|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本竈66

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/3/1

『本竈』で、期間限定の「濃厚魚ダシ弐号」(750円)を。
移転後、初の“公認限定”です。(公認じゃない限定はこちら。。。

スープは“クリーミー”という言葉がピッタリと当てはまる濃厚豚骨スープ。
メニュー名のとおり、魚介も効かせてありますが、このスープの主役は間違いなく“クリーミー豚骨”でしょう。
私が今まで食べた本竈のメニューの中では、一番濃厚なスープのラーメンです。
ぼやけてしまいがちなミルキースープを、本竈的なやや強めの塩分が、しっかりと折り目を付けています。


麺はこれ↓
平打ちの中太ストレート麺。歯ごたえ・スープとの相性共に申し分ありません。
最近の本竈の麺は、スープに負けず劣らずレベルが高いです。


この前の「お蔵入りつけ麺」ほどではないにしろ、移転後は今まで見せなかった、いい意味での“攻撃的”な味も出てきて、更に楽しみな存在になってきましたね。




                        by hiro (2008年 92杯目)



  • 近々行って来ます。
    -- 和尚 (2008-03-01 19:16:38)
  • おらも行ぐーっ!
    -- ちょび (2008-03-01 19:26:40)
  • 和尚さん、ちょびさん、こちらでもドモです。
    『久兵衛』できて、お客さん少しは減ったからと思ってたら甘かったデス。
    11時15分(一応公表オープン時間は11時30分ちょっと前となっています)到着で、駐車場が半分以上埋ってたので、結構ビビリました・・・
    この限定、3月19日までらしいので、お早めに~!
    -- hiro (2008-03-01 19:41:47)
名前:
コメント: