|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく273

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/4/3

『くろく』で2杯喰いの1杯目、気まぐれ限定の 「サバ節香る醤油らーめん」 (850円)を。
今回の限定は本来違う物を作っていたそうですが、何年ぶりかの大失敗をしたということで、急遽登場したのがコレ。

スープはサバ節の旨味から酸味まで、良いとこ悪いとこ?、サバ節の持っている魅力を全部抽出した印象の醤油スープ。
特にサバ節特有の酸味は、これでもか!というくらい思いっきり出しています(笑)
食べ進める内に、不思議とその酸味が気にならなくなり、サバ節の持っている力強さのみが口と鼻へ伝達します。
濃い目の醤油ダレと、丼直接投入の砂糖によって、何となく懐かしい雰囲気の味わいにも感じます。


ピロピロ~。
麺は念入りに手もみしたピロピロ麺。
モッチリかつフルフルとした食感が堪りません!
麺のそのものの味がよいだけでなく、スープとの相性も絶妙です。

具は鉄板焼きバラチャーシュー・細切りメンマ・白髪ネギ・小口ネギ。


普通ならできるだけ抑えようとするサバ節の酸味を、あえて思いっきり出してしまうところが、くろくらしいです(爆)
サバだしに限らず、この濃い目醤油ダレと砂糖の組み合わせは、色々と転用できそうなので、自作ラーメンでもやってみよおっと!




                   by hiro (2009年 112杯目)



名前:
コメント: