|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

かいじ

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/11/19

この日オープンの『らーめん かいじ』へ。
宮城屈指の人気店『麺屋とがし』のセカンドブランドがついにオープンしました!
店名の「かいじ」の由来は、この地で皆が”快”い”時”を過ごせるよう、みんなに愛されるお店を目指して付けられたそうです。
店長に就任した高橋氏のオープン前の挨拶で、「かいじのラーメンがお客様の快い時のサポート役になれれば」という素晴らしい言葉が、それへ向けての意気込みを感じさせられます。

店舗のデザインは、数々のラーメン店プロデュースに関わってきた『くろく』店主である青田玄氏によるもの。
外装は幅広い年齢層が入りやすそうなシックな造りで、中に入ると、エメラルドグリーンなどあしらった、オシャレで明るい雰囲気。
座席数はLカウンターとテーブル席合わせて20席くらいでしょうか。
今回は入りませんでしたが、トイレも結構こだわったということで、次回はそちらも確認したいです(爆)

メニューは「らーめん」と「つけめん」のラインナップで、味は濃厚豚骨醤油、ライト系豚骨魚介の「魚ダシ」、3段階の辛さから選べる「辛」の3種類から選べます。
とがしと違い、サイドメニューも豊富で、餃子や肉めし、ドリンク、そしてランチセットも用意されています。
メニュー表1)(メニュー表2)(メニュー表3



今回は連れと2杯をシェアして食べてみました。
まず1杯目は 「味玉らーめん 中盛」 (750円)を。
スープは濃厚な豚骨醤油味。
大きなくくりで分類すると、いわゆる「家系」を思い起こさせるようなスープです。
超高濃度のとがしほど粘度は強くないですが、しっかりと旨味が抽出されたコクのある濃厚スープです。
表面に浮かべた香味野菜を効かせた感じの鶏油が、非常にスープとマッチしていてGOOD!

麺はストレート太麺。
とがし同様、こちらも自家製麺で、とがしで打った物を運ぶのではなく、こちらの店舗専用の製麺機を導入したそう。
こちらも家系を感じさせる長さ短めのストレート太麺は、ややゴワッとした喉越しで、硬さは程々に茹で上げられています。
麺量は並盛150g・中盛200g・大盛250gが同価格なのも嬉しいです♪
(つけめんは並盛200g・中盛300g・大盛400gが同価格)

具はバラチャーシュー・メンマ・海苔・刻み白ネギ・小口ネギ・トッピングの味玉。
バラチャーシューはとがしのような硬めのしっかり歯ごたえではなく、箸で持つのが難しいくらいトロ~リ柔らか。
メンマも硬めのザクザク食感ではなく、柔らかめのジューシー仕上げ。
しっかりと黄身まで味が染みた味玉は、とがしを思い起こさせる味わいです。


随所にとがしテイストを感じさせつつ、より万人に好まれるようなラーメンに仕上げてきた感じです。
立地もいいと思いますし、お店の造りもよく、価格もお手頃で大盛無料やランチセットなどお得感もあり、何といっても美味しいので、『一草庵』『仙台大勝軒』『徳島らーめん 人生』などの人気店ひしめく、今や仙台でも1,2を争う激戦区のこの場所でも、きっと成功することでしょう!





                  by hiro (2010年 225杯目)


名前:
コメント: