|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく193

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/5/23

『くろく』で、気まぐれ限定の 「牡蠣と浅利の旨塩らーめん」 (780円)を。
「牡蠣の煮干」という、非常に珍しい素材を使ったラーメンだそうです。

スープは透明度が非常に高いpure系塩スープ。
見た目のとおり非常にあっさりですが、貝の旨味は今までにないくらい感じます。
実は牡蠣の煮干はスープやタレには使われていなく、香味油に使っているそう。
スープやタレに使うと、牡蠣特有の磯臭さが表立ってしまったそうで、最後に香味油で仕上げたところ、見事成功とのこと。
スープはタレに使われた浅利だけでなく、牡蠣の煮干と思われる独特な旨味と香りも、素人の私にでも十分に感じ取ることができたので、香味油の力は絶大だなぁと感心。

麺はこのメニューの為に打った中細ストレート麺。
pure系スープにピッタリのpureな麺です。

具は鉄板焼きバラチャーシュー・細切りメンマ・みじん切り白ネギ・小口ネギ。
具が奥側に配置されているのは、最初は具から染み出る味に影響されないスープを飲んでほしいという配慮です。


これは美味しかったですね。もちろんスープまで完飲。
くろくらしからず?塩っけも控えめなので、万人にも好まれそうなラーメンです。





                   by hiro (2008年 200杯目)


  • これは大変美味しそうです!
    私的にもど真ん中っぽいです!!
    ピュアーさがたまりませんなぁー!
    -- 和尚 (2008-05-25 14:42:40)
  • 和尚さん、まいどです。
    ピュアーながらも、“牡蠣煮干香味油”パワーで、貝の香りと旨味たっぷりで、マジウマな一杯でした!
    -- hiro (2008-05-26 00:37:53)
名前:
コメント: