|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

うから家から〔福島県〕2

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/5/27

この日は福島遠征へ。
まず1軒目は『うから家から』へ。
埼玉の『麺匠むさし坊』の創業者の一人で、現『麺や 七彩』@東京都立家政の店主である阪田氏プロデュースのお店だそうです。
阪田氏プロデュースということで、もちろん無化調ラーメンを提供してくれます。
元々は『蘂(はなしべ)』という居酒屋さんで、お昼のアイドルタイムを利用しての営業です。


せっかくなので2杯喰いを(笑)
2杯目は 「春の塩ラーメン」 (880円)を。
まず見た目が美しいですね。非常に彩りがキレイです。

スープは非常にあっさりで、まさに無化調というような塩スープ。
飲み進めるほどに、じわじわ旨味を感じる滋味深い味わいです。
九州産の鶏を使った醤油と違い、こちらは福島産の地鶏を使っているそうです。

麺は1杯目の「ラーメン」と同じと思われる、全粒粉の長細麺。
こちらは硬めで頼んでみましたが、それでもちょいと軟めに感じました。

具は肩ロースチャーシュー・極細メンマ・白髪ネギ・クレソン。
バラチャーシュー&刻み白ネギの「ラーメン」に対し、こちらは肩ロース&白髪ネギと使い分けるこだわり様。
チャーシューは、とろけるような軟らかさは先程のバラと同じですが、こちらはパサツキなく、しっとりと仕上がっていて申し分のない仕上がりです。


醤油に比べ、より無化調らしさが強いので、“分かりづらい美味しさ”ではあるかもしれませんが、じっくりと味わうと旨味をしっかりと感じ取れるレベルの高い塩ラーメンだと思います。




                   by hiro (2008年 205杯目)


  • むさし坊仙台でも使われたメニューの名前ですね -- ちょび (2008-05-28 20:27:46)
  • ちょびさん、まいどです。
    >むさし坊仙台でも使われたメニューの名前ですね
    そうですね~。確かあの時は“擬似鶏白湯”でしたね。
    あれも旨かったですね~。
    -- hiro (2008-05-28 20:37:34)
名前:
コメント: