ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki ヒナとカナ~二人は天才と馬鹿は紙一重・マックスハート~

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その1:貴女達・・・・本当は天才なの?馬鹿なの?by真紅

金糸雀「ふふふふ・・・・・ついに完成したのかしら~この「若返り薬」が出来たのかしら~」
雛苺「わぁ~い。やったのー金糸雀~」
金糸雀「これを早速、真紅たちに飲ませるのかしら~」
雛苺「おー!なの~」
職員室
金糸雀「・・・・・っと。あの後、真紅や校長の紅茶やお茶の中に淹れたのに・・・・・
まだ、大人の姿。もしかして、効果が無いのかしら~?」
雛苺「ううん。ちゃんと、効果は出ているのー」
金糸雀「?」

しんく「ねぇねぇーすいぎんとうちゃん~いっしょに、くんくんみよう~」
すいぎんとう「わぁーい。くんくんだぁー!しんくちゃん、ありがとう~」
そうせいせき「ねぇ・・・・・すいせいせきちゃん。こんどのおやすみ・・・・でーとしない?」
すいせいせき「うん。ありがとうーvそうせいせきくん、だーいすきvv」
ろーぜん「ばらすいしょうちゃん・・・・・ぼく。きみのことが・・・・」
ばらすいしょう「ろーぜんくん・・・・・わたしも・・・・きみのことが・・・・・」

金糸雀「あっ、本当かしら~てっきり。$$の馬鹿が、変換忘れと思っていたのかしら~」
雛苺「うん。・・って、あれ?誰が居ないの?」
金糸雀「ええ!?本当なのかしら?」
雛苺「うん。だって・・・・教頭は、1週間出張だし・・・・・・・・・・・はっ!!」
金糸雀「マママママ・・・・・・まさか・・・・・・ひっ!」

二人の背後には、銃を持った雪華綺晶の姿が居た。
雪華綺晶「二人とも・・・・・・・薔薇水晶たちを、早く戻してくれない?」
二人「サー!イエス!サー!(なの!)(かしら!)」
何とか、一日で完成し。戻しましたが、その後、真紅達のお説教を聞かされていたと言う。

その2:今度こそ、うまくやるのかしら!(by金糸雀)無理だと思うのー(by雛苺)
その次の日。

金糸雀「あの薬を改良した、「若返り薬・マックスハート」が出来たのかしら!これで、身体も、子供になるのかしら!!さて、行くのかしら。雛苺!!」

し~~~~~~~~~ん

金糸雀「って!?雛苺―?いないのかしら・・・・・・・」
蒼星石「ねぇー良いもの持っているね。ちょーだい」
金糸雀「えっ・・・・・・・と。まだ、これ・・・・・」
蒼星石「ちょーだい」
金糸雀「まだ、実験してないのかしら・・・・・・」
蒼星石「寄こせ・・・・それとも。イッペン、シンデミル?」(満面の笑顔)
金糸雀「ひっ!?ど、どうぞお受け取りなのかしら」
蒼星石「ふふふふ・・・・・・これで、翠星石を子供にして・・・・・・・・」
金糸雀「あ・・・それと、これで犯罪行為は止めて、ほしいのかしら。って・・・もう、居ない」


翌日
翠星石「♪~」
水銀燈「あら?今日は、機嫌が良いわね?何かあったの?」
翠星石「昨日の晩は、ずーっと、蒼星石と一緒だったんですぅ~」
水銀燈「へぇ~。楽しかった?」
翠星石「ええv蒼星石って、子供になっても可愛かったですぅ~」
水銀燈「そうね。彼女って、子供っぽい所が・・・・・・って、「子供になっても」!?」
翠星石「♪~~~~~~」

蒼星石「うう・・・・・・最近の翠星石って、勘が鋭いな・・・・・・・薬が、全然残ってない」