そうじょうのおしごと



僧侶達の信頼も厚い僧正。
愛鳴之藩国の僧正のもっとも大切な仕事は
寺院での指導や政庁で政治について語ったりすることではない。

王が、その政治の中心を子供たちとしているのだから、
当然僧正が寄り添い、助言していく相手は子供たちだ。
つまり、愛鳴之藩国における僧正は、子供たちの道徳の先生なのである。


長い帽子をかぶり、僧衣を着て教壇に立つ。
(時々女性の僧正が、趣味でメード服を着て箒型銃(※1)を持って、宮廷(※2)からやってくるのは
 メードアイドレスの多い愛鳴之藩国ならではのお約束である。)





そしてさまざまなお話や簡単なディベートを通して様々な問題について考えてもらい
子供達に誇りや無償の愛、守るべきルールや心の持ち方などに向き合ってもらう。


ただし、愛鳴之藩国の僧正が一味違うのは、
自分達の教義が絶対の正義であるとは教えない点である。
それは一つの例でしかないという立場を貫き、
必要と有れば他宗教の教義すら持ち出し、
子供達自身が悩み、考え、答えを出すことを大切にしているのである。


そこに在るのは僧衣を着た教育者である。
人のいい顔(※3)をしているが、子供達を導く者としての誇りは誰よりも強い。
そして子供達の将来をまっすぐに見つめているのだ。




(イラスト:山吹弓美、文章:くぎゃ~と鳴く犬)

継承元及び要点


高位はてない国人(高位はてない国人要点継承ページ)
僧正の冒険(僧正要点の継承ページ)


僧正要点
僧衣:イラスト内
人のいい顔:イラスト内、文中(※3)
長い帽子:イラスト内
寺院:イラスト内(二枚目)


未来の僧正(僧侶要点の継承ページ)
バトルメード要点:
メード服一枚目イラスト内
箒型銃:文中(※1)
バトルメード周辺環境:
宮廷:文中(※2)



L:バトルメード = {
 t:名称 = バトルメード(職業)
 t:要点 = メード服,箒型銃
 t:周辺環境 = 宮廷
 t:評価 = 体格0,筋力0,耐久力0,外見1,敏捷0,器用-1,感覚2,知識-1,幸運1
 t:特殊 = {
  *バトルメードの職業カテゴリ = 派生職業アイドレスとして扱う。
  *バトルメードはI=Dのパイロットになることができる。
  *バトルメードは援軍行為ができ、王女の許可があればどこの藩民としても活動できる。
 }
 t:→次のアイドレス = ハイパーメードお局さん(職業),はぐれメード(職業),ガンスリンガーメード(職業),侍女(職業)

L:僧侶 = {
 t:名称 = 僧侶(職業)
 t:要点 = 僧帽,聖典,祭司服
 t:周辺環境 = 寺院
 t:評価 = 体格1,筋力0,耐久力0,外見5,敏捷0,器用4,感覚0,知識4,幸運7
 t:特殊 = {
  *僧侶の職業カテゴリ = 派生職業アイドレスとして扱う。
  *僧侶は治療行為ができ、この時、治療判定((器用+知識)÷2)を評価+3補正することを選択出来る。補正を選択した場合燃料1万tを消費する。
  *僧侶は蘇生判定で+8の修正を得る。この効果は重ねがけできない。
  *僧侶はアンデッドに対して白兵攻撃行為が出来、この時攻撃、防御判定評価+5補正することを選択出来る。補正を選択した場合燃料1万tを消費する。
 }
 t:→次のアイドレス = モンド・フレイ(ACE),僧正(職業),上級僧侶(職業),僧兵(職業)

L:僧正 = {
 t:名称 = 僧正(職業)
 t:要点 = 僧衣,人のいい顔,長い帽子
 t:周辺環境 = 寺院
 t:評価 = 体格3,筋力3,耐久力3,外見8,敏捷3,器用5,感覚3,知識7,幸運7
 t:特殊 = {
  *僧正の職業カテゴリ = 派生職業アイドレスとして扱う。
  *僧正は治療行為ができ、この時、治療判定((器用+知識)÷2)を評価+3補正することを選択出来る。補正を選択した場合燃料1万tを消費する。
  *僧正は戦いに向かう戦士を祝福でき、これによってAR+1出来る。一人で10人までの部隊に効果があるが、祝福は重複しない。
  *僧正はアンデッドに対して白兵攻撃行為が出来、この時攻撃、防御判定評価+5補正することを選択出来る。補正を選択した場合燃料1万tを消費する。
 }
 t:→次のアイドレス = エリオット・ハイネス(ACE),大僧正(職業),結界呪文(絶技),聖典(アイテム)

体格 筋力 耐久力 外見 敏捷 器用 感覚 知識 幸運
高位はてない国人 0 3 1 0 0 -1 1 0 3
バトルメード 0 0 0 1 0 -1 2 -1 1
僧侶 1 0 0 5 0 4 0 4 7
僧正 3 3 3 8 3 5 3 7 7
合計 4 6 4 14 3 7 6 10 18