Phase(優子ver)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本スペック
型番号 EVSC-X301hi-PHASE
銘 流動
形状 和製ナイフ
開発担当者 柊 優子
タイプ 近距離型
耐久値 620

名称 弾数 威力 説明
射撃 ワイヤーナイフ 2 49 ワイヤーに装着されたナイフを投擲。HIT後相手を引き寄せる
格闘CS 240 空中からの衝撃波。真下へ向けて放たれる
格闘 流動剣 142 高速連撃
突刺 80 発生が早い突き
月穿 102 残影術キャンセル
連月穿 150 残影術キャンセル、連撃を放つ
紫電 159 残影術キャンセル、殴り飛ばす
奥義 エクスキューショナー 240 中距離まで伸びる剣撃
特殊 固有次元制御 1 一定時間のみ自分自身の時間を制御する
虚空残影翼 5 ブーストジャンプ。ブーストゲージを消費しない
Device考察
流れを司る者、流動の銘を受けた和製ナイフ。
コッキング式のナイフで、柄を持って攻撃命令をナイフに下すと刃が手前に展開する形式をとる。
暗殺術に特化されており、流れるような剣線から逃れる術は皆無。
性能
格闘機体でありながら、格闘の威力が軒並み低く、スピードが重視された機体。
最大の特徴は残影術の回数が7~8出来るほどブースト持続が良く、連発さえしなければ心強い。
もちろん残影術からのブーストジャンプも可能。
ありない距離からありえない速度で突っ込んでくる。
スキルに関しては残影術キャンセルできるものが多く、手数でその低威力を補うことが可能。
特筆すべきは特殊スキルである固有次元制御。
一定時間(約10秒)ほどの間、以下のように性能が一変する。
  • スキル硬直がなくなる
  • コンボ補正が極端に低くなる
  • 相手からロックされなくなる(誘導がなくなる)
実際問題発動時間が10秒しかなく、一回の出撃で2回使えればいいと言うほどリロード時間が長い。
晴れてコスト昇格。
攻撃力は相変わらず改善されないものの、
ワイヤーナイフに引き寄せ派生がついたり、ブーストジャンプがブースト消費なしで使えたりとスピード面がより強化された。
スキル
ワイヤーナイフ
中距離まで伸びるワイヤーに付属されたナイフで攻撃する射撃スキル。
距離感がつかめないうちはやや当てにくい。
1HITだけだと49ほど。
2HIT後ワイヤーで相手をスタンさせることが出来る。
空中限定CS。
今作では珍しく真下の敵に向けて一方的に攻撃できるスキル。
チャージ時間が長い、威力もCSにしては微妙と実用性は低い。
流動剣
高速連撃格闘スキル。
時間単位のダメージ量は優秀で、あっと言う間に格闘が終わる。
優子が使うスキルの中ではまあまあダメージが高いので主力。
突刺
単発突進突き。
ナイフ自体射程が短いため、長剣などで迎撃されやすい。
闇討ちダウン取りにどうぞ。
月穿
格闘スキルその1。
ダメージこそ低いが、残影術をキャンセルしてスキル発動出来るため
コンボ始動技としてはかなり優秀。
タイミングによってはムリヤリエリアルへ繋ぐことも出来る。
連月穿
残影術をキャンセルして出せる格闘スキルその2。
空中で残影術することでこの技が出る。
3回月穿を放ち、そのまま各種スキルへ繋げられるほどダウン値が低い。
紫電
残影術キャンセルで出せr(ry
発生がかなり早いストレートパンチ。
相手を吹き飛ばすため、コンボの〆に。
エクスキューショナー
ワイヤーナイフに流動剣を括り付けて投擲する断罪の剣。
このスキルを元に石田がアグニストラを生み出したことは言うまでもない事実。
威力、発生ともに優秀で、隙の少なさも魅力的。
しかし、投擲武器らしく剣で弾かれると膨大な隙を晒すことに。
残影術
弾数が8発とむちゃくちゃなスペックの優子さん。
性能もよく、高速戦闘型と言うことで常時リロード。
実質連発しない限り弾切れと言う概念がないほど。
石田と同じく直線以外の方向へも残影可能。
固有次元制御
石田に教えたとっておきの魔術。
スキル補正・技後硬直がなくなり、相手からロックされなくなる。
攻めと防御を両立した優秀なスキルだが、いかんせん発動時間が短いのとリロード時間が長いのがネック。
ここぞと言うときに使うしかない、まさに切り札。
ちなみに、固有次元制御中にダメージを食らうとしっかり2倍補正が付く。
しかも強制的に解除、長時間ダウンとかなり諸刃。
発動中は絶対に被弾しないように。
虚空残影翼
恐ろしい距離を恐ろしい速度で滑空することを可能とした術式。
ブースト消費なしで使えるブーストジャンプ。
真上への上昇速度もかなりのもので、緊急回避にも使える。
ただし、発動後は一定距離を必ず滑空してしまうため
発動後は直線しか飛べない。
スキルをスキルでキャンセルできないため2連続使用も不可と使いどころは正直微妙なところ。
逃げる相手を追い回すときには最適。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。