|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

neonのSAR値

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

neonのSAR値(電磁波比吸収率)0.507W/kg
他機種との比較
  au neon      0.507 W/kg
  au W41CA   1.100 W/Kg
  au W41S   1.10 W/kg
  au W41H     0.906 W/kg
  au W41K     0.664 W/kg
  au W41SA   0.653 W/kg
  au W41T  0.535 W/Kg
  au W33SA   0.465 W/kg
  au W32T   0.739 W/kg
  au W31CA   0.133 W/kg
  au W21T  0.579 W/kg
  au W21S   1.07 W/kg

SAR値とは単位質量の組織が単位時間に吸収された電波の平均エネルギー量を表す比吸収率のこと。
要するに、携帯電話から発せられる電磁波が人体に影響を与えるエネルギーの値。

日本ではその数値が10gあたり2.0W/kg以下であれば安全とされています。
しかし海外にはさらに厳しい安全基準が設けられている国があります。
  中国      1.0W/Kg 10gあたり…
  スウェーデン  0.8W/kg 10gあたり…
  アメリカ    1.6W/kg  1gあたり…

関連リンク
  局所SAR値の悪影響研究リスト
  http://ktai-denjiha.boo.jp/sar/kenkyu_list.html
  携帯電話のSAR(比吸収率)を知ろう
  http://ktai-denjiha.boo.jp/sar/index.html
  au電話の比吸収率について
  http://www.au.kddi.com/notice/sar/index.html

有害かどうかの議論が今も続く電磁波...
まあ、間違いなく有害でしょう。
なるべくSAR値の小さい機種を使うことをオススメします。
Menu








更新履歴

取得中です。