|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

中国割烹 葱坊6

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/4/22

『中国割烹 葱坊』「上海鶏塩湯麺」 (700円)を。
パッと見、あっさりとした上品な塩ラーメンなのかな?と思いましたが、一口スープをススルと、実は凶暴なヤツでした(笑)
半濁のスープは、たっぷりのネギ油?・ニンニクが効いた非常にパンチのある味わい。
更に大量に使われた黒胡椒が、全体をピリリと引き締めます。
麺や具を食べされる感が強い中華料理屋のラーメンですが、このスープはインパクトがあるだけでなく、非常にバランスもよく、方向性こそ違いますが、決してラーメン屋系に負けないハイレベルなスープです。


具も旨い!
麺は恐らく「黒ゴマ担々麺」と同じ、角張った中太麺。
具は、表面を軽く炙った鶏モモ肉のスライス・茹で白ネギ・刻み青ネギ・刻み海苔。
鶏肉は非常に軟らかくジューシーで、非常にいい仕事しているという印象です。
白ネギも非常に甘みがあり、美味しいだけでなく、ピリ辛スープの舌休めとしても活躍してくれます。

個人的には、坦々麺やあんかけ系以外の中華料理屋のラーメンはあまり美味しいと思ったことはないのですが、これはマジで美味しかったです!
これはまた食べたいですね。





                  by hiro (2008年 158杯目)



  • これピリリと言う事はタンタン麺よりは食べやすいと言う事でしょうか -- 熊ちゃん (2008-04-23 09:35:51)
  • 担々麺は唐辛子系の辛さですが、こちらは黒胡椒による辛さです。
    辛さのタイプが違うので、どっちが食べやすいとは一概には言えませんが、辛さのレベルという意味では、担々麺に負けないくらい辛いですよ~。
    ちなみにお昼は、日替わりランチが優先的に提供されるシステムなので、麺類を食べる場合は、時間にゆとりがある時をおススメします。
    あと、昼一でも麺類は売り切れの場合もありますので、その辺を理解した上で来店した方がよいでしょう。
    ただ、日替わりなどの定食系も、安くてホント美味しいので、十分満足できると思いますよ。
    -- hiro (2008-04-23 10:24:28)
  • 私は唐辛子系の辛いのが苦手ですがこれは興味ありありです。
    是非、機会があれば食べてみたいです。
    -- 和尚 (2008-04-23 19:47:16)
  • 和尚さん、マイドです。
    辛味は結構強いですが、唐辛子と違い、後にあまり残らない辛さなので、食べやすいと思います。
    麺類は品切れの場合もありますが、その時は若女将の笑顔に免じて許してあげて下さい(笑)
    -- hiro (2008-04-23 19:54:08)
名前:
コメント: