|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

第一旭(本店)〔京都府〕

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/11/28

大阪でとあるラーメン関係のイベントに参加した後、帰りの高速バスまでのわずかな時間を利用して、関西地区で食べ歩きしてきました。

関西地区2杯目は、京都駅そばの『本家 第一旭 たかばし本店』へ。
京都が誇る老舗中の老舗です。
写真にも見えますが、お隣にはこちらも京都を代表する老舗で、以前新横浜の「ラーメン博物館」にも入っていた『新福菜館 本店』があります。
営業時間がかなりビックリで、朝の5時から営業していて、しかも夜の2時までやっています。

本当は関西一のラーメン激戦区と言われる、京都府左京区地区(『高安』や『夢を語れ』など人気店がズラリと並ぶ)に行きたかったのですが、京都通の某店店主に、京都駅からかなり遠いと聞いていたので、京都駅から徒歩圏内のここで食べることに。

店内に入ると、威勢のいいおばちゃんが接客を担当していて、そのパワフルさにちょいと圧倒(笑)
この日は結構歩いたせいもあるかもしれませんが、お冷が凄くクリアで美味しく感じました。


食べたのは 「ラーメン」 (650円)。
スープはやや醤油濃い目のあっさり醤油味。
麺は中細のストレート麺で、やや軟めの茹で加減。
具は薄切りチャーシューがデフォで5枚以上入り、茹でモヤシと、最後に上から九条ネギがたっぷり。
自分が想像している京都のラーメンのお手本ともいうべきビジュアルです。


見た目ほどしょっぱくなく、全体的に食べやすいので、京都のラーメンを初めて食べる人にピッタリのお店という印象でした。






                   by hiro (2008年 477杯目)


名前:
コメント: