじたのだった。
数年後、翠星石は双子の姉妹を産み、忍びとして育てたが、子供たちには、

 「お前らの父親は、凄ぇヤツだったのですぅ」

と語るだけで、父親が誰なのかは生涯、明かさなかったと言う。



金糸雀は、蒼星石とジュンの祝言を見届けてから、
ベジータと共に故郷の明伝藩に戻り、祖父の後を継いで開業医となった。
名医の誉れも高く、忽ち広がった噂を聞き付けた患者が、遠路遙々、
彼女の元を訪れるまでになっている。
しかし、相も変わらず、付かず離れず……微妙な関係の二人。

 「ベジータ! そろそろ、手狭になった診療所の増改築をするかしら」
 「おい、待てよ! そんな事まで、俺にやらせるのか?!」
 「宣教師なんだから、勤労奉仕するのは当然かしら?」
 「俺、この間、破門され――」
 「問答無用っ! 頼りにしてるわよ」
 「…………こんな殺し文句に逆らえない自分が情けねえぜ」

恋愛感情が芽生えるには、まだまだ時間が必要らしい。



雛苺は桜田藩より拝領した褒美の品々を持って、養父、結菱一葉の元へと帰った。
それを元手に、神社の片隅に孤児院を開き、身よりのない子供たちを引き取り、
面倒を見る生活を始めた。

 「みんなー! おやつの時間なのよー。今日も、うにゅーなのっ!」
 「……ひと回り大きく成長して戻ったと思ったのだが、
  気のせいじゃったのかな」
 「うょ? なあに、お父さま?」
 「いや、なんでもない」

過酷な試練を乗り越えたとは言え、まだまだ子供っぽさを残している雛苺。
子供たちと戯れる愛娘に、慈愛に満ちた眼差しを向けながら、

 (やれやれ。まだ当分、死ねないな)

表情は笑みを浮かべつつ、内心で重い溜息を吐く一葉だった。



嘗ての狼漸藩は、藩主や家督相続人を失ったことから、幕府に認められて、
財政的にも余裕のあった桜田藩の領地となった。
明伝藩は、自国の復興だけで、財政が火の車となっていたのである。

薔薇水晶と雪華綺晶の姉妹は、桜田家からの依頼に応じて、
旧狼漸藩領に建立された御霊神社の宮司となった。
鈴鹿御前を含めた、数多の犠牲者たちの御霊を鎮める為、
房姫が生み出した三種の神器のひとつ、神槍『澪浄』を御神体に納めたのである。

 「…………神社の管理って、退屈」

神社の管理運営について、諸々の記帳をしていた薔薇水晶は、大きな欠伸をした。

 「だらしない真似は、およしなさい。これも大切なお仕事ですわよ」
 「……私向きじゃない。止ぁめたぁ」
 「ちょっ! 薔薇しぃっ!」
 「遊んでくる。後は任せた」

じゃっ! と片手を挙げると、薔薇水晶は脱兎の如く走り出し、
雪華綺晶の制止を振り切って、遊びに行ってしまった。

 「……もぅ、あの娘ったら」

諦め気味に吐息する雪華綺晶だったが、彼女は直ぐに、微笑を浮かべた。
眼帯で狗神の徴を隠す必要がなくなって、薔薇水晶は前にも増して、行動的になった。
その成長ぶりが嬉しく、いつも一緒にいられる喜びを噛み締めながら、
雪華綺晶は再び、帳簿の整理に戻るのだった。



みんな、新しい人生を歩み始めている。それは真紅も、同じ。
自分が為すべき事を見定めて、歩きだそうとしている。
そこで、水銀燈は、ふと考えた。

――じゃあ、私は?
   これから、どうするの? 何をしたいの?

漠然とだが、めぐと一緒に、全国行脚の旅にでも出ようかと思っていた。
これと言って、当て所ない旅。足の向くまま、気の向くままに……。
でも、本当に、そうしたいのだろうか?
めぐと一緒に居たいと願ったのは本心だけれど、何故か、心が沸き立たない。
これまでの埋め合わせをする、良い機会だと言うのに。

どうしてぇ?
そう思ったとき、水銀燈の胸裏に、めぐが語りかけてきた。

 『水銀燈…………彼女と、一緒に行きたいんじゃないの?』
 (えっ?)
 『私には、ちゃあんと解るわよ。水銀燈が、彼女に寄せてる想いくらいはね』
 (はあぁ? なにそれ、ばっかじゃないのぉ。私は別に、真紅のコトなんてぇ)
 『なんとも思っていないなら、どうして今も、此処に来てるの?』

めぐに指摘されて、水銀燈は返答に窮した。
祝言が終わって、他の娘たちは旅立ったというのに――
自分だけは、真紅の元に留まり続けている。
考えてみれば、馬鹿馬鹿しいし、自分らしくなかった。
今までなら、自己中心的と批判されても、自分の行動理念に従っていた筈だ。
他人の祝言には興味が無かったし、周囲がどうなろうと、知ったことではなかっただろう。

それなのに、何故、こんな真似をしているのだろうか?
性格が変わったなんて自覚は、全くないのに。

 『解らないの? 水銀燈も意外に、お馬鹿さんなのね。
  彼女のお仕事、手伝ってあげたいんでしょ?
  だったら、正直になれば良いじゃない』
 (でもぉ……私は、めぐと……)
 『私は、水銀燈と一心同体だもの。何処に行こうと、ずっと一緒よ。
  それに、私だって冒険がしたいわ。貴女たちと一緒に、ね』
 (…………ふぅん。まあ、めぐがそう言うなら、考えなくもないわねぇ。
  いい? 勘違いするんじゃないわよぉ。これは、めぐの為なんだからね)

その後も胸中で、くどいくらいに「めぐの為」を繰り返して、
水銀燈は、真紅に話を切りだした。

 「……真紅ぅ。もし良かったら……私も、手伝ってあげましょうかぁ?」
 「なあに、いきなり。どういった風の吹き回しかしら?」
 「べ、別にぃ……深い意味なんて無いわよぉ。
  ただ、へっぽこ退魔師さんが野垂れ死にしてる光景を想像したら、
  あまりに不憫に思えちゃってねぇ。ホントに、深い意味はないんだからね」

真紅は、くすっ……と微笑んで、水銀燈を見詰めた。

 「ありがとう、水銀燈。なんとなく……本当に、なんとなくだけれど、
  貴女なら、そう言ってくれると信じていたわ」
 「なによ、それぇ。特別に、私が手を貸してあげるって言ってるのよぉ?
  ちっとも、誠意が感じられないじゃなぁい。
  せめて……そうねぇ『ありがとうございます、水銀燈さま』とでも――」
 「ありがとうございます、水銀燈さま。生涯、感謝しますわ」
 「…………」
 「…………どうかした、水銀燈?」

満面の笑みを浮かべて、事も無げに問い掛ける真紅。
水銀燈は微かに頬を染めると、顔を背けて窓の外を見遣り、前髪を掻き上げた。

 「まぁったく。そんなにアッサリ言われたら、つまんなぁい」
 「あら、そう。それで、付いてきてくれるの? くれないの?」
 「……結構、底意地が悪くなったわねぇ。解ってて、言ってるでしょぉ」
 「返事を聞きたいだけよ」

今回は、分が悪い。水銀燈は、ひょいと肩を竦めて、溜息を吐いた。

 「一緒に、付いてってあげるわよ。特別に、なんだからねぇ」
 「はいはい」

――変なところで強情なんだから。
水銀燈に宿るめぐと、真紅は、同じ台詞を考えていた。
だが、口には出さずに、真紅は荷物の中から、折り畳まれた衣服を取り出し、
水銀燈に手渡した。

 「はい、これ。私の相棒に成ってくれるなら、この服に着替えてちょうだい。
  その恰好では、ちょっと問題ありだわ。何事も、第一印象が大切なのよ」
 「着流しの方が楽なんだけどぉ……まあ、しょうがないわねぇ」

真紅から衣服を受け取ると、水銀燈は衝立の後ろに回って、いそいそと着替えを始めた。
なんだかんだ言って、結構、愉しみらしい。

 「これで良いのかしらぁ、真紅ぅ」

程なくして着替えを済ませた水銀燈は、真新しい巫女装束に身を包んでいた。
真紅の服と異なっているのは、袖の長さと、袴の色である。

 「ねぇ……巫女装束なのに、どぉして袴の色が青紫色なのぉ?」
 「仕方なかったのよ。昨日、呉服屋の方に製作を依頼に行ったら、
  もう、その色の生地しか残ってないって言われたんだもの。
  それとも、上下揃って白装束の方が良かった?」
 「死に装束みたいでイヤよぉ。これはこれで、なかなか良いわぁ」
 「よかったわ、気に入ってもらえて」

口では、なんとなくと言っていたが、真紅は、水銀燈が協力してくれると確信していた。
だからこそ、昨夜の内に、急いで彼女の装束を注文しておいたのだ。
寸法は、真紅を目安にして、少し大きめに製作して貰ったのだが、
見る限り、どうやら丁度いい様子だった。

 「貴女も旅支度をしてちょうだい。終わったら、直ぐに発つわ」
 「私の準備なら、直ぐに終わるわぁ。元々、大した手荷物は無かったしぃ」
 「そう言えば、出会ったときから貴女は軽装だったわね」

初めて出会ったとき、水銀燈は、異様に長い太刀しか、手にしていなかった。
それは今、三種の神器のひとつ、神刀『紫綺』となって、彼女の手に在る。
神器の使い手。これほど頼もしい相棒は、そう居ない。

真紅は、最後の荷物を纏め終えて、肩こりをほぐすように、ぐるぐると頚を回した。

 「さて、と。私の準備は、これで終わったわ」
 「それじゃあ、出発するぅ?」
 「ええ、行きましょう。私たちの助けを、必要としている人たちのところへ」

二人は、並んで宿を出ると、街道沿いに歩きだした。
これから先、どんな苦難が待ち構え、どんな強敵が襲ってくるか解らない。
でも、二人でなら、きっと乗り越えられる。
真紅も、水銀燈も、敢えて言わなかったけれど、心の底では、そう思っていた。
 
 
 
 
得物と、僅かな荷物を持って街道を行く彼女たちを、
山伏の格好をした二人の青年が、街道沿いの丘の上から、じっと見詰めていた。

その内の一人……眼鏡を掛けた優男風の男が、目を細めて笑った。

 「おやおや。折角、普通の女の子に戻れたと言うのに……血気盛んですねえ。
  そうは思いませんか、槐くん」

槐と呼ばれた、怜悧な眼をした金髪の青年は「結構な事じゃないか」と応じた。

 「彼女たちが、自分で選んだ道だ。そうだろう、白崎?
  我々が、あれこれ口出しする問題じゃない」
 「正論ですねえ。僕等はただ、彼女たちの成長を見守るだけの存在。
  舞台の上で演じられる、人生と言う名の劇を見に来た観客に過ぎません」
 「新たに演じられる劇が、どんな内容なのかは解らない。
  だが、席を立つことなく次の舞台を観られるのだから、得をしたと思わないか」
 「……ですね。僕等はまた、観客席から、彼女たちの演劇を愉しむとしましょう」

そう言うと、二人の青年は金剛杖を突きながら、真紅たちとは逆の方へと、
街道を進んでいった。


天下太平。



今までの穢れを拭い去るかの如く、空は青く高く、どこまでも晴れ渡っていた。
 
 
 
 
  ~終劇~
 
 

|