|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく298

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/10/2

『くろく』で、気まぐれ限定の 「季節の秋刀魚そば」 (850円)を。
今年もこの季節がやってきました♪
そう!今が旬の生秋刀魚を使った鮮魚ラーメン!!
去年は透明感のあるpure系塩ラーメンで出してきましたが、今年は白濁醤油味で勝負を仕掛けてきました!

スープは甘味を強めに効かせた半濁の醤油スープ。
表面にたっぷり浮かんだ、秋刀魚からにじみ出たキラキラ光る油が、旬で質のいい物を使った証拠でもあります。
味も誰が食べたも「秋刀魚ぁ~!」と分かるくらい、サンマサンマした味わいです。
ベーススープは動物系は一切不使用で、秋刀魚と昆布だけで取っているそうですが、恐ろしいくらい旨味たっぷりです。
それでいて、鮮魚臭さは皆無で、魚の鮮度と店主の腕のよさが伝わってきます。

前回は身はダシだけでなく、具としてつみれにされましたが、今回は強火でグツグツ煮込んだので、完全にスープと一体化したそう。
今回は50杯分のスープに対し、100尾の秋刀魚をさばいたそうで、1杯に付き2尾分の秋刀魚の骨・身の旨味が余すことなく凝縮した、まさに秋刀魚スープです。

麺は平打ち気味の中細ちぢれ麺。
あえてダマにして盛り付けることにより、麺をほぐしながら持ち上げさせ、フワッと香りが立ち上がる仕掛けが施されています。
滑らかな食感で、スープとの相性もさることながら、麺単品としても非常に美味しいです。

途中から別皿のおろし生姜と小ネギを加えると、秋刀魚のつみれ汁的な味わいに変化し、また違った美味しさが楽しめます。


今年の秋刀魚も間違いなく美味しかったです!
今年食べた気まぐれ限定の中でも、1,2を争う美味しさでした。
ひいき目なしでも、店主の鮮魚使いは、全国のラーメン店の中でもトップクラスといえるでしょう。
早く来年のこの時期にならないかな~♪(笑)




                   by hiro (2009年 274杯目)



  • 先日「くろく」でお話しさせたいただきました
    ライターやってます縞シャツの男です。

    hiroさんの知識と情報量に脱帽しました~。

    今度は車じゃないときにゆっくりと酒でも酌み交わしながら
    お話ししたいっすね~。

    -- しでお (2009-10-05 22:38:08)
  • しでおさん、先日はどもどもでした。。。
    私もとても楽しい時間を過ごせました♪
    私の方もお聞きしたいことが沢山あるので、ぜひぜひ今度はゆっくりとお話しましょうね~。
    -- hiro (2009-10-06 10:12:16)
名前:
コメント: