|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本田屋3

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006/9/26
酒田市遠征から宮城に戻り、この日4軒目の『本田屋』で「味噌」(750円)を。
以前来た時は醤油とつけ麺しかなかったので、新メニューの味噌にしてみました。
麺は山形の名店『ケンチャンラーメン』譲りの極太平ちぢれ麺。量も1.5玉分くらいあります。スープは油がやや多めで塩分も濃い目の味噌スープ。
具は角切りチャーシュー・細切りメンマ・コーン・たっぷり刻みネギ・青海苔・そしてレンゲには辛味噌。辛味噌はかなり辛めです。
山形での修行経験がある店主というのもあってか、スープの系統はちょっと違いますが、『龍上海』の味噌を意識した感じの味噌ラーメンに感じます。
全体的にはなかなかいいと思いますが、私的には、この極太麺はやはり"ケンチャン"ルックの醤油スープで食べたい気はします。

システムが以前と結構変わっていて、麺の量は以前あった小盛の「レディース」がなくなっていて、普通盛と大盛のみ。
以前は極太麺のみでしたが、今はデフォでは醤油が細麺で味噌が極太麺という形とのこと。
ただ私のように、以前の「醤油+極太麺」が食べたい!という人には、調理前に声がけすれば、醤油に極太麺もやってくれるとのこと。
醤油スープも以前と味を変えていないとのことなので、ケンチャン系の「醤油+極太麺」を宮城でも今後も食べれるので、嬉しい限りです。



住所:仙台市太白区西多賀5-24-1 ベガロポリス2F



                                    by hiro



  • ここは気になってました。
    極太縮れ麺と味噌、どんな感じなのか興味有りですw -- はらへリズム (2006-10-07 15:15:28)
  • 味噌も悪くはないですが、この店は醤油スープの方が極太平ちぢれ麺との相性がよく感じますね。 -- hiro (2006-10-07 21:08:42)
名前:
コメント: