|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく155

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/1/21

『くろく』で「釜あげ柚子つけめん くろくつけバージョン」(1,000円)を。
今年初の「quroku-2nd-」です。ちなみに「quroku-2nd-」とは、定休日の月曜日に不定期で汁無し麺を提供する二毛作営業のことです。
今回のセカンド営業も、いつものように青田店主ではなく、スタッフのミカちゃんが切り盛りしています。

今回のお品書きは「鶏油の油そば」「汁なし辛辛印度麺」「釜あげ柚子つけめん」の3種。
その中から「釜あげつけめん」をチョイス。

釜あげということで、麺は非常に薄味なスープに浸って提供されます。
まずは別皿のイタリア産の天然塩を、麺側のスープに入れて、pureなスープを堪能します。
つけ汁はほんのりピリ辛・ほんのり柚子風味の魚介醤油味。ベーススープは夜つけめん用の豚骨スープと思われますが、意外にサッパリとしています。
麺は極太麺ストレート。強靭な歯ごたえの麺は、釜あげに仕立てても、ヘタらずいい歯ごたえを保っています。

今回は贅沢にもくろくつけバージョンで、味玉・チャーシュー増でいただきました!





                   by hiro (2008年 32杯目)


名前:
コメント: