|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

山頭火(南吉成店)21

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/1/26

『山頭火 南吉成店』「しおらーめん」 (790円-無料券)を。
ふと財布の中を覗いたら、中に入っていた昨年末の10周年記念イベントの際にもらった「ラーメン一杯無料券」の期限が迫っていることに気づき、あわててやってきました(笑)

塩・醤油・味噌のどれかから選べるということで、もちろん塩をチョイス!
何故もちろんかというと、山頭火さんの塩は、私hiroの食べ歩きを始めるきっかけになった一杯だから。
まだ10代の頃、今やなき国分町通り沿いにあった店舗で、こちらの塩を食べた時の感動は今も忘れません。
当時、塩ラーメンといえば、炒め野菜の乗った透明スープの物がほとんどだった中で、白濁豚骨ベースで、しかも魚介もバランスよく配合した重層型スープはホント衝撃的でした。

ボソボソッとした低加水麺の食感も、今でこそ珍しくないですが、当時はホントビックリしました。

当時はデフォでトロ肉が乗っていたチャーシューは、現在はバラになりましたが、弾力を残しつつ、硬すぎない絶妙な仕上がりでとても美味しいです。


それから十数年経ち、ラーメンもかなり進化しましたが、こちらの塩は今の時代でもオンリーワンかつ十二分に通用する味であると思います!





                              by hiro (2011年 15杯目)


  • 私も塩食べた時の衝撃はいまだ忘れられません
    場所はまだありそこの敷地には昔ザ・ベストテンで吉川晃司が来て生中継で歌って周り大変でした(笑) -- オザワ (2011-01-26 20:52:26)
  • オザワさん、20年以上前にこの味を生み出したのはホント凄いと思います!


    >昔ザ・ベストテンで吉川晃司が来て生中継で歌って周り大変でした(笑)
    う~ん、歴史を感じます(笑)
    -- hiro (2011-01-26 22:45:24)
  • 山頭火の塩の影響力はデカイですね~。
    かくいう自分もこんな塩ラーメンがあるのかと驚いたもんです。それからは仙台に行く度食べていました。
    あれから10年近くになるのか…久しぶりに食べに行ってみようかな。 -- 灯火 (2011-01-27 09:58:08)
  • 灯火さん、この塩がラーメン界に一石を投じる一杯だったことは間違いないと思います。
    私がよく行く南吉成店は限定メニューが頻繁に登場するので、そちらも気になるのですが、やっぱり塩を食べることが多くなっちゃいます(爆)
    -- hiro (2011-01-27 10:51:59)
名前:
コメント: