|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋久兵衛39

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/3/10

『麺屋久兵衛』で、限定の 「濃厚とんこつ魚介つけめん 大盛」 (880円)を。
最近、久兵衛で度々登場する“突然限定”です。
いつもはその日のみですが、今回はこの日より2,3日提供できるそうです。(夜のみ)


ニボ豚スープ。
パッと見は、レギュラーつけめんと同じに見えますが、メニュー名のとおりつけ汁が違います。
トロミはそれほど強くないですが、髄のエキスがしっかりと抽出された感じの“旨味が濃厚”の豚骨スープに、魚介を強めに効かせてあります。
魚介は煮干を主体に、宗田節や鰹節をブレンドしたとのこと。
いい意味の煮干の苦味が、濃厚豚骨スープと相まって、インパクトのある味わいです。

最近、つけ麺の麺をてこ入れしているそうで、本日の麺はいつもよりモッチリ感を抑えた、ミシッとした硬めの食感。
以前の麺とどちらがいいか迷うところですが、同じ麺を使う「汁なし」には、こちらの麺の方が合いそうな予感です。


ニボ豚好きには堪らない一品でした~。






                   by hiro (2009年 89杯目)


  • 見た目は何ら変わりないですね(笑)
    これは、やはり食べてみないと分かりませんね!
    でも今日も頂いた麺が最後2食分残っているので食べてしまわねば賞味期限が・・・
    材料も残っているので、今日も自作で食べて明日にでも行ってみようかな?
    -- 和尚 (2009-03-11 10:46:17)
  • 和尚さん、まいどです。
    見た目はウリ二つですが、もっとグレたやつになっています(笑)
    それほどドロッとはしていませんが、“ダシの濃度”は高いですね。
    >でも今日も頂いた麺が最後2食分残っているので食べてしまわねば賞味期限が・・・
    生麺はラップしてビニールに入れて冷凍すれば、数週間は食感もあまり変わらないので、今日にでもぜひ(爆)
    -- hiro (2009-03-11 13:29:44)
  • 見た目は同じだが食べたら全然別世界(笑)
    美味しかったです -- オザワ (2009-03-11 21:18:08)
  • オザワさんの言うとおり、見た目は同じでも、別世界な味わいですよね。
    豚骨をマスターすれば、色々は幅が広がるでしょうから、今後にも期待したいです。
    -- hiro (2009-03-11 22:33:13)
  • 結構煮干が効いていましたね~
    それでも嫌な臭みが無く強煮干が苦手な私でも美味しく食べれました。
    麺はかな~り好みです。 -- やお (2009-03-12 19:58:34)
  • “ニボシスト”的にはもっとニボニボしていてもいいんですが、魚が苦手なやおさんだとこれでも十分なくらい効いていましたよね(笑)
    このしっかり歯ごたえの麺は私も好みでした♪
    -- hiro (2009-03-12 21:05:54)
  • 遅ればせながら今日食べてきました。
    麺を「浅草開化楼」に変えたら六厘舎と間違えると思います。
    再食感有りの麺でした。 -- まるせいゆ (2009-03-19 21:56:47)
  • まるせいゆさん、マイドです!
    私も昨日再食してきました~。(明日にでもアップします。。。)
    このレポの時と大分味を変えてきましたね!
    今回のは私も東京の『六厘舎』や『TETSU』に近い味だな~という印象でした。
    パッと作って、東京で最も人気のある味に仕上げたのは凄いの一言です!
    -- hiro (2009-03-19 22:36:37)
名前:
コメント: