|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ラーメン厨房たけや(温つけめん)

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

らーめん厨房たけや
温かラーメンで残っていた、温つけめんをいただきました。
ほかの店では絶対注文しないメニューです。
というか、つけ麺って初めて食べました。なのでほかの店との味の比較はできません。


鴨肉のダシ?と最初は思ったほどなんか風味が独特で味もいい感じでした。
つけダレの濃さもちょうどよく、自分にはあっていましたが、もう少し濃くしてもいいかな?
タレを薄めるためのスープが付いているので、好みによって濃さを変えられます。
薄くはできるけど、濃くは出来ないので。
会計のとき、「もうちょっと濃くてもいいかも」と店主にアドバイス。
麺もよくスープにからむように仕上がっています。欲を言えば麺にのせる海苔はやめた方がいいかも。ざるそばの雰囲気になるので。何がいいって言われてもすぐにはわからないですが。
でも、うれしいことに、きっちりとした湯切りの後に、油のような(でもにおいをかいでもわからないんですが)ものを麺がくっつかないようにかけてくれて、最後まで好みの量を箸でつかむことが出来ました。
よく、麺と麺が絡まって、少しはさんだつもりが多く麺がついてくるときってありますよね。
そういうことが少ないんです。
タレはこってりのスープを使っていて、それにゴボウと米山産の豚肉を加えて作っているそうです。
米山産の豚って甘みがあってうまいんですよね。
その甘みがタレにとけ込んでいてうまかったです。
ゴボウが入っていると言うこともわからないくらいでした。
ゴボウと豚肉で鴨肉のダシと最初は感じたのかもしれません。
ただの味音痴?

あと、味噌ラーメンの作り方が変わっていました。
炒めていなかった野菜を炒めて、スープにしていました。
この辺の味の変化誰かレポートお願いします。
wikiの食べ歩記で味噌ラーメンの生野菜が不評って書き込んだから炒めるようにしたのかな?
自意識過剰と怒られそう。
でも、この頃食べ終わって会計をしていると、店主が調理の手を休めて自分のところにきて感想を聞いてきます。
写真なんか撮ってるからなんでしょうか。
それとも、wikiの食べ歩記を見ていてその関係者と感じているんだろうか。
聞くに聞けない。
(でも、これを読んでいたら。。。。)

(住所)登米市迫町佐沼字中江5-6-6


                                            by JIJI



  • 先日はどもって顔を出して挨拶してくれましたが
    まだレジでお会いしたことがないです
    恥ずかしがり屋の自分はJIJIさんのようなアドバイスなんぞ
    到底出来ません
    写真取ってるのが精一杯です(^^; -- 熊ちゃん (2005-09-16 05:47:17)
  • つけ麺は麺があまり冷えない方が良いと思います
    スープとの温度差が違和感感じるんですよね
    丸長のつけ麺結構人気です
    前回食いました
    ラーメンと違ってコクがあって良いですね
    また食いたいと思いました -- 熊ちゃん (2005-09-16 05:49:47)
  • なんといつもいるはずのマスターが居ないのですオロオロ( ̄_ ̄;)(; ̄_ ̄)オロオロ
    女性店員が温つけ麺を洋風チャーハンミニを男性店員が作ります
    まぁ出来は良いので一安心(´▽`) ホッ

    温つけ麺に入ってるゴボウなんですが苦手な私でも全然気にすることのない出来でした
    堅くもなく麺とスープのバランスを壊すこともない、なんとも良い出来です
    レタスもスープに入れて食べてもレタスって主張しないんですよね
    キャベツは大好きですがレタスは食べれないこと無いですがあまり得意じゃありませんが全然違和感ないです
    野菜だけが突き抜けず良い感じというのはすばらしいです
    ですがちょっと油が多いような気もしますね
    このスープどちらかというとうどんや生そば系に近い気もします
    急須はなんだろうと思い聞いてみると、そば湯のように最後にスープを割ってお飲み下さいとのこと
    なんと他ではこのようなのに出会ったことがないので斬新で良いです

    PS
    実は温つけ麺一口食べて写真取ってないことに気づきました・・・
    でも全然形崩れてなかったので撮影してきました(^^;
    -- 熊ちゃん (2005-09-18 01:17:10)
名前:
コメント: