|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく160

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/2/1

『くろく』で、気まぐれ限定の「にゅージャンク醤油ラーメン 無料トッピング全部」(780円)を。
くろく久々の二郎系ラーメン。
このラーメン、今までのラーメンの概念をぶち壊すような、まさに“NEW”な一杯です。

スープは・・・といつもはこういうフレーズから書き出しますが、何とこのラーメン、いわゆるベーススープを使っていません!
たっぷりの甘口醤油ダレに、香味油等を加え、そこに動物系や魚介系のスープではなく、麺上げした時の「お湯」を滴らせ、スープに仕上げるというもの。
早い話が「お湯割りスープ」!しかしそのスープはお湯割りとは思えない味わい。
非常にしょっぱめのスープは、たっぷりの油と相まって、無化調とは思えなくくらい超ジャンク。
ベーススープ使わずに(更に無化調で)この味出せるなら、二郎系のお店真っ青だろうなぁ。


麺はこんな感じ。。。
レギュラーメニューに使われる極太麺を更に上回る、“超”極太麺。量は300gと通常のおよそ2倍。
レギュラー麺が角材ならば、この麺は丸太と言わんばかりのぶっとい麺です。
このぶっとさが、更にジャンクレベルを増幅させています。

具はバラチャーシュー2枚・板メンマ・ゆでモヤシ&キャベツ・刻みネギ。
無料トッピング(ヤサイ・ニンニク・アブラ・ユズ・ゼラチン)は全部のせしました。
ゼラチンは動物系から出た液状の物がたっぷりとかけられます。
しょっぱくて、油っこくてと、かなり重たいラーメンですが、柚子のサッパリ感がかなりいい役割を果たしてくれました。
柚子入れなかったら、完食が厳しいかも?と思えるくらい重~いラーメンです・・・

今まで二郎系のラーメンは数回出されましたが、今までのはあくまでも“無化調の範囲内”でジャンクという感じでしたが、今回は全く無化調を感じさせないパワフルな一杯で、更にそれがお湯割りスープという、超ド級の衝撃的ラーメンでした!





                   by hiro (2008年 49杯目)


  • 逃しました
    _| ̄|○
    -- ちょび (2008-02-02 08:11:22)
  • >逃しました
    大丈夫、まだ気まぐれ限定大賞2008があります!
    とりあえず今回の限定は、お酒飲んだ後には絶対にムリなラーメンでした。。。
    -- hiro (2008-02-02 12:42:16)
  • 大賞2008第1ステージやってよ、なんて言ってみっかなぁ
    ん〜
    んでもー、それだと正月限定とジレンマになる私
    ここは素直にもう一回やって、ってお願いしてみるのが一番かな? -- ちょび (2008-02-03 13:05:35)
  • ステージ分けするのは賛成です!
    1年通してだと100杯くらいありますからね~。
    でも作り手側が大変か・・・
    -- hiro (2008-02-03 13:49:40)
名前:
コメント: