|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

天下一品(こむらさき店)3

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/7/3

『天下一品 こむらさき店』「印度一品」 (1,050円)を。
先日、試食会でいただいた「印度一品」、本登場後、なかなか来れませんでしたが、この日は国分町で飲み会ということで、その前にやってきました。

ラーメンは土鍋でグツグツと沸騰した状態で出されます。
通常の天下一品ラーメンのドロドロスープが、沸騰により、更に濃縮されている感じ。
濃度が上がるだけでなく、土鍋の遠赤外線効果で、スープがまろやかで美味しくなるそうです。
その遠赤外線効果+トッピングされたスライスチーズのまろやかなコクで、そのまま食べても、いつもの天下一品ラーメンを上回る味わいです。
具はチーズの他に、チャーシュー・メンマ・ネギが入っています。


麺は専用麺。
スープが熱々で、ノビやすくなることを計算し、通常の天下一品ラーメンに使われている麺より太い麺を使用しています。


真っ黒~いカレーです。。。
色々な食べ方ができるこのメニューですが、別名「カシミールカリーつけ麺」ということで、まずはこのカレー汁に麺を浸していただきます。
なので、形式的には麺もつけ汁も温かい「温・温」つけ麺。
真っ黒いカレー汁は、サラサラとしていて、どっちかというとデミグラスカレー系の味わいです。
辛さはほどほどなので、辛いのが苦手な人でも大丈夫だと思います。
具には、箸でも簡単に崩れるくらいトロットロの鶏の手羽先が入っています。


つけ麺といっても、このメニュー、十人十色な食べ方ができ、デフォで付いてくるミニライス(上に乗っているのは揚げネギ)にカレー汁をかけたり、カレー汁を麺側にぶち込んだり、そのカレー汁をぶち込んだ白湯スープにライスを投入したりetc・・・と、色々な食べ方を楽しめます。
自分も、色々試している内に、いつの間にか完食してしまったという感じだったので、更に色々試すべく、リピートする人も多そうですね。




                        by hiro (2008年 258杯目)



  • これ楽しいですよね!
    今度はどんな食べ方しようかな!?
    -- 和尚 (2008-07-04 19:54:00)
  • まだ食べて無いです。。。
    今日の午前中にTVでやってたらしいですね。
    -- やお (2008-07-04 20:11:47)
  • 和尚さん、やおさん、マイドです!
    ホント色々な食べ方できますよね。
    ぶっちゃけカレー無くても、「土鍋チーズ天一」だけで商品としてなりえますね!
    確か一昨日もテレビに出てましたね。
    昨日も知人が広瀬通近辺で、道頓堀太郎みたいな格好をした人が、印度一品の宣伝してたそうデス。。。
    -- hiro (2008-07-05 08:49:14)
  • その喰い倒れタローの宣伝マンは会長さんですよ~!
    多分、、、。
    -- 和尚 (2008-07-06 21:04:20)
  • >その喰い倒れタローの宣伝マンは会長さんですよ~!
    >多分、、、。

    千田さん、頑張ってますね~(笑)
    印度一品は、他県のブログなどでも取り上げられていたので、今後更に食べに来る人増えるかもしれませんね。
    -- hiro (2008-07-06 21:08:22)
名前:
コメント: