|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本竈54

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2007/10/30
『本竈』で「塩らーめん」(630円)を、この日より100食限定の「裏麺」で。
裏麺は写真撮影禁止とのことで、駄文ですが文章のみで想像を膨らませてください。。。
代わりに撮り立ての外装写真をご堪能くださいませ。。。

その裏麺は通常使っている小麦粉に、純国産小麦○○○○をブレンドした麺。
しかもその小麦粉は「全粒粉」(小麦を殻ごと挽いた物)ということで、通常の色が白くシルクのように滑らかな通常麺に対し、こちらは外殻の黒い粒々入りの小麦色で、ススル時に全粒粉による"引っかかり感"がある麺です。
太さは通常と同じかやや太めといった感じの中細。歯ごたえは全く通常麺とは違く、非常に強靭でしっかりとした歯ごたえです。
この強靭な麺は、中細ながらも食べ終わるまで全くと言っていいほどノビることなく、強靭な歯ごたえを保っています。
ススル時にふわっと香る小麦の香りもいいですね。

スープとの相性で考えれば通常麺かもしれませんが、この麺も決して相性悪くないし、麺単体では間違いなくこの全粒粉麺に軍配が上がります。それだけ美味しい麺でした。
ぜひレギュラーでも食べたい麺です。非常にコストが掛かっていると思うので、私的には+50円くらいで"全粒粉麺に変更できます!"みたいなのがあれば嬉しいですね。




                         by hiro (2007年 471杯目)



名前:
コメント: