※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベ 「第一回、清純派乙女決定戦!いよいよ開幕だ!司会は俺様、ベジータが務めるぜ!」
笹 「…一応、司会補佐の笹塚です。でも待機場所が廊下って…(ry」

ベ 「さて、それでは早速第一回戦!テーマは『涙』!審査員の桜田ジュンの入場!」
ジ 「おいベジータ。僕はルールも聞かされてないんだけど。」
ベ 「ルールは簡単!『乙女っぽい泣き方に高めの点数あげちゃえば?』って感じだ。」
ジ 「∑アバウトー!」
ベ 「それでは、挑戦者の方々、配置にどうぞ!」


 そ れ が 波 乱 の 幕 開 け だ っ た 。


  レディ コンテスト
 「  乙   女   」  近日公開予定!






ベ 「えー、それじゃジュン。配点は10点満点な。」
ジ 「何で僕がこんな目に…」
ベ 「なんか言ってんのは気にせず…エントリーナンバー1番!水銀燈!」
水 「よろしくぅ。」
ジ 「あれ?最初っから泣いてるわけじゃないんだな。」
ベ 「泣くのはステージの上に立ってからだ。制限時間は1分。」
ジ 「1分…長いな。」
ベ 「挑戦者がお前にアピールする時間も必要だ、と白崎ディレクターが言っていた。」
ジ 「(∑何やってんだあの兎ー!!)」

ベ 「えー、ルール説明も終わったところで…早速泣いてもらいましょう!」
ジ 「え、もう?」
ベ 「それでは…Let's Crying Time!」
ジ 「(英語ー!?)」

BGM:フランダースの犬、ネロとパトラッシュが天に召されるシーン

ジ 「(BGM!?それも何故こんな物悲しい…!)」
水 「…う…ジュン…ネロが…可哀想よぉ…」
ジ 「(は、迫真の演技だな…)」
水 「ねぇ、ジュン…貴方が死んだら…私、絶対ついてくからぁ…」
ジ 「…」
水 「…置いてっちゃ…駄目よぉ?」
ジ 「…!」
ベ 「あーっと、ジュンの奴、抱きしめられている!殺意が!殺意が抑えきれねぇぇぇぇ!」
笹 「…っと。ここで1分経過です。審査員に判定をお願いしましょう!」
ジ 「…あ、そうか。ええっと…」




水 「…(涙目で上目遣い)」
ジ 「…9点!」
べ 「おお!これはいきなり高得点!私的な意見で言えば、何故10点じゃないのかと小一時間(ry」
笹 「はい、水銀燈さん。お疲れ様でした。結果発表まで、控え室でお待ち下さい!」

水 「ねぇ、ジュン?」
ジ 「…?」
水 「さっきの、本気だからねぇ…」
ジ 「え…それって…」
ベ 「それでは抑えきれない俺の殺意が暴発する前に…二人目の挑戦者、金糸雀に入場してもらおう!」
水 「…なによぉ。少しぐらい話してたっていいじゃなぁい。」
金 「さあさあ、場所を譲るかしらー!(ふっふっふ。作戦通りに優勝をかっさらうかしらー!)」

ベ 「えー…それでは早速泣いてもらいましょう!…Let's Crying Time!」

BGM:火曜サスペンス劇場

(一分近くの間)
金 「…∑こ、これは何かしらー!?」
ジ 「涙の一筋すら零れていないな。0点。」
ベ 「0点が出たー!金糸雀、無得点!」
金 「ちょ、ちょっと待つかしらー!これは何かの陰謀よー!」
笹 「はい、金糸雀さん。お疲れ様でした。結果発表まで、控え室でお待ち下さい。」

翠 「ひーっひっひっひ…いい気味ですぅ。」
蒼 「翠星石…ちょっとずるくない?」
翠 「金糸雀ごときと正々堂々勝負する必要を感じねーです。」
蒼 「…金糸雀ファンに怒られるよ?」


|